ディズニーシーで落とした、スマホがどうなったか?

結論から言うと、
ディズニーリゾートは、やっぱり桁外れに、スゴイことを実感!!

これ以外に、言いようがありません。
ディズニーリゾート
先週、家族でディズニーリゾートに7周年の結婚記念日で、
家族でお泊りで遊びに行ったときのこと。

17時からディズニーシーに入って、
アトラクションで遊んで、食事して、
七夕のスペシャルステージを見ました。

ブロードウェイシアターの
七夕のスペシャルステージで、
娘たちが演出や、音に驚き、
若干泣いてしまったこと以外は、
いつもと変わらず楽しんでいました。

ブロードウェイシアターから出ると、
すぐに夜のショー、ファンタズミックが始まりました。

悪者が出てくるショーで、
娘たちは怖いようで、見たくないとのことで、
お姉ちゃんは、ママと一緒にお買い物、
オチビは何か食べたいと言ってたので、
ベンチに座り、私と一緒に外にいました。

お買い物が終わり、ママとお姉ちゃんが来ると、
ショーの最中、出口に向けて歩き、
パークを出て宿泊しているホテルに向かうため、
リゾートラインのホームに上がりました。

そこで、ふと胸ポケのスマホで、
時間を確認しようとしたら、スマホがない!!

いくら探しても、どこのポケットにもなくて、
嫁さんに電話をかけてもらっても、音も聞こえず。

落としたな…

なんで、こんな日に…

ホームにいたキャストの方に事情を話すと、
駅の改札を出たところにインフォメーションがあるので、
そこで聞いてみてくださいとのこと。

嫁さんと、娘たちを、その場に残し、
走ってインフォメーションへ。

当然、諦めてましたよ。
人混みの中で落としただろうし、夜だし。

インフォメーションに行って事情を話し、
落としたスマホの特徴を教えると、
キャストのお姉さんがニコッと微笑み、
ちょっと待ってくださいねと、
バックヤードに消え、10秒後…

なんと!!
私のスマホを持ってきて、

これですか?

って、また微笑むじゃないですか~

私は、思わず、何であるの?
って聞いちゃいましたよ(笑)

私が最後にスマホを操作した記憶があるのは、
買い物を待って、オチビと一緒にいるときなので、20時すぎ。

リゾートラインのインフォメーションに私が着いたのは、20:50ころ。

何処に落ちてて、誰が拾ってくれたのか、聞いてみたら、
買い物を待っていたところから、少し入り口寄りの道に
20:10頃に落ちていたのを、キャストの方が拾って、
すぐに、届けてくれたとのこと。

確かにライトを振りながら、キャストがたくさん、
道案内というか誘導してたな~という記憶はあるが、
実はそれだけではなく、落とし物がないかっていうのも
見ていたんだと、改めて気づく。

スマホを落としたことに気づいた時点で、
半分以上あきらめていたにも、関わらず、
すぐに、手元に戻ってきて、嬉しいというよりも、
信じられないような心境でした。

家族が待っているリゾートラインのホームに急いで戻り、
スマホを嫁さんに見せると、なんで持ってるの?と、
まあ、当然と言えば、当然の反応。

パーク内で落として、1時間もしないうちに、
パークの外のリゾートラインの駅で落とし主の手元に
届くなんて、現実世界では考えられませんよね。

さすが、ディズニー。
夢の国、魔法の世界。

まさに、ディズニーの魔法によって、
落としたスマホが、戻ってきたような…

大事な日が、台無しにならずに済み、
素晴らしい結婚記念日を過ごすことができました。

ディズニーのサービスは凄いと思っていましたが、
今回ばかりは、心から凄いと、本当に思いました。

考えていることを超えて現実にすること。
突き詰めていくとできるんだなと、改めて思いました。

西日本ツアー とっても充実した旅になりました

ちゃぼ会、今年に入ってから、毎月行ってきました。
ランチ会と、夜のちゃぼ会を東京で行ってきたわけですが、全国のメルマガ読者さんたちから、ぜひ来てくださいとの声が届くようになったので、それじゃ、全国ツアーやろうか、なんてちょっと思ったのがきっかけでした。

ただ、現実問題として、娘二人の保育園の送り迎えは私がやっているし、娘たちと離れるのも寂しいな~なんて思い、先延ばしになっていました。

でも、やっぱり、私に会いたいといってくれている人が、全国にいるんだと思うと、会いに行きたい衝動は抑えきれずに、妻に相談して、金曜日から火曜日の夕方まで都合5日間、妻に娘たちを全部任せて、ツアーに行くことにしました。

結婚してから、一人で旅をするのは初めてです。
娘たちが生まれてから、何日も会わないという事も初めてです。
それを認めてくれた、妻に本当に感謝です。

それで、5日間でどこに行こうかと、いろいろ考えた末、全国を回るのは無理だと。
じゃあ、西の方に今回は行くことにしようという事に決めて、福岡、広島、大阪、神戸に決めました。
それで、今回のちゃぼ会西日本ツアーが決定となったわけです。

11/8 福岡ちゃぼ会

11/8朝、娘たちを保育園に送ったあと、亀有から成田空港に向けて出発。
ジェットスターの飛行機で、福岡空港に向かいました。
LCCに乗るのは初めてでしたが、座席は思っていたより広く、快適な空の旅でしたよ^^

福岡空港について、まずはホテルに。
地下鉄でも行けたのですが、時間がもったいないのでタクシーで向かいました。
薬院という駅の近くのビジネスホテルに到着後、荷物を解いて、ノートパソコンを取出し早速メルマガを執筆。

その後、ちょっとホテルの周りを散策し、福岡ちゃぼ会の幹事さんから連絡が入ったので、天神駅に向けて歩いて行きました。
天神駅は、池袋駅に似てるな~なんて思いながら、オーロラさんと落ち合い、ちゃぼ会の前にブックオフに仕入れに行きました。
福岡天神店、ノース天神店、二店舗回りましたが時間がなかったので、ちょっと仕入れて、お店に向かいました。

時間ぎりぎりについたら、参加者さんはほとんど揃っていて、手短にあいさつ後、カンパイ!
長崎から駆けつけてくれた人もいて、とっても嬉しいちゃぼ会に^^
スカイプチャットでずっとやり取り空いていた人たちが、ほとんどだったので、初対面でもそんな感じもせず、楽しく話せました。

実際に悩みとか聞いていると、地方ならではの悩みもあり、東京と一緒だと思って話したらいけないんだなと、改めて思いました。
1次会がお開きになり、終電までもう少し時間があるという事で、3人で2軒目に。
またまた、飲んで盛り上がって、23時過ぎに解散。
夜風に吹かれながら、ホテルまで歩いて帰りました^^

11/9 広島ちゃぼ会

博多のホテルで7時前に起床。
さっさと用意して、博多駅に向けて出発。

博多駅は、綺麗で大きいな~なんて思いつつ、新幹線の時間まで、ゆっくりとお土産を選んでいました。
九州限定とか、博多名産とか、やっぱり弱いですね~
娘たちのお土産をたくさん買ってしまいました^^
あと、広島以降で待っていてくれる、みんなへのおみやげも買いました。

新幹線で、ビールを買って、もみじまんじゅうで飲みながら出発。
お昼前に、広島に到着。

駅では、DVDせどり実践教室の生徒さん、Tさんが待ってくれていました。
早速、駅構内で、広島のお好み焼きで一緒にランチ。
そのあと、Tさんの車に乗せてもらって、原爆ドームへ^^
小学校3年生の時に来た以来ですから30年ぶりでした。

その後、近くのブックオフやフタバ書店で仕入れ。
まあ、普通に仕入れはできましたよ。

その後、Tさんと別れ、市電に乗って広島駅へ移動し、ホテルへ。
ホテルでサッとメルマガ書いて、広島駅の隣のフタバ書店を見ていると、いいのがありましたよ~
早速仕入しちゃいました^^

夜のちゃぼ会の時間まで仕入れした後、ホテルに一度戻り、メールチェックすると、ちゃぼ会参加者さんから、ドタキャンが…
体調不良という事で仕方ないですけどね~

なので、広島ちゃぼ会は、マンツーマン、差し飲みになりました。
山口県から来てくれたSさん。
完璧なノウハウコレクターです。

人脈も、すごいものを持っています。
それなのに、月数万円も安定して稼げていない状況。

やはり、一つに集中して、しっかり稼ぐ柱を1つは作らないといけないんだなと。
人脈も大切だけど、それ以上に、1つでしっかり稼ぐことの方が重要だと、再確認。

じっくり、3時間ほどコンサル状態で話して、終わりました。
Sさん、これ以上、教材買うなよ~

11/10 大阪ランチちゃぼ会~夜のちゃぼ会

広島は雨でした。
小雨だったので、さっと、駅まで行ってまたまた、おみやげ。
持ちきれなくらい、大量に買ってしまいました^^

新幹線で新大阪へ。
そこからJRで大阪駅。
大阪駅は、すごくキレイでした。

そこから歩いて、3分でホテル。
荷物だけ預けて、地下鉄でランチちゃぼ会に向かいました。
大阪は、初めてでしたが、迷うことなしに一発で行けました。
地図、一回見ておけば、たいていはどこでも行けるな~と再確認できましたよ。

ランチ会では、ファミさんが幹事を引き受けてくれて、奥様、そして、せどりで稼ぎまくっているHimeさんも参加してくれました。
他には、読者さん2名。

楽しく食事しながら、それぞれの話を聞いて、みんなで話して、Himeさんからのアドバイスもあり、すっきりしてもらえました。
そのあとは、みんなで、せどりツアー。
まんだらけに行って、ブックオフに行って、大雨が降ってきて、いったん解散。

梅田のホテルに帰って、チェックインして、サッとメルマガ書いてから、夜のちゃぼ会に、地下鉄で向かいました。
難波あたりをウロチョロしてからお店に。

夜のちゃぼ会も、ファミさんに幹事を任せてあったので、私はお気楽でした。
DVDせどり実践教室のメンバーやPRIDE購入者さん、さらにはHimeさんが、またまた参加してくれました。

今回も、それぞれの話をじっくり聞いて、飲みながら楽しく話をして、充実したちゃぼ会でした。

終わった後に、Himeさんと二人で、終電までお話しました。
ネットビジネスのこともそうですが、それ以外にお悩みとか、いろいろぶっちゃけトーク。
リアルに会って話すのは、やっぱりいいですね^^
終電に乗り、梅田に帰りましたよ。

11/11 神戸ランチちゃぼ会~夜のちゃぼ会

翌日は、神戸のランチ会と、ちゃぼ会。
梅田から、阪急電車で、まずは武庫之荘。
阪神大震災の日、私が被災した街、その翌日以来、18年ぶりです。

あまり覚えてはいなかったけど、歩いているうちに、徐々に思い出してきて、住んでいた場所まで行くと、鮮明に思い出しました。やはり記憶は眠っているだけなんですね。起こそうと思えば起きる。

そのあと、ランチ会に向かいました。
三宮で降りたら、雨がパラパラっと降ってきて、濡れてしまいましたが、お店に走って到着。
すぐに、全員そろい、お店へ。

私以外に3名。
本せどりで稼いでいる男性、モバイルアフィリで月収50万円以上稼いでいた女性、CDせどりを始めた男性。
毎回そうですが、色々な方がいらっしゃるので、話を聞いていて、本当に学びになります。

ゆっくりとランチして、話をした後、4人でブックオフ三宮店へ。
手分けして仕入れして、美味しいのを何本か、参加者さんに譲り、解散。
楽しかったな~

一旦、梅田に戻り、メルマガ書いてから、再び三宮へ。
今度は女性二人と、男性一人、私を含め四人だったので、野菜が美味しい居酒屋へ。
女性二人は主婦で、せどらーさん。
もう一人は、サラリーマンでアフィリとせどりと迷っている男性。

すっかり、せどり話で盛り上がり、みんなで楽しくせどりやろうっていう話に。
23時過ぎの電車で、梅田に向かい就寝。

11/12 大阪 西日本ツアー最終日

最終日、散々飲んだのに、すっきり起床。
この旅の間、毎晩、散々飲んでいるのに、目覚ましもなしに、7時前にはすっきり起きれている。
ストレスがないと、起きれるんだなと、つくづく思う。

荷物をまとめて、早めに新大阪へ向かう。
最終日は、凄腕主婦せどらーのじょうじょうさんとランチ。
その前に、荷物をコインロッカーに預けて、お土産タイム。

嫁さんは、パンが大好きなので、パン屋さんと思ったが、駅構内にあるパン屋さんは、東京にもあるパン屋ばかりで詰まらなかったので、食べログでぱっと見て、駅から外に歩き出す。

地図はあまり見ずに、食べログに掲載されていたパン屋さんが多い地区目指して歩く。
一駅くらいなので、1時間もあれば迷っても戻ってこれるなと。

新三国方面をさまよい、1件の地元のパン屋さんを発見。
これは、大阪のパン屋さんで買ったパンだよと、言えますからね~
だーっと、トレイ一杯にパン買って、新大阪に戻り、みんなの分のお土産を選び、じょうじょうさんとの待ち合わせ時間に。

じょうじょうさんと時間通りに会い、予定のお店でランチ。
新幹線の時間ぎりぎりまでという事で、駅構内のレストラン。

初対面だけど、チャットやメールで、さんざんやり取りしていたので、違和感なく、会話が始まり、あれやこれや、たくさん話して、あっという間に新幹線の時間に。

名残惜しさもありましたが、新大阪を後に。

それにしても、今回の旅は、人生初というか、目的は人に会うこと。
観光はほとんどせず、ひたすら、人と会って話をしてきました。

それも、稼いでいる人ではなく、まだ稼いでいなくて、悩んでいる人、頑張っている人中心で。
凄く、意味が濃かったなと、今さらながら思います。

稼いでいる人は、東京にもよく来るし、私から会いに行く必要もない。
だから、私は、東京にそう簡単には来れない人と、会って話をしたかった。

私は、稼げない人に寄り添って、幸せになりたい人に寄り添い、少しでもいい、きっかけを与えることができて、幸せになってくれたらいいと思って活動しています。

人生、ほんの少しでいいんですよ。
ほんの少しのきっかけと、それを行動に移す勇気、それがあれば、充分に変わることはできるんです。

大それたことは必要ない。
ほんのちょっとした、きっかけと勇気。

私はそれを、これからも、与え続ける存在でいたいなと思っています。

西日本ツアー、あえて会った人と一緒に写真は撮りませんでした。
なぜかっていうと、私の脳に刻み込みたかった、写真を写して終わりにしたくなかった。
より、鮮明に、出会った人の姿を覚えていたかった、そう思ったから一緒に写真は撮りませんでした。

大丈夫、みんな、覚えていますから^^

それでは、また、逢う日まで。
その時まで、さようなら^^

あらかわ遊園は小さな子供達にとってディズニーランド+上野動物園のハイブリッド遊園地

2013年4月28日の日曜日に、東京都荒川区のあらかわ遊園に行ってきました。
私も小さいころ、30年以上前に来ているはずですが、全く覚えてないので、私も始めて来た感じでワクワクです。

8時半に亀有からベビーカーで出発。
当然、混むのは嫌なのでセオリーとして、開園時間9時に入場の予定です。

町屋で都電荒川線に乗り換え。都電荒川線は混んでなかったので、ベビーカーはそのままで大丈夫でした。
ただ、バスみたいな車両なので、混んでるときはベビーカー畳まないととダメでしょうね。(駅の注意書きには、ベビーカーは畳んでくださいと書いてありました。)

荒川遊園地前駅で降りて、ゆっくり歩いて、あらかわ遊園の入り口まで5分くらい。
天気も良かったので、すっごく気持ちよかったですよ~
あらかわ遊園までの道筋には、古くからの駄菓子屋や、商店が何軒かありました。
あんぱんまんの自動販売機もありましたよ^^
あらかわ遊園

あらかわ遊園の開園5分前 入口の混雑状況

あらかわ遊園
こんな感じで、入場券やセット券を買うのに並ぶこともほとんどなく、入園ゲートにはさすがに並んでいましたが、50人くらいだったかな~待つというほどではありません。
いざ、開園になっても混乱することなく、みんな順番にゆっくり入場。穏やかなものでした。

入口から、乗り物広場に行くか、動物広場に行くかですが、迷わず乗り物広場に。
並ぶの嫌いだし、娘は4歳なので並んで待たせるのも可哀想です。混むものから順番に乗ることに。

まずは日本一遅いジェットコースター。
娘は今までジェットコースターに乗ったことないですが、今回は乗りたいとノリノリだったので、混む前に。
というわけで、5分くらい待っただけで、すぐ乗れました。4歳の娘にはちょうど良かったようで大喜び^^
あらかわ遊園

次々に乗り物に乗っていきましたよ~
料金はチケット制で、100円のチケット、大人は2枚、子供は1枚というのがほとんどなので、とってもリーズナブル。
未就学児ならむちゃくちゃ楽しいと思いますよ^^

ディズニーランドって、大人の僕たちが楽しむためのものです。
悪くはないですが、未就学児には、その価値はわかりませんし、乗り物も怖く感じるものが非常に多いので、このくらいの方がはるかに楽しめるのは確かです。

コーヒーカップ、これは4歳の娘はむちゃくちゃ楽しかったみたいです。
あらかわ遊園

豆機関車、これは1歳の娘も乗れるし、とってもいいですよ^^
あらかわ遊園

ボールプール、独り占めでハシャギまくってました。
あらかわ遊園

1歳の娘、初観覧車でしたが、ずっと外を眺めて笑顔で振りむいたりしてました。気に入ったみたいです。
あらかわ遊園

乗り物は時間が遅くなると徐々に混んできます。
といっても、並んで10分20分くらい並べば乗れるレベルなので、楽勝ですけど(笑)

そんな時は、コインで遊べる乗り物に乗れば子供たちも喜びますよ。
こういうのが、たくさん置いてあります。1歳の娘でも楽しめました。
あらかわ遊園

あらかわ遊園での昼食は、早めに済ますのが一番賢いです

昼食は早めがいいです。それもめちゃめちゃ早め。11時前には乗り物広場の食べる施設はすべて席が埋まっていました。
外のテーブル席は休んでいる人もいるので、すぐに空くので、天気が良くて風がなければ外がいいですよ。

ただし、小さな子供が食べられるようなお昼ご飯は少ないです。
娘はカレーを頼んだんですけど、新宿中村屋の本格的なカレーなので、スパイスが効いていて、小さな子には辛いです。
他にはオリンピック金メダルの北島選手の実家が提供している、メンチカツサンドや、チキンライス、おにぎりくらいしかないかな~

なので、小さな子供を連れていくなら、お弁当を持っていく手もありですね。芝生広場は平たんではなくゆるやかな坂になっているのですが、そこで敷物を敷いて昼食を食べている家族も多かったし、ベンチはたくさんあるのでベンチに座って食べている家族も多かったですよ。

私は、きたじまのメンチカツサンドと、生ビール。生ビールは400円でした。
あらかわ遊園

お昼を食べた後は、動物広場へ。
ゴールデンウィークは、ポニーの乗馬体験はお休みだったので残念でしたが、ふれあい広場には小さな子供たちがたくさんいました。
ヤギと、ひつじ、そしてウサギ、モルモットと、みんな、恐る恐る触れ合いつつも楽しんでいました。

うちの1歳の娘も、ヤギの近くで恐る恐る、歩いていました。怖かったらしく触れなかったです^^
あらかわ遊園
餌やりもできるし、小さな子供たちは走り回って楽しんでいましたよ。

というわけで、あらかわ遊園を午前中で遊び倒しました。
小さい子供の体力は、このあたりが限界です。

未就学児くらいの小さな子供を、親の都合で1日中連れまわしたら、やっぱり可哀想。
だからって、朝ダラダラして、親の都合で午後から混雑していることろに出掛けても、可哀想。

小さな子供を遊ばせるなら、混雑する前の早い時間に限ります。
というわけで、ゴールデンウィークでも午前中は荒川遊園地はガラ空きで楽しめました。
お昼過ぎ、帰るころはどこも、人人人で、大変でしたよ~

休みの日ぐらいは、親の都合は置いといて、子供たちに目一杯楽しんでもらえる、余裕のある親でありたいものです。

亀有は桜の名所がたくさん 中川公園は穴場で、毎年混雑なし、ベビーカーでもOK

私は亀有に住んでいるので、お花見といえば、浅草の隅田公園や、上野公園なども30分程度で行けるんですけど、バカ騒ぎしている花見客で大混雑しているところに、小さな娘を連れて行きたくないし、そもそも、その大混雑はご免被りたいので、毎年、地元亀有の中川公園に行っています。

中川公園は、亀有駅前の我が家から歩いて10分くらい。
ベビーカーを押して、上の娘の手を引いて歩いても、15分はかかりません。
ただ、直接行くのではなく、中川公園の隣にある、大谷田南公園によっていきます。

大谷田南公園は、足立区立の公園で管理も行き届いているし、管理員のおじいちゃんが何人かいるので安心して遊ばせられます。
しかも、無料で貸し出してくれる、自転車があるのが、娘が気に入っているところ。
補助つきの自転車に乗って、公園内に自転車専用の道路があり、信号や横断歩道をはじめ交通ルールを学ぶこともでき、一石二鳥。
娘は自転車で遊んでいるつもりでも、交通ルールを勝手に覚えていきます。

親が、何もないところで教えようと思っても、結構難しかったりするので、遊んでいる中で覚えていっているので、娘本人は勉強しているつもりもないのに、大事なことを覚えてくれる。本当に、助かります。
午前中は、大谷田南公園で自転車に乗って遊んで、最後に園内にある列車に乗って、隣の中川公園に移動しました。
亀有お花見
亀有 お花見

亀有の中川公園は本当に快適なお花見ができる場所です

中川公園に移動。ある程度は予想していましたが、かなり桜が咲いていて満開でした。
それなのに、お花見している人は、あまりいない。

11時半くらいに、中川公園に行きましたが、数えるほどしか人がいません。
団体で、どんちゃん騒ぎをしている人もいないし、場所も選びたい放題。
満開のさくらの真下でも、余裕で場所取りできる状態。

ぱぱっと、桜の樹の下に場所を決める。
敷物を敷いて、お弁当を広げ、上を見ると満開の桜。
柔らかな陽射しが、優しい風が吹き抜け、春を体中で感じる。

目を閉じると、楽しげな家族の会話や、子供たちの声が心地よく聞こえてくる。
誰にも邪魔されず、ゆっくり桜を愛でながら、大切な家族と笑顔でお弁当を頬張る。
幸せな時間を過ごしてきました。
亀有 お花見
亀有 お花見

で、帰ってくるとインフォトップから報酬発生メールが来ていました。
亀有 花見
本当に、メルマガやブログは働き者です。
私が、お花見をしている間も、しっかりとお金を稼いでくれているんですから。

私にできたんですから、あなたにもできますよ。
もし興味があるなら、メルマガに登録してくださいね。

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ミッキーの家とミート・ミッキーはファストパスがないので、朝一がベスト

ミッキーの家とミート・ミッキーはファストパスがありません。
なので、朝一で行かないと、1時間待ちは当たり前の状態になります。

ゲートをくぐり、ディズニーランドへ入場。
入ってすぐのところで、係員さんと何人かの列がありました。
おそらく、ミッキーと写真写したい人の列でしょうね~列といっても5~6人。
9時になったらミッキーが出てくるのでしょう。

私たちは、構わず園内へ直進。
ワールドバザールには、キャラクターがたくさんいて、写真撮りたい放題の状態。
ディズニーランド
でも、私たちは、キャラとの写真は撮らずに構わず直進。
ワールドバザールを抜け、シンデレラ城が見えてきたところで、みんな待っています。
これ以上先には進めないようです。
ディズニーランド
仕方なく、写真を写して時間をつぶしていました。

そして、開園時間になったと同時に、解放されます。
すごい勢いで、みんな思い思いの方向に走っていきます。
私もベビーカーを押しながら、走ってトゥーンタウンに一直線!
上の娘も必死に走っています。
ディズニーランド

無事ミッキーの家に着いた時には、5分待ちの表示。
速攻、ミッキーの家にベビーカーごと入り、進んでいきます。
途中に部屋もあり、娘はビビり気味。

そして、ミッキーのいる部屋に入ったらとうとう泣き出しました。
さらに、逃げようとします。やっぱり本物のミッキーを間近で見て怖くなってしまったようです。

泣いているのを宥めながら、写真の順番を待ちます。
プロの人が写してくれるのは、1500円。持ち込んだデジカメで1枚ならキャストの人がタダで写してくれます。
泣きながら帰るといっている娘を抱きかかえて、写真を写しました。
ミートミッキー
ギャン泣きでしたけど、ミッキーと写真を写せてよかった^^

そして、ミッキーの家を出ると、すぐにミニーの家に。
ミニーはいないので、空いていました。

そこで落ち着いてから、ミニーの家を出ると、ママとばあばが待ってました。
ただし、トゥーンタウンには、たくさんのキャラクターがうろちょろしています。
そのすべてが怖いらしく、むすめは逃げ惑ってました。

ポップコーンを買おうと、ポップコーンのワゴンを探していると、
デイジーがいました。デイジーは娘が大好きなキャラクターです。
娘は一緒に写真を撮りたいと言います。また泣いちゃうんじゃないかな~と思ってたら、
さっきミッキーと写真を写したのが自信になったのか、今回は笑顔でパチリ。ママと一緒です。
ディズニーランド
笑顔で写真が撮れてよかった~

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーランドに15分早く入れる、ハッピー15エントリーは、この上ない優越感があります。

翌朝起きて、明るくなってきた外の様子はこんな感じでした。
ディズニーランドホテル

朝食は、ディズニーランドホテルの1階シャーウッドガーデンで食べました。
当然のように、予約済みで、予約時間の10分前に行って、少し待ってすぐに案内してくれました。
ディズニーランドホテル 朝食

ビュッフェスタイルで、和食も、洋食も充実していましたよ。
パンも5~6種類あったかな~とても充実していました。私は3回、おかわりに行きました^^
子供用に、こんな風な用意もありました。かわいくって、汚さないで持って帰ってきました。
ディズニーランドホテル
他に、3階ロビーの朝食もあるようです。とても明るいので、そこで食べる手もありますね。
また、コンビニでサンドイッチとかを買って部屋で食べる手もあります。そちらのほうが安いですが、ディズニーランドホテルに泊まってまで、お金の心配はしたくないですし、お金を気にせず楽しめないと、来た意味ないですしね。夢の世界なんですから。

朝食のあと、部屋に戻り窓から外を見ると、東京ディズニーランドステーションの向こう、ディズニーランドの入り口前に既に大混雑している人たちの列が見えました。まだ、開園1時間以上前だというのに… 僕らはゆったりと荷物をまとめて、ディズニーランドへ。

ディズニーランドホテルの宿泊者は、ハッピー15エントリーというサービスで、ディズニーランドに早く入場できます。
実はこれが結構楽しみでした。嫁さんとお母さんは、荷物まとめて準備してから、ゆっくり行くということで別行動に。娘はミッキーマウスに会いたいとずっと前から言っていたので、朝一で「ミッキーの家とミート・ミッキー」に行くのが目的です。

ディズニーランドホテルから、リゾートラインの駅を通って、ディズニーランドの入場ゲートへの一本道には、殆ど人がいません。
その両脇には、大混雑の数千人以上のディズニーランドの入場を待っている人々。
ディズニーランド
これ、たまらないです。ものすごい優越感。
朝早く、部屋から大混雑しているのを見ているだけに、何とも言えない充実感というか、特別扱いされてる感。
本当にいいですよ~ 娘のためにそうしてあげている感、ディズニーランドホテルに泊まって本当に良かったと、心の底から思えましたもん^^

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーランドホテル、ここは外国? ディズニーリゾートを堪能するには絶対です!

イクスピアリから、ディズニーリゾートラインに乗って、東京ディズニーランドステーションへ。
今回乗った、リゾートラインはトイストーリーマニア号。娘は、はしゃいでいました^^
トイストーリーマニア号

東京ディズニーランドステーションを降りて、向かうのはディズニーランドと反対側のディズニーランドホテル。夕方の陽の中に、ディズニーランドの喧騒から切り離された、ファンタジックな空間が広がっています。
ディズニーランドホテル
ディズニーランドホテル

振り向くと、ディズニーランドステーションに明かりが灯されています。
ディズニーランドステーション

もう、この雰囲気。すっごくいいです。
お母さんは、外国みたいだね~って、言ってましたけど、本当にそんな感じです。

ロビーは3階。エレベーターに乗ると、ミッキーマウスとグーフィーの声で案内してくれます。
チェックインを済ませている間、娘と一緒に散策。ホテルのロビーはこんな感じです。
回転木馬のオブジェや、プリンセスのお城のオブジェ、そして、とにかく天井が高くて気持ちいいです。
ディズ二ーランドホテル

案内された部屋はこんな感じで、ディズニーランド側の部屋です。
ディズニーランドホテル
お風呂、トイレは別々で、お風呂は子供たちを洗うの十分な広さがあり、湯船も私が足が伸ばせるくらいなので結構広いです。

お風呂に入る前に、ホテル内を散策しました。
1階には、24時間オープンのコンビニがあります。お菓子もビールも発泡酒も売っていました。ディズニーランドホテルオリジナルの商品も置いてあったので、結構楽しいです。値段は、ちょっと高いぐらいで、普通に気兼ねなく買えます。 ビールの350mlが300円だったかな~部屋にあったビール350mlが400円だったので、まあ、部屋でも、コンビニでもいいかなって感じです。

また、1階にある、おみやげやさんですが、嫁さんが、お客さんがほとんどいなくて、こんなにゆっくりとおみやげ買えるとこってディズニーランドにはないかも。しかも、ディズニーランドホテルのオリジナル商品もあるので、今後、ディズニーランドであみやげ買わないで、ここで買おうかなって言っていました。
ゆったり、ゆっくり、ディズニーリゾートを楽しむなら、やっぱりディズ二ーランドホテルがいいのかもしれません。

ちなみに、3月12日は火曜日で平日でしたが、ディズニーランドホテルは満室だそうです。
それなのに、こんなに快適に過ごせるとは、やっぱりみんな、ディズニーランドが終わるまでいるでしょうね。だからホテルは人が少ない、そう思います。

小さい子連れの私たちは、夜のディズニーランドは諦めていたので、ゆっくりホテルで過ごせて本当に良かったです。
実は昔、他のディズニーオフィシャルホテルに泊まったことがあるのですが、ここまでゆっくりした記憶はありません。ディズニーランドの目の前にある、ディズニーランドホテルだからこそ、味わえる感覚なんでしょうね~

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

イクスピアリのイタリアン、ピッタゼロゼロで夕食です。

レジェンドオブミシカが終わり、アリエルにも会って、ディズニーシーを後にして、ディズニーリゾートラインでリゾートゲートウェイステーションへ。
早めの夕食をイクスピアリでと決めていました。お店はイタリアンのピッタゼロゼロ。ピッタゼロゼロは水道橋にもあったんですけど、そこで私たちの結婚式の二次会をやった思い出のレストランです。

5時過ぎくらい、ピッタゼロゼロに着きましたが、お客さんはほとんどいません。子連れでベビーカーでも全く問題ない、広い店内は、とても落ち着く空間です。子連れだといろいろ気を使いますが、時間が早いこともあって、本当に気楽でした。

さて、夕食の注文は、まずはキッズセット。
娘の大好きなものばかりで、とても喜んでいました。
ピッタゼロゼロ
少し残したので私が食べましたが、少し甘めの味付けでおいしかったですよ~

私たちは、まずはピザを2枚。
ピッタゼロゼロ
ピッタゼロゼロ

さらに、ピッタゼロゼロ自慢の目の前で和えるカルボナーラ。
濃厚なチーズのうまみが、本当に堪能できる美味しいカルボナーラです。
ピッタゼロゼロ
ピッタゼロゼロ

そして、イタリアンビールのモレッティと、おかわりできるフォカッチャ。
このフォカッチャも美味しいんだこれが。
ピッタゼロゼロ

相変わらず、すべてが美味しかったです。
特にピザは、石窯で焼いていて「真のナポリピッツァ協会の認定店」にもなっているほど。
夕食に選んでよかったです。

さーて、ディズニーランドホテルに向かいますか!

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

レジェンドオブミシカ 素晴らしくって圧倒されて、涙出てきました

レジェンドオブミシカが始まりました。
娘も抱っこして、観ています。怖がるかな~と思ったけど平気で、船が来ると誰が乗っているのかな~と興味深げに凝視していました。
レジェンドオブミシカ

次々と船が来て、キャラクターたちも出てきて、ショーもだんだん盛り上がってきます。
チップアンドデール

私は、まず音楽に圧倒されました。さらに、船が岸について踊り子さんたちが下りてきて、目の前で踊り始めます。
その間にも、多きな船の間をすり抜けるように、ジェットスキーたちが駆け抜け、カイトを自在に操り、幻想の世界にどんどん引き込まれていきました。
レジェンドオブミシカ

キャラクターたちも船の上で踊って、それを見ている娘も大興奮。「ミニーだ!」「ドナルドだ!」「グーフィーだ!」と叫びまくります。
レジェンドオブミシカ

レジェンドオブミシカ、とってもいいです。
何がいいって? すべてです。音楽もそうだし、視覚的なもの、あらゆる装置、仕掛け、ストーリー。すべてが幻想の世界でした。

観ている最中、なぜだか、涙が流れていました。
花粉症のせいではない、ジワーッと広がってきた感動に、涙が自然と流れていました。

レジェンドオブミシカを観た後は、マーメイドラグーンシアターへ、アリエルに会いに行きました。
20分程度待っただけで、ホールに入れました。やっぱり、すごいなーとストーリーやショーだけではなく、天井の装置やセットなどを入念に見てしまいました。 娘は怖かったようで、目を伏せショーが終わるまで寝たふりをしていました。

もともと怖がりで、着ぐるみが怖くって仕方ない娘なので、今はそれでも仕方ないなーと。徐々に慣らせていけば、ちょっとはマシになるでしょう。

というわけで、アリエルに会った後は、もう16時過ぎになっていたので早めの夕食に向かいました。
ディズニーシーから出ようと、ゲートに向かっている途中、グーフィーがいました。
上の娘は早々に大回りしてに逃げていたので、下の娘だけでも一緒に写真を撮ろうかな~と1枚撮ってもらいました。
グーフィー

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーシー、開園から30分くらいたってから入園。スムーズに入園できました

リゾートラインで、ぐるっと回り、ディズニーシーステーションに到着。
駅のホーム、フォトスポットで写真を撮ってから、エレベーターで改札に。
改札を出て、ディズニーシーの入場ゲートに、ベビーカーを押しながらゆっくり向かう。

人はまばらで、入場ゲートも特に混雑はなく、ベビーカーでも悠々と入園できた。
大きな地球儀の前で、写真を撮る人がいっぱい。うちらもささっと写真を写して、メディテレーニアンハーバーに移動しました。
やっぱりいいですね~天気がいいので本当に気持ちがいい。日本じゃないみたいです。

午前中の予定は特に決めておらず、娘がダッフィーのショーを見たいと言っていたので、そっち方面にアトラクションの様子をうかがいながら、歩いて行きました。
トイストーリーマニアや、タワーオブテラーは10時前だというのに、通りがふさがれるほどの大混雑。
アメリカンウォーターフロントを抜けて、ケープコッドヘ。いくらか人並も落ち着いてきたが、それでも人は多い。
ケープコッド
ダッフィーのショーがやっているレストラン、クックオフはまだ閑散としていたので、いきなりですが、お買いもの。ダッフィー関連のグッズを買いたいと前からいていたので、ちょうど良かった。
といっても、私はベビーカーと一緒に、外で待機です。
おみやげやさん
娘や嫁さん、嫁さんのお母さんに楽しんでもらうために、今回は企画したので、外で待機でも全然苦になりません。むしろ、天気がよくって気持ちいい!
じっとしていると、ベビーカーに乗っている娘が泣き出すので、ゆっくりと周囲を散策しました。
待ったのは40分くらいかな~レジも相当混んでいたらしく、やっと買い物を終わって店から出てきました。
レストランのクックオフは徐々にお客さんが入っている様子だったので、10時半でしたが、早めの昼食に。私はブルーリボンセット、ハンバーガーと、フルーツグラタンと、ドリンクのセット。案内された席はホールのほぼ中央。舞台を正面から見れたので、とっても良かったです。
マイフレンドダッフィー
ショーは10分程度の2パターンが、繰り返しやっていました。4歳の娘は夢中になって観ていました。よっぽど楽しかったんでしょうね~食べ終わってからも時間ぎりぎりまで夢中になって観て、一緒に歌ったり手拍子したりしていました。
11か月の下の娘も、わかっているのかどうか、わかりませんが、舞台のほうを見てニコニコしていました。それを見ていたら、私も嬉しくなりました。

クックオフを11:30に出ると、クックオフに入るのを待っている長い列が…
店内も込み合ってきていたので、マイフレンドダッフィーを鑑賞するなら、クックオフには11時くらいまでに入っておくべきでしょうね。

さて、クックオフを出た後は、別行動。
お母さんに、ぜひ、BBB、ビッグバンドビートを観てもらいたかったので、娘二人は私が預かって、嫁さんとお母さんはアメリカンウォーターフロントの劇場に向かいました。ビッグバンドビートは1回目が12:30からだったので、間に合うかな~と内心ドキドキしていましたが、結構余裕で間に合ったようです。

娘を預かった私は、娘がシェリーメイと写真を撮りたいといっていたので、クックオフのすぐ近くで長蛇の列になっている列に並ぶことにしました。40分待ちとのことでしたが、30分くらいで順番が回ってきたら、一緒に写真を撮りたいといっていた4歳の娘は、急に着ぐるみが怖くなってしまったようで、ギャン泣きし逃亡。係りのお姉さんたちが捕まえて、宥めようとしましたが、泣き声は大きくなる一方。
仕方なく、ベビーカーに乗って起きていた、下の娘と一緒に写真を撮りました。
シェリーメイ

シェリーメイから離れ、泣いている娘を宥め、ベビーカーを押して、手をつないで、アメリカンウォーターフロントへ向かいます。
ちょうどお昼の時間帯のせいか、開園直後のような人だかりはなく、ゆったりと歩きながら、その途中やっているショー「テーブルイズウェイティング」を立ち止まって鑑賞しつつ、ビッグバンドビートがやっている劇場前に到着。
ビッグバンドビート
少し待っていると、たくさんの人たちが出てきました。その中に、嫁さんとお母さんもいて、合流しました。
二人とも、楽しかったようで、満足してくれて良かった。またまた嬉しくなりました^^

そのあとは、パレード「レジェンドオブミシカ」まで少し時間があったので、アラビアンコーストまで、みんなでお散歩。
アラビアンコーストでは、下の娘を前抱っこして、上の娘も一緒にキャラバンカルーセルに乗りました。抱っこしているので木馬にはまたがることができず、馬車のような乗り物に座ることしかできませんでしたが、楽しんだようです。

その後、メディテレーニアンハーバーに移動。
既に、レジェンドオブミシカが始まる寸前で、多くの人が重なるように、メディテレーニアンハーバーを囲んでいました。
私たちは、何とか見えやすい場所を確保したところで、レジェンドオブミシカが始まりました。