いつも、仕入れた商品の梱包作業をしながら、
録画しておいた番組を見ているのですが、
昨日、今年の大河ドラマ「花燃ゆ」を見ました。

幕末の長州、今の山口県のお話で、
吉田松陰の妹が主人公になっています。

実を言うと、私の母方の祖父が広島生まれで、
以前に戸籍をたどった時に、私、坪井家の元は、
長州藩の出だということが分かったんですよ。

具体的には、調べに行ったことはないので、
ハッキリしないんですが、そのうちに山口に行って
当時の戸籍の住所のお寺にでも行って突き止めようと思っています^^

なので、今回の大河ドラマは、
非常に楽しみでもあったわけです。

大河ドラマ「花燃ゆ」の話に戻りますが、
そこで、人はなぜ学ぶのか?
それを問う場面があったわけです。

吉田松陰は、こう答えました。

知識を得るためではなく、職につくためでもなく、
出世するためでもなく、人に教えるためでもなく、
尊敬されるためでもない、ただ、己を磨くために学ぶのだと。

それに応えて、今後盟友になる
小田村伊之助は、役に付くためでもなく、
与えられた役目を果たすためでもない。

かりそめの安泰に満足し、身の程をわきまえ、
無知のまま、世間知らずのまま、役に立たずに生きるだけでいいのか?

そうじゃない、この世のために、
自分がすべきことを知るために学ぶ必要があるのだと。

時代は違えど、私もそのセリフに、大いに共感しました。

要約すると、

己の欲のために学ぶのではなく、
己の生きる道を見つけるために、
己の未来を照らすために、学ぶのだと。

それが、すなわち、世のためになると。

私はネットビジネスを始めてから、
学ぶようになりました。

最初は稼ぐためにだったのですが、
今は、稼ぐその先にあるもののために、
学び続けています。

学ぶことは楽しいし、ワクワクした未来を作ります。

それが、幸せにつながるのだと思っています。

人はなぜ学ぶのか?

私は、幸せになるために学ぶのだと思います。

あなたは、どう思いますか?

ウーマン ドラマの脚本は売れっ子の坂元裕二さん

新ドラマが始まりましたが、私がハマったのは「Woman」 ウーマンです。
Womanを書いた脚本家は、坂元裕二さんです。

坂元裕二さんと言えば、前回も紹介したドラマ「最高の離婚」の脚本を書いた方です。
その時の記事はこちら⇒ 最高の離婚の脚本家 坂元裕二さん

今まで数多くの作品を書いてきた、一流の脚本家で、
古いテレビドラマだと、
あすなろ白書、東京ラブストーリーなど。
最近では前出の「最高の離婚」など。

そして、今回のWomanは、
坂元裕二さんが脚本を手がけた、
「Mother」のスタッフが集まり、
田中裕子さんも出演します。

また、主演の満嶋ひかるさんは、
坂元裕二さん脚本のドラマ「それでもいきていく」で、
主演を務めていたという、濃いメンバーなわけです。

それだけ、気合が入っているんでしょうね。

ドラマの中身は、すごい気合の入りようです。
まず、重い。とにかく重い。
見るのに、体力がいります。

旦那さんを事故で亡くした、シングルマザーが
小さな子供2人を必死になって育てようと頑張る物語。

ただし、現実問題として、困難ばかり。
全く希望のない生活を続けながら、頑張る。

これって、現実のシングルマザーの方にも当てはまるというか、
おなじ状況の人なら、もっと苦しいのではと思います。
ドラマですから、かなりソフトにしているはずなので…

でも、この親子、笑顔なんですよ。
お金がなくても、笑顔なんですよ。

そして、ママも、子供も正直にぶつかっています。
体当たりしていますよ。

遠慮とかないし、正直に感情をぶつけあい、
それでも、抱き合って、助け合って進んでいくんです。

家族、助け合わなければ、やっぱり生きていけません。
笑顔がなければ幸せにはなれませんからね。

ドラマ ウーマン(Woman)に見る、シングルマザーの幸せな生き方

それにしても、このドラマ ウーマンの状況が現実にあったとすると、相当厳しいです。
というか、同じ状況の人、いると思いますが、大変だと思います。

専業主婦で小さな子供2人、そこに降りかかる突然の旦那さんの事故死。

元々正社員で、働き続けていたシングルマザーなら、まだマシです。
保育園に預けて、その会社で働き続ければいいのですから。

専業主婦、小さな子供2人。
頼れるおじいちゃん、おばあちゃんもいない。

この時点で、かなり苦しいです。
まずは、仕事を探すことになりますが、
専業主婦の人を、雇ってくれる会社って今ありません。

30歳として、正社員の道は皆無といていいでしょう。
看護師とかの資格があれば別ですが、普通は持っていません。

となると、パートや契約社員なのですが、
面接に行くのに、子供を預けるところを、まず考えないと。

仕事に就く前に、保育園に入れてもらうこと都内ではできません。
なので、パートが決まるまでは、小さな子供を2人連れて面接に行くか、
2人を一時預かりの保育園に預けていかないといけません。

当然お金がかかります。
1時間2000円として、2人を3時間預けたら、12000円です。
仕事が決まっていないのに、これだけの額を払うのは厳しいです。

でも、仕事を決めるためには、現実問題として、
預けないことには無理なんです。

働く前から、ジレンマですよ。
じゃあ、無事、パートが決まったとしましょう。

時給900円くらいかな?1日8時間で、7200円。
隔週2日休むとして、月に24日フルに働いたら、約17万円くらい。

そこから税金、年金、国民保健など約35%が引かれるので、
手取りは約11万円。

二人の子供たちを認可保育園に預けられれば、
2人で月額2万円程度の保育料で済むでしょう。
でも4月からなら入れますが、それ以外は現実問題キツイです。

じゃあ、無認可、認証保育園に入れたとすると、
2人で3倍~4倍程度、6万円~8万円の月額費用が掛かります。

11万円の収入から8万円の保育料が引かれ、残りは3万円です。
家賃、電気代、ガス代、水道料金、払えますか?
無理ですよね。

借金生活に入る前に、もう一つ働こうと考えます。
夜、子供たちが眠ってから、働きに出るわけです。
水商売系が多くなりますよね~

子供たちは、夜、親がいない状況で寝ています。
当然、起きることもあるでしょう。
その時に、親がいない恐怖と言ったら、半端ないですよ。

私も小学校低学年くらいまでは、
夜中のトイレが怖くて、おばちゃんと一緒に行ってましたもん。

まあ、強くはなりますよね。
でも、子供のままじゃ生きていけないので、
子供を楽しまないうちに、急激に大人になります。
しっかりせざるを得なくて、しっかりしてきます。

それが、子供にとって幸せなのか?
子供はしっかり子供時代を楽しまないと。

でも、楽しむという行為自体、生きるという事の後なわけです。
生きることに必死な状態では、楽しむのは難しい。

本当に出口のない深い問題です。

こういう生きるために必死で頑張っている人たちに、
救いの手を差し伸べられない国、政治は本当に情けない。

国も、政治も頼れない。
なら、自分でどうにかするしかないわけです。

せどり、ネットビジネスで、私が教え込めば、
ママも、その子供たちも幸せになれます。

時間は自由です。
個人事業主として申請すれば、普通に自営業になるので、
保育園に預けることもできます。

母子家庭なら、最優先で入れるので、待機児童になることはありません。

せどりや、ネットビジネスには、
国や政治では助けられない人たちを助ける力があります。

私には、その力があります。
もし、悩んでいる人がいたら、何でも相談してください。

朝から晩まで、体が壊れるまで働く必要はありません。
せどりや、ネットビジネスなら、少ない時間で、パート代よりも多く稼ぐことも可能です。

しかも、子供たちと一緒にいれるし、行事なんかもフル参加できます。
絶対にパートや水商売を続けているより健康的で幸せな生活ができます。

その代わり、最初から楽ではないですよ。
それなりに努力は必要です。

頭がいい悪いは関係ないですし、才能とかも関係ありません。
要はしっかり行動できて、続けられるかどうかだけです。

私も人生のどん底を見た男です。
死のうと考えたこともある男です。

でも、幸せになれた。
せどり、ネットビジネスで幸せになれた。

だから、みんなにも幸せになってほしい。
幸せになりたいと願う人を応援したい。
純粋に、その思いだけで、今は生きています。

どんなことでも構いません。
相談したいことがあったら、お気軽にメールをください。

全てのメールに目を通し、すべてのメールに返信していますから^^
⇒ ちゃぼすけに相談のメールをしてみる