3.11 東日本大震災 あれから3年。 あなたは変わりましたか?

東日本大震災 大きな災害で人間の心や行動は変わる?

今日は、ママが仕事帰りに、
ゴスペル教室に行く日だったので、
パパごはんの日。

娘二人を保育園に迎えに行き、
戻ってきたら、さっと夕飯を作って、
娘二人の話を聞きながらの夕食。

もうすぐ2歳になるおチビちゃんが、
徐々にボキャブラリも増えてきて、
とても可愛くて、どんどん喋らせています^^

3人でお風呂に入って
ママが帰ってくるまで起きてる!
というお姉ちゃんのマネをして、
おチビちゃんも、起きてると言って、
録画してあった「おとうさんといっしょ」を見る。

ママが帰ってきたら、
笑顔でおやすみなさいと言って
私が娘二人と布団に入り、
また、色々な話をしながら、
そのうちに、一緒に寝てる…

そんな、生活を毎日しています。

小さな子供たちと一緒にいられる、
本当に充実した毎日です。

今の生活になったキッカケの一つに、
3年前の東日本大震災があります。

このまま、サラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることはできないって。

心の底から感じた、危機感です。

3年前のその時、
豊洲の高層ビルの事務所で、
何が起こったのか、わからない、
家族との連絡もつかず無事かどうかも分からない。

それなのに、仕事がどうこうと言っている
サラリーマンパパたちを見て、
こいつ等、頭おかしいんじゃねえかって。

早退します、お金いらないから、すぐに帰ります。
といっても、帰らせてくれない上司。

会社に行動が縛られ、
大切な存在を救いに行く自由もない。

開放されたのは2時間半後、17時。
急いで歩いて、足の裏に血豆を作って、
それが潰れて痛くても歩き続け、
20時に自宅に着き、家族の無事を確認。

その時、感じた安心感、
そして、無力感が底知れない恐怖でした。

もし、あの時、何も行動を起こせず、
家族がパパの助けを求めていたとしたら、
パパの助けを求めながら死んでいったとしたら…

東日本大震災関連の報道で、
多くの被災者の声を聞いたのではと思います。

その多くは、なぜ救えなかったのか?
なぜ、私が救うことができなかったのか?

そういう、後悔の声が圧倒的に多く、
それをずっと心の傷として、生き続けている人が
沢山いることは、ご存知だと思います。

今、東京では、大災害の時は、
会社に留まり、家に帰ってはいけないという、
条例が作られています。

その理由は、秩序が乱れるから、混乱するから。
ただそれだけです。

人の命や心は二の次に作られた条例です。

その結果、大災害が起こったら、どうなるか?

家族を失った、家族を救うことができなかった
大切な存在を救うために、行動すらできなかった、
行動すらさせてもらえなかった、
サラリーマンたちが、何十万人、何百万人、量産されます。

心に傷や痛みを感じたまま生き続ける
働くパパママが、数多くできてしまうということです。

東日本大震災で大切な存在を守れなくて、
未だに、重い運命を背負って生きている人たちは、
それを望んでいるかな?

自分と同じ悲しい思いをする人たちが、
多くなることを、望んでいるのだろうか?

私はサラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることができない恐怖、
危機感を、目の当たりにして、
東日本大震災の約3か月後のタイミングで、
会社を辞めて、人生を変える決心をしました。

全ては、自分の手で、
大切な存在を守るために…

あれだけ大きな災害を目の当たりにして、
あなたの人生は、どう変わりましたか?

もし万が一、何も変わっていないのなら、
あなたにとっては、他人事なのですね。

他人事、人のせい、
何もしない、世の中に流されていく、
大多数の民衆心理ですから仕方ないですが…

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは、心を持っている人間ですか?
それとも、ただの働かされているロボットと同じですか?

大きな出来事と、自分の人生と自分の心。
人間として何も変わらないままじゃ、悲しすぎませんか?

人生相談でも育児相談でも、
もちろん、ネットビジネスの相談も、
私でよければ、いつでも相談にのりますからね^^

お気軽にメールをくださいね。

ちゃぼすけへの、質問・相談メールはここをクリック

私の想いは、プロフィールに書いてあります。
もしよかったら、読んでみてくださいね。
ちゃぼすけの超詳しいプロフィール

家族との幸せな時間が欲しい方、メルマガ登録はこちらから

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングにエントリーしておりますので、
もしよかったら、下のバナーを1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

1件のコメント

  • ちゃぼすけさん、いつもお世話になっております。またとても勉強にさせてもらっています。今後共よろしくお願いします
    ブログ開設しました~
    http://www.mamosuke.com

コメントを残す