旅行業法によると、個人主催のツアーは違法行為です。

アフィリエイター個人企画のツアー、調べてみたら違法行為でした

私、個人主催のツアー組んでみようかと思いいろいろ調べてみました。
去年、流行ったじゃないですか、アフィリエイター主催のツアーみたいの。

昔から旅程とか考えるの大好きだったので、
じゃあ、メルマガ読者さんに対してツアー募集をしてみようと。

そのために、法律関係を一通り調べて、
ツアーを主催するの、あきらめました。

グレーとかじゃなく、まっくろくろすけ。
調べれば調べるほど、やばいなと。
完全なる違法行為ということが、わかりました。

違法行為をしてまで、お金儲けしようとは思わないし、
法律を調べてみてよかったです。

明確にわかったので、
違法行為にならない企画を今度考えようと思います。

で、ふと思ったんですけど、
去年、流行ったツアーを企画・募集。実施した
アフィリエイターさんたちは、ちゃんと調べたのかなって。

ちゃんと調べていれば、主催しないはずだし、
調べてないのなら、ずいぶん軽率な行為だなと。

だって、明らかな違法行為してお金を稼いでるってことですから。
ツアーを主催して、何十万円稼いだとか、何百万円稼いだとか、
堂々とブログに書いたりしてたら、かなり危ういなと。
(稼いでなくてもお金を集めた時点で違法行為ですけど。)

捕まる人とか出てこないことを祈ります。
捕まる人が出てしまったら、業界全体の不利益ですからね。

って、なんで業界に悪いイメージを
イメージさせる行為をする人が後を絶たないんだろうか?
捕まりそうになったら、得意の弁舌で切り抜けてほしいなと。

個人主催ツアーで不特定多数を募集する行為が違法

旅行業法では、「運送」と「宿泊」のサービス提供に関わる、
企画・募集・手配等の業務を「旅行業」と定義されています。(第2条第1項第1号)

運送・宿泊以外のサービス提供、たとえば「食事の提供」「観光施設等への入場」
「体験プログラム」等については、運送・宿泊のサービスに付随して取り扱う場合に限って
「旅行業」となります。(第2条第1項第2号)

したがって、運送・宿泊のいずれも行程中に含まれず、
食事や観光等のみで完結する行程の場合は「旅行業」の
定義を外れることとなり、旅行業法の適用を受けないんです。

要するに、宿泊が含まれる旅程を示し、募集をかける時点で、
「旅行業」ということになるわけです。

食事や観光等のみで完結する旅程は「旅行業」ではないので、
私個人が、企画、募集をかけてもいいわけです。

セミナーだったり、懇親会、飲み会等なら、
報酬を得ても合法ということです。

じゃあ、主催者個人が利益を受け取らないなら、いいんじゃないの?
って思いませんか? 私は思ったんですけど、これも違法です。
「旅行業法施行要領」という通達で、以下の通り、明確に定められています。

報酬について
(1) 事業者が法第2 条第1 項各号に掲げる行為を行うことによって、
   経済的収入を得ていれば報酬となる。
(2) 企画旅行のように包括料金で取引されるものは、旅行者から収受した金銭は全て
   一旦事業者の収入として計上されるので、報酬を得ているものと認められる。

行程全体に対して「参加費お一人様 〇〇円」という形で、
募集した時点で、包括料金での取引となります。

お金を受け取っている時点で、逃げ道がなくなっちゃいました。

利益が出なくても、たとえ赤字でも、一旦事業者の収入となるので、
報酬を得ていると判断され、旅行業法の適用を受ける(=登録のない者が行うと違法)と判断されることになります。

施行要領でも以下の通り書かれてあります。
報酬を得て法第2 条第1 項各号に掲げる行為を行うのであれば旅行業の登録が必要である。

さらに、旅行業法では、不特定多数とか会員のみだとかの制約は特にありませんので、
自分のメルマガのみで募集とか、購入者さんのみで募集とか、関係ありません。

残念ながら、旅行業法違反で100万円以下の罰金刑に該当します。

さらに、募集時にもこういった規定があります。
(誇大広告の禁止)
第十二条の八  旅行業者等は、旅行業務について広告をするときは、
広告された旅行に関するサービスの内容その他の国土交通省令・内閣府令で定める事項について、
著しく事実に相違する表示をし、又は実際のものよりも著しく優良であり、
若しくは有利であると人を誤認させるような表示をしてはならない。

要約すると、報酬を得て、企画旅行や手配旅行および旅行相談をすることは旅行業です。
旅行業をするためには、旅行業の登録が必要なんです。

ツアーに関する誇大広告も禁止です。
なので、このツアーに参加すれば、人生が変わりますとか、
稼げるようになりますとか言った文言は基本的に禁止です。

旅行業法については、このサイトが詳しいです。
⇒ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO239.html

アフィリエイターさんで、旅行業の登録があれば、
当然、ツアーを組みまくって、稼げばいいわけです。

アフィリエイターやってると、
何も資格もいらないから、ついつい意識が低くなってしまいますが、
日本で暮らしている以上は、日本の法律は守らないとね。

もし、ツアーを企画しようと思っているアフィリエイターさんがいたら、
ちょっと考えてみてくださいね。
法律に引っかからないような旅程を組むとか工夫する必要がありそうです。

まあ、それか違法行為だろうがなんだろうが、
金が欲しいんだというなら、覚悟の上でどうぞ。

ただ、現実的な話として、旅行業法違反というのは、
捜査機関(警察や検察など)が積極的に捜査し摘発するものではないです。

結果的に“バレてないだけ”の状態で、このまま時効になってしまえば問題なしです。
人を殺して、死体を山に埋めて、見つかっていない状態と一緒です。

もし仮に申し込み者との間で何らかのトラブル等が起きたりして、
監督官庁に通報されれば、一発アウト。
処罰を受ける可能性は非常に高いです。

稼いでるアフィリエイターは結構自由が利きます。
なので、どうしても法律関連には弱い傾向があります。

いくらアフィリエイトで稼いで自由になったといっても、
日本に住んでいる限り、日本国憲法から自由になったわけではないので、
勘違いしないようにね。

家族との幸せな時間が欲しい方、メルマガ登録はこちらから

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングにエントリーしておりますので、
もしよかったら、下のバナーを1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

1件のコメント

  • イベント企画者

    こんにちは。
    交通機関を使ったイベントを考えているので、上記の事、興味深く読みました。
    旅行業法はイベントを企画する上でネックですね。

    検索していてやはりSNSのオフ会で交通機関を使用するイベントを企画している方の質問に対して、違法ではないと返答をされている弁護士さんもいらっしゃいました。

    http://www.bengo4.com/houmu/b_284817/

コメントを残す