ワードプレスの管理画面の上に、
「WordPress 3.4 が利用可能です ! 更新してください。」
って書いてあったので、何も考えずクリックしたんですよ。

そうしたら、いきなり画面が真っ白になって
固まってしまいました。

戻るボタンを押しても、ログインしなおしても、
管理画面が表示されずHTTP500エラーの画面に。
何度やってもこんな画面です。

VPSサーバを契約しているサポートセンターに電話するも、
ワードプレスに関してはサポートできないと。

VPSサーバ自体に異常はないとのことなので、
こっちで解決するしかないか~と検索しても、
なかなか同じ事象が見つかりません。

サーバのリストアかワードプレスの再インストールか…

そんな無謀なことを考えつつも探していたら、
やっと対処法を見つけました。

同じエラーで困っている人のために、
ここで詳しく解説しようと思います。

原因は簡単なことでした。
プラグインが悪さをしていたようです。

簡単に言うと、
プラグインのいずれかが、
新しいバージョンのワードプレスに
対応していなかったということです。

対処法としては、
全てのプラグインを無効にして、
管理画面にログインすればいいだけです。

じゃあ、管理画面に入れないのに、
プラグインをどうやって無効にするのか?

この手順で簡単にできます。
まずはFTP接続をして、下図を参照してください。

フォルダと手順を間違えないでくださいね。
FTP接続はそのまま継続してください。すぐに使います。

ここまでできたら、
管理画面にログインできるようになっています。
ログインして、プラグインタブを見てください。

全てのプラグインが見つからない
という表示になっているはずです。

これを確認したら、
もう一度FTP接続から先ほど作成した、
空の「plugin」を削除します。

次に「plugin-copy」フォルダをリネームして、
元の「plugin」に変更します。

再び管理画面に戻って、
プラグインタブをクリックします。
すると、元のプラグインがすべて無効の状態で、
表示されるはずです。

一つずつ有効化していって、
どのプラグインでエラー画面になるか探します。

プラグインを有効化していく中で、
エラー画面になった時には、そのプラグインが原因です。

もう一度、同じように
エラーを復旧させた後は、
該当のプラグインは有効にしないようにすれば、
元通り使えるようになります。

もし、この記事が役に立って、
問題解決できましたら、ぜひこの記事を紹介してください。
困ってる人がたくさんいると思います。

再インストールやリストアする前に、
この方法を試してみる価値はあります。

少しでも困ってる人を助けると思って、
この記事にリンクを張っていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。