2カラム(2分割)と3カラム(3分割)はどちらがいいの?

今日は、ブログアフィリエイトで稼ぐためには、
2カラムと3カラムのどちらがいいのか?
と言うテーマを考えてみたいと思います。

結論から言うと、どちらでも好みで構いません。

ただ、戦略的な面からしっかりと考えた上でなら、
どちらでも構わないと言う意味です。

まず、2カラムから説明しますね。
2カラム
①の部分が記事の表示、
②の部分はサイドバーとなり、プロフィール等を配置します。

2カラムのメリットは、
記事を読みやすいと言うことです。

記事の部分の幅が広いですから、
集中して読んでもらえる可能性が高いです。

デメリットとしては、
サイドバーに配置できるパーツが少ないと言うこと。

サイドバーにはプロフィール、質問フォーム、
情報商材のレビューへのリンク、各種ブログパーツの配置等
大切なものを見やすく、出来るだけ上に表示したいということになると、
2カラムのテンプレートは不利になります。

そして、閲覧者の視線の動き、操作の癖から
2カラムでも右サイドバー、左サイドバーでは
役割が変わってきます。

右サイドバーと左サイドバーの役割について

2カラム
この図は、左サイドバーの2カラムですが、
先ほどの右サイドバーのテンプレートとは印象が異なりませんか?

赤い矢印は一般的な読者の視線の動きです。
左サイドバーの2カラムは覚えてもらうためのブログです。

読者の視線を確認すると、左上から右へ、
そしてまた左に戻って右へと動いているのがわかります。

これをZの法則と言います。
右サイドバーの2カラムは買ってもらうためのブログです。

右側の薄い赤の部分は、
右利きの人がマウスを持って操作した場合、
一番クリックしやすいと言うメリットがあるわけです。

ですから、商品を売りたいときには右側に配置したほうが、
売れる可能性は高くなります。

そして、3カラム。
3カラム
真ん中に記事、両側にサイドバーです。
メリットは、サイドバーが両側についているので、
情報を多く配置できると言うこと。

ただし、何も考えず、なんでも配置してしまうと、
ごちゃごちゃして見づらくなってしまいます。
デメリットは、2カラムに比べて、
記事スペースが狭いこともあり、
記事が読みにくくなってしまうことです。

ただし、出来るだけ横書きの長い文章を作らないようにする、
改行を広めに取り、ゆったりした文章で書くなどの
対策を採れば、大丈夫です。

そして、赤い矢印は、
読者の視線の動き、Fの法則です。
左上から右へ、ヘッダー部分を見て、
左に戻り、下に向かい、
また、左から右へといったように読者の目線は動きます。

そうなると、自然と頭に浮かんできませんか?

2カラムにするのか3カラムにするのか…

最初はサイドバーに配置するパーツ等は
殆どありませんから、2カラムでいいと思います。

サイドバーに配置するパーツが増えてきたところで、
3カラムに変更と言うことも、できますので。

そして、ZとFの法則から右よりは左が注目され、
下よりも上が注目されることがわかりましたので、
左サイドバーの2カラム、
そして一番上は一番見て欲しい、
プロフィールを配置しましょう!

と言うわけで、本日はブログの
2カラム・3カラムについて解説しました。

なんとなく、イメージは掴めましたか?
どちらにするかは、
私以外の多くのブログも見て、
イメージをふくらませて、決めるのが良いと思います。

ランキングから沢山の他のブログを確認できますよ。

家族との幸せな時間が欲しい方、メルマガ登録はこちらから

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングにエントリーしておりますので、
もしよかったら、下のバナーを1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

2件のコメント

  • ミツヤ

    初めまして。
    ミツヤです。
    僕のブログへのコメントありがとうございます。
    まだまだサイト制作には不慣れなものでして、非常にシンプルなサイトですが(^_^;)
    ちゃぼすけさんの様に画像を自由自在に使用できるようになりたいものです。
    参考にさせていただきます。
    マーケティングや詐欺師の手口、営業販売に関する心理学などに関しては人一倍を自負していますので、
    今後そういったコンテンツを増やしていこうと思いますから、
    また遊びにきて何か使えそうと思っていただけるものがあったらガンガン持ってっちゃってください(^_^
    では~

  • ミツヤさま
    コメントありがとうございます。
    シンプル、いいじゃないですか。
    私はついつい飾り付けたくなってしまうので、
    その気持ちを抑えるのが大変です。
    お互いにコンテンツ充実させて
    頑張りましょうね。

コメントを残す