ハンドルネームを決める時に注意すること

あなたのハンドルネームは決まっていますか?

私の「ちゃぼすけ」というハンドルネームは、
一部があだ名で、妻が私を呼ぶときに使うので、
響きも悪くないし、独自ドメインも取れましたので、
あっさり決まりました。

ハンドルネームを決める上で気をつけること

前提として、読者が覚えやすい名前と言うのが前提です。

難しい漢字を並べたり、アルファベットだったり、
発音の難しい名前だったり、この辺は論外です!

なんの為のブログなのかを考えてください。

あくまでも読者さんに読んでもらうためのブログであって、
あなたの自己満足のためのブログではないと言うことを
しっかりと頭に叩き込んでください。

覚えやすく、表記も簡単で、発音もしやすい名前。
これでいくつか候補が上がりましたか?

次に考えなくてはいけないのが、
出来る限り個性的で覚えやすいと言うこと。

記憶に残るような、印象に残るような名前がベストです。

そして、最後に、そのハンドルネームは信用してもらえそうですか?
あまりに、おふざけが過ぎたハンドルネームはやめましょうね。
といっても、さじ加減が難しいです。

考えれば考えるほど難しいかも知れませんね。
あーもう考えるのは面倒だと言うことであれば、
本名で構いませんよ。
それが一番、信頼性はありますからね。

外人の名前・ニックネーム・愛称

ハンドルネームの参考になるかわかりませんが、
タレントのベッキーの名前ってご存知ですか?

ベッキーというのは名前ではなくて愛称なんです。
外国人の名前が愛称になる時の、
法則とか決まりを調べてみました。

息子という場合の愛称

わかりやすいところから言うと、
イングランドでは、名前にSをつけると
●●の息子の愛称となるそうである。

ウィリアムズ⇒ウィリアムの息子
ジョーンズ⇒ジョンの息子
アダムス⇒アダムの息子

息子なんだからsonを付ければいいという地方もある。

ジョンソン⇒ジョンの息子
ジャクソン⇒ジャックの息子
アンダーソン⇒アンドリューの息子

オランダやデンマークではsonではなくsenになる。
ハンセン⇒ハンスの息子
ヨハンセン⇒ヨハンの息子
アンデルセン⇒アンドリューの息子

スコットランドでは名前の前にMacかMcを付ける。
マクドナルド⇒ドナルドの息子
マッカーサー⇒アーサーの息子

聖書にまつわる名前

欧米人の名前には聖書にまつわるものも多い。
聖パウロ⇒ポール(スペインではパブロ)
聖マルコ⇒マーク
大天使ミカエル⇒マイケル(フランスではミシェル、スペインではミゲル)
聖ヨハネ⇒ジョン、ジャック、ジャン

職業によって付いた名前

テイラー⇒仕立て屋(日本で言ったら服部ですね)
カーペンター⇒大工
スミス⇒鍛冶屋
ゴールドスミス⇒金細工職人
ポッター⇒土器職人

と言うわけで、脱線してしまいましたが、
愛称、名前にまつわるお話、調べてみると面白かったです。

あなたにしっくりくるハンドルネームを決めてくださいね。
ちなみに、ベッキーの名前はレベッカです。

難しいですよね~

家族との幸せな時間が欲しい方、メルマガ登録はこちらから

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングにエントリーしておりますので、
もしよかったら、下のバナーを1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

コメントを残す