農薬混入と報道 アクリフーズとマスコミの対応にみる、この国の病理

今日は、今騒がれている、
事件について、個人的な見解を書こうと思います。

事件を起こした人が悪くないとか、
会社が悪いとか、マスコミが悪いとか、
悪をどこかに押し付ける気はない。

ただ、冷静に事件を見ていると、
今の日本の病理が浮かび上がってきた。

マルハフーズの冷凍食品に
農薬を混入させた従業員が逮捕されました。

今のところ、報道では、
待遇に不満が動機だという事。

49歳で家族がいて、
年収200万円、そのうちボーナスが約20万円。

ということは、1カ月に約14万円ちょっと。

そこから、税金や社会保険料などを引かれると、
手取りは12万円程度になる。

フルタイム働いていたそうなので、
時給に直すと約900円になる。

ボーナスも出ていたそうなので、
契約社員程度なのかな?

会社側の記者会見では、
ちゃんと働き、新入社員の面倒も見て、
仕事に関しては問題のない従業員だったとのこと。

また、待遇についても
周りの企業と比べても、法的にも、
問題のないレベルであるとの見解。

ところが、ボーナスの査定について、
少し前に、業正規査定型に変わり、
容疑者のボーナスは減ったそうです。

もともと少ない、給料で、
ちゃんと働いているという
従業員のボーナスも、下げるという、
暴挙に会社側は出たわけです。

元々不満を持っていたのが、
会社側の暴挙に、我慢ならなくなり、
フードテロを起こしたという図式。

本来であれば、マスコミは、
この会社について、もっと突っ込んで、
報道をしていかないとって思う。

個人の特異性を取り上げ、
変質者だから事件を起こしたという
会社側には一切の問題なしと言う方向に持っていく。

これは、国の意向かな?
アベノミクスを進めるうえで邪魔でしょ。

コメンテーターや評論家も、
頭が足りないんじゃないかってことしか言わない。

それが今の日本の病理なんですよ。

まず、容疑者が待遇に不満を持ち、
犯行に及んだという点。

会社の待遇に不満を持っている人って、
今の日本に何百万人もいると思います。

ということは、これからも
こういった事件が起こる、
そう考える方が当然です。

アベノミクスで景気が良くなった?

マスコミがそう言っているだけで、
今回の事件が真実なわけです。

待遇の不満。

1カ月の手取りが12万円。
家族がいて、暮らせますか?

ちゃんと働いていたのに、
さらにボーナスが減らされて、
家族になんて言いますか?

会社側は、周りの企業や、
法的には何の問題もないので、
会社側には一切の責任はありません。

と、お給料をたくさんもらっている人が、
記者会見で喋っていました。

あのさ、周りの企業とか、
法律的にはとか、
その前にさ、考えることあるだろ!

従業員の生活が成り立つのか成り立たないのか。
それが一番大事なんじゃないの?

周りの企業で働いている従業員も、
みんな安月給で頑張っているんだから、
借金膨らませながら、暮らしているんだから、
うちの会社も、従業員の生活はどうでもいいでしょ。

不景気で会社も苦しいから、仕方ないでしょ。
と言いつつ、経営陣は多額の報酬をもらっている。

ちゃんと働いても、
暮らしが成り立たない、
それでも、法的にも問題にならない。

じゃあ、その法ってのが
違うんじゃないのかい?

それを取り上げて、
しっかりと論破していくのが、
マスコミの仕事じゃないんかい!

マスコミがお金に目がくらんだり、
権力に媚売ってどうするんじゃい!

景気が良くなったから、
消費税を上げます。

この容疑者と同じような収入で
暮らしている人たちにとっては、
本当に生きるか死ぬかの問題です。

こう言う人たちが、今の日本に
何百万人もいます。

この何百万人のうちの、
何人かが、同じような事件を
起こす可能性があります。

このままじゃ暮らしていけないし、
だったら、何かやってやろうって。

そう考える人がいても
おかしくないってことです。

本当に国民のことを考える政治家、
従業員の生活のことを考える経営者、

今の日本の、
どこにいるんでしょうね?

だから、ネットジネスやりましょう。
とは言いません。

本来であれば、今、あなたが働いている場所で、
しっかり活躍できて、充実している毎日を送り、
家族もみんな幸せであれば、いいんですもん。

生活が苦しいから、副業とか、
本来はしなくたっていい世界が、
いいに決まっています。

でも、そんな世界は待っていてもきません。
来る前に、我々は死んじゃいますよ。

だから、大切な今を充実させるために、
何かできることをしたい、
そう考えている人に私は寄り添いたい。

そう思っています。

家族との幸せな時間が欲しい方、メルマガ登録はこちらから

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングにエントリーしておりますので、
もしよかったら、下のバナーを1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

コメントを残す