ディズニーシーで落とした、スマホがどうなったか?

結論から言うと、
ディズニーリゾートは、やっぱり桁外れに、スゴイことを実感!!

これ以外に、言いようがありません。
ディズニーリゾート
先週、家族でディズニーリゾートに7周年の結婚記念日で、
家族でお泊りで遊びに行ったときのこと。

17時からディズニーシーに入って、
アトラクションで遊んで、食事して、
七夕のスペシャルステージを見ました。

ブロードウェイシアターの
七夕のスペシャルステージで、
娘たちが演出や、音に驚き、
若干泣いてしまったこと以外は、
いつもと変わらず楽しんでいました。

ブロードウェイシアターから出ると、
すぐに夜のショー、ファンタズミックが始まりました。

悪者が出てくるショーで、
娘たちは怖いようで、見たくないとのことで、
お姉ちゃんは、ママと一緒にお買い物、
オチビは何か食べたいと言ってたので、
ベンチに座り、私と一緒に外にいました。

お買い物が終わり、ママとお姉ちゃんが来ると、
ショーの最中、出口に向けて歩き、
パークを出て宿泊しているホテルに向かうため、
リゾートラインのホームに上がりました。

そこで、ふと胸ポケのスマホで、
時間を確認しようとしたら、スマホがない!!

いくら探しても、どこのポケットにもなくて、
嫁さんに電話をかけてもらっても、音も聞こえず。

落としたな…

なんで、こんな日に…

ホームにいたキャストの方に事情を話すと、
駅の改札を出たところにインフォメーションがあるので、
そこで聞いてみてくださいとのこと。

嫁さんと、娘たちを、その場に残し、
走ってインフォメーションへ。

当然、諦めてましたよ。
人混みの中で落としただろうし、夜だし。

インフォメーションに行って事情を話し、
落としたスマホの特徴を教えると、
キャストのお姉さんがニコッと微笑み、
ちょっと待ってくださいねと、
バックヤードに消え、10秒後…

なんと!!
私のスマホを持ってきて、

これですか?

って、また微笑むじゃないですか~

私は、思わず、何であるの?
って聞いちゃいましたよ(笑)

私が最後にスマホを操作した記憶があるのは、
買い物を待って、オチビと一緒にいるときなので、20時すぎ。

リゾートラインのインフォメーションに私が着いたのは、20:50ころ。

何処に落ちてて、誰が拾ってくれたのか、聞いてみたら、
買い物を待っていたところから、少し入り口寄りの道に
20:10頃に落ちていたのを、キャストの方が拾って、
すぐに、届けてくれたとのこと。

確かにライトを振りながら、キャストがたくさん、
道案内というか誘導してたな~という記憶はあるが、
実はそれだけではなく、落とし物がないかっていうのも
見ていたんだと、改めて気づく。

スマホを落としたことに気づいた時点で、
半分以上あきらめていたにも、関わらず、
すぐに、手元に戻ってきて、嬉しいというよりも、
信じられないような心境でした。

家族が待っているリゾートラインのホームに急いで戻り、
スマホを嫁さんに見せると、なんで持ってるの?と、
まあ、当然と言えば、当然の反応。

パーク内で落として、1時間もしないうちに、
パークの外のリゾートラインの駅で落とし主の手元に
届くなんて、現実世界では考えられませんよね。

さすが、ディズニー。
夢の国、魔法の世界。

まさに、ディズニーの魔法によって、
落としたスマホが、戻ってきたような…

大事な日が、台無しにならずに済み、
素晴らしい結婚記念日を過ごすことができました。

ディズニーのサービスは凄いと思っていましたが、
今回ばかりは、心から凄いと、本当に思いました。

考えていることを超えて現実にすること。
突き詰めていくとできるんだなと、改めて思いました。

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ミッキーの家とミート・ミッキーはファストパスがないので、朝一がベスト

ミッキーの家とミート・ミッキーはファストパスがありません。
なので、朝一で行かないと、1時間待ちは当たり前の状態になります。

ゲートをくぐり、ディズニーランドへ入場。
入ってすぐのところで、係員さんと何人かの列がありました。
おそらく、ミッキーと写真写したい人の列でしょうね~列といっても5~6人。
9時になったらミッキーが出てくるのでしょう。

私たちは、構わず園内へ直進。
ワールドバザールには、キャラクターがたくさんいて、写真撮りたい放題の状態。
ディズニーランド
でも、私たちは、キャラとの写真は撮らずに構わず直進。
ワールドバザールを抜け、シンデレラ城が見えてきたところで、みんな待っています。
これ以上先には進めないようです。
ディズニーランド
仕方なく、写真を写して時間をつぶしていました。

そして、開園時間になったと同時に、解放されます。
すごい勢いで、みんな思い思いの方向に走っていきます。
私もベビーカーを押しながら、走ってトゥーンタウンに一直線!
上の娘も必死に走っています。
ディズニーランド

無事ミッキーの家に着いた時には、5分待ちの表示。
速攻、ミッキーの家にベビーカーごと入り、進んでいきます。
途中に部屋もあり、娘はビビり気味。

そして、ミッキーのいる部屋に入ったらとうとう泣き出しました。
さらに、逃げようとします。やっぱり本物のミッキーを間近で見て怖くなってしまったようです。

泣いているのを宥めながら、写真の順番を待ちます。
プロの人が写してくれるのは、1500円。持ち込んだデジカメで1枚ならキャストの人がタダで写してくれます。
泣きながら帰るといっている娘を抱きかかえて、写真を写しました。
ミートミッキー
ギャン泣きでしたけど、ミッキーと写真を写せてよかった^^

そして、ミッキーの家を出ると、すぐにミニーの家に。
ミニーはいないので、空いていました。

そこで落ち着いてから、ミニーの家を出ると、ママとばあばが待ってました。
ただし、トゥーンタウンには、たくさんのキャラクターがうろちょろしています。
そのすべてが怖いらしく、むすめは逃げ惑ってました。

ポップコーンを買おうと、ポップコーンのワゴンを探していると、
デイジーがいました。デイジーは娘が大好きなキャラクターです。
娘は一緒に写真を撮りたいと言います。また泣いちゃうんじゃないかな~と思ってたら、
さっきミッキーと写真を写したのが自信になったのか、今回は笑顔でパチリ。ママと一緒です。
ディズニーランド
笑顔で写真が撮れてよかった~

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーランドに15分早く入れる、ハッピー15エントリーは、この上ない優越感があります。

翌朝起きて、明るくなってきた外の様子はこんな感じでした。
ディズニーランドホテル

朝食は、ディズニーランドホテルの1階シャーウッドガーデンで食べました。
当然のように、予約済みで、予約時間の10分前に行って、少し待ってすぐに案内してくれました。
ディズニーランドホテル 朝食

ビュッフェスタイルで、和食も、洋食も充実していましたよ。
パンも5~6種類あったかな~とても充実していました。私は3回、おかわりに行きました^^
子供用に、こんな風な用意もありました。かわいくって、汚さないで持って帰ってきました。
ディズニーランドホテル
他に、3階ロビーの朝食もあるようです。とても明るいので、そこで食べる手もありますね。
また、コンビニでサンドイッチとかを買って部屋で食べる手もあります。そちらのほうが安いですが、ディズニーランドホテルに泊まってまで、お金の心配はしたくないですし、お金を気にせず楽しめないと、来た意味ないですしね。夢の世界なんですから。

朝食のあと、部屋に戻り窓から外を見ると、東京ディズニーランドステーションの向こう、ディズニーランドの入り口前に既に大混雑している人たちの列が見えました。まだ、開園1時間以上前だというのに… 僕らはゆったりと荷物をまとめて、ディズニーランドへ。

ディズニーランドホテルの宿泊者は、ハッピー15エントリーというサービスで、ディズニーランドに早く入場できます。
実はこれが結構楽しみでした。嫁さんとお母さんは、荷物まとめて準備してから、ゆっくり行くということで別行動に。娘はミッキーマウスに会いたいとずっと前から言っていたので、朝一で「ミッキーの家とミート・ミッキー」に行くのが目的です。

ディズニーランドホテルから、リゾートラインの駅を通って、ディズニーランドの入場ゲートへの一本道には、殆ど人がいません。
その両脇には、大混雑の数千人以上のディズニーランドの入場を待っている人々。
ディズニーランド
これ、たまらないです。ものすごい優越感。
朝早く、部屋から大混雑しているのを見ているだけに、何とも言えない充実感というか、特別扱いされてる感。
本当にいいですよ~ 娘のためにそうしてあげている感、ディズニーランドホテルに泊まって本当に良かったと、心の底から思えましたもん^^

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーランドホテル、ここは外国? ディズニーリゾートを堪能するには絶対です!

イクスピアリから、ディズニーリゾートラインに乗って、東京ディズニーランドステーションへ。
今回乗った、リゾートラインはトイストーリーマニア号。娘は、はしゃいでいました^^
トイストーリーマニア号

東京ディズニーランドステーションを降りて、向かうのはディズニーランドと反対側のディズニーランドホテル。夕方の陽の中に、ディズニーランドの喧騒から切り離された、ファンタジックな空間が広がっています。
ディズニーランドホテル
ディズニーランドホテル

振り向くと、ディズニーランドステーションに明かりが灯されています。
ディズニーランドステーション

もう、この雰囲気。すっごくいいです。
お母さんは、外国みたいだね~って、言ってましたけど、本当にそんな感じです。

ロビーは3階。エレベーターに乗ると、ミッキーマウスとグーフィーの声で案内してくれます。
チェックインを済ませている間、娘と一緒に散策。ホテルのロビーはこんな感じです。
回転木馬のオブジェや、プリンセスのお城のオブジェ、そして、とにかく天井が高くて気持ちいいです。
ディズ二ーランドホテル

案内された部屋はこんな感じで、ディズニーランド側の部屋です。
ディズニーランドホテル
お風呂、トイレは別々で、お風呂は子供たちを洗うの十分な広さがあり、湯船も私が足が伸ばせるくらいなので結構広いです。

お風呂に入る前に、ホテル内を散策しました。
1階には、24時間オープンのコンビニがあります。お菓子もビールも発泡酒も売っていました。ディズニーランドホテルオリジナルの商品も置いてあったので、結構楽しいです。値段は、ちょっと高いぐらいで、普通に気兼ねなく買えます。 ビールの350mlが300円だったかな~部屋にあったビール350mlが400円だったので、まあ、部屋でも、コンビニでもいいかなって感じです。

また、1階にある、おみやげやさんですが、嫁さんが、お客さんがほとんどいなくて、こんなにゆっくりとおみやげ買えるとこってディズニーランドにはないかも。しかも、ディズニーランドホテルのオリジナル商品もあるので、今後、ディズニーランドであみやげ買わないで、ここで買おうかなって言っていました。
ゆったり、ゆっくり、ディズニーリゾートを楽しむなら、やっぱりディズ二ーランドホテルがいいのかもしれません。

ちなみに、3月12日は火曜日で平日でしたが、ディズニーランドホテルは満室だそうです。
それなのに、こんなに快適に過ごせるとは、やっぱりみんな、ディズニーランドが終わるまでいるでしょうね。だからホテルは人が少ない、そう思います。

小さい子連れの私たちは、夜のディズニーランドは諦めていたので、ゆっくりホテルで過ごせて本当に良かったです。
実は昔、他のディズニーオフィシャルホテルに泊まったことがあるのですが、ここまでゆっくりした記憶はありません。ディズニーランドの目の前にある、ディズニーランドホテルだからこそ、味わえる感覚なんでしょうね~

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

イクスピアリのイタリアン、ピッタゼロゼロで夕食です。

レジェンドオブミシカが終わり、アリエルにも会って、ディズニーシーを後にして、ディズニーリゾートラインでリゾートゲートウェイステーションへ。
早めの夕食をイクスピアリでと決めていました。お店はイタリアンのピッタゼロゼロ。ピッタゼロゼロは水道橋にもあったんですけど、そこで私たちの結婚式の二次会をやった思い出のレストランです。

5時過ぎくらい、ピッタゼロゼロに着きましたが、お客さんはほとんどいません。子連れでベビーカーでも全く問題ない、広い店内は、とても落ち着く空間です。子連れだといろいろ気を使いますが、時間が早いこともあって、本当に気楽でした。

さて、夕食の注文は、まずはキッズセット。
娘の大好きなものばかりで、とても喜んでいました。
ピッタゼロゼロ
少し残したので私が食べましたが、少し甘めの味付けでおいしかったですよ~

私たちは、まずはピザを2枚。
ピッタゼロゼロ
ピッタゼロゼロ

さらに、ピッタゼロゼロ自慢の目の前で和えるカルボナーラ。
濃厚なチーズのうまみが、本当に堪能できる美味しいカルボナーラです。
ピッタゼロゼロ
ピッタゼロゼロ

そして、イタリアンビールのモレッティと、おかわりできるフォカッチャ。
このフォカッチャも美味しいんだこれが。
ピッタゼロゼロ

相変わらず、すべてが美味しかったです。
特にピザは、石窯で焼いていて「真のナポリピッツァ協会の認定店」にもなっているほど。
夕食に選んでよかったです。

さーて、ディズニーランドホテルに向かいますか!

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

レジェンドオブミシカ 素晴らしくって圧倒されて、涙出てきました

レジェンドオブミシカが始まりました。
娘も抱っこして、観ています。怖がるかな~と思ったけど平気で、船が来ると誰が乗っているのかな~と興味深げに凝視していました。
レジェンドオブミシカ

次々と船が来て、キャラクターたちも出てきて、ショーもだんだん盛り上がってきます。
チップアンドデール

私は、まず音楽に圧倒されました。さらに、船が岸について踊り子さんたちが下りてきて、目の前で踊り始めます。
その間にも、多きな船の間をすり抜けるように、ジェットスキーたちが駆け抜け、カイトを自在に操り、幻想の世界にどんどん引き込まれていきました。
レジェンドオブミシカ

キャラクターたちも船の上で踊って、それを見ている娘も大興奮。「ミニーだ!」「ドナルドだ!」「グーフィーだ!」と叫びまくります。
レジェンドオブミシカ

レジェンドオブミシカ、とってもいいです。
何がいいって? すべてです。音楽もそうだし、視覚的なもの、あらゆる装置、仕掛け、ストーリー。すべてが幻想の世界でした。

観ている最中、なぜだか、涙が流れていました。
花粉症のせいではない、ジワーッと広がってきた感動に、涙が自然と流れていました。

レジェンドオブミシカを観た後は、マーメイドラグーンシアターへ、アリエルに会いに行きました。
20分程度待っただけで、ホールに入れました。やっぱり、すごいなーとストーリーやショーだけではなく、天井の装置やセットなどを入念に見てしまいました。 娘は怖かったようで、目を伏せショーが終わるまで寝たふりをしていました。

もともと怖がりで、着ぐるみが怖くって仕方ない娘なので、今はそれでも仕方ないなーと。徐々に慣らせていけば、ちょっとはマシになるでしょう。

というわけで、アリエルに会った後は、もう16時過ぎになっていたので早めの夕食に向かいました。
ディズニーシーから出ようと、ゲートに向かっている途中、グーフィーがいました。
上の娘は早々に大回りしてに逃げていたので、下の娘だけでも一緒に写真を撮ろうかな~と1枚撮ってもらいました。
グーフィー

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーシー、開園から30分くらいたってから入園。スムーズに入園できました

リゾートラインで、ぐるっと回り、ディズニーシーステーションに到着。
駅のホーム、フォトスポットで写真を撮ってから、エレベーターで改札に。
改札を出て、ディズニーシーの入場ゲートに、ベビーカーを押しながらゆっくり向かう。

人はまばらで、入場ゲートも特に混雑はなく、ベビーカーでも悠々と入園できた。
大きな地球儀の前で、写真を撮る人がいっぱい。うちらもささっと写真を写して、メディテレーニアンハーバーに移動しました。
やっぱりいいですね~天気がいいので本当に気持ちがいい。日本じゃないみたいです。

午前中の予定は特に決めておらず、娘がダッフィーのショーを見たいと言っていたので、そっち方面にアトラクションの様子をうかがいながら、歩いて行きました。
トイストーリーマニアや、タワーオブテラーは10時前だというのに、通りがふさがれるほどの大混雑。
アメリカンウォーターフロントを抜けて、ケープコッドヘ。いくらか人並も落ち着いてきたが、それでも人は多い。
ケープコッド
ダッフィーのショーがやっているレストラン、クックオフはまだ閑散としていたので、いきなりですが、お買いもの。ダッフィー関連のグッズを買いたいと前からいていたので、ちょうど良かった。
といっても、私はベビーカーと一緒に、外で待機です。
おみやげやさん
娘や嫁さん、嫁さんのお母さんに楽しんでもらうために、今回は企画したので、外で待機でも全然苦になりません。むしろ、天気がよくって気持ちいい!
じっとしていると、ベビーカーに乗っている娘が泣き出すので、ゆっくりと周囲を散策しました。
待ったのは40分くらいかな~レジも相当混んでいたらしく、やっと買い物を終わって店から出てきました。
レストランのクックオフは徐々にお客さんが入っている様子だったので、10時半でしたが、早めの昼食に。私はブルーリボンセット、ハンバーガーと、フルーツグラタンと、ドリンクのセット。案内された席はホールのほぼ中央。舞台を正面から見れたので、とっても良かったです。
マイフレンドダッフィー
ショーは10分程度の2パターンが、繰り返しやっていました。4歳の娘は夢中になって観ていました。よっぽど楽しかったんでしょうね~食べ終わってからも時間ぎりぎりまで夢中になって観て、一緒に歌ったり手拍子したりしていました。
11か月の下の娘も、わかっているのかどうか、わかりませんが、舞台のほうを見てニコニコしていました。それを見ていたら、私も嬉しくなりました。

クックオフを11:30に出ると、クックオフに入るのを待っている長い列が…
店内も込み合ってきていたので、マイフレンドダッフィーを鑑賞するなら、クックオフには11時くらいまでに入っておくべきでしょうね。

さて、クックオフを出た後は、別行動。
お母さんに、ぜひ、BBB、ビッグバンドビートを観てもらいたかったので、娘二人は私が預かって、嫁さんとお母さんはアメリカンウォーターフロントの劇場に向かいました。ビッグバンドビートは1回目が12:30からだったので、間に合うかな~と内心ドキドキしていましたが、結構余裕で間に合ったようです。

娘を預かった私は、娘がシェリーメイと写真を撮りたいといっていたので、クックオフのすぐ近くで長蛇の列になっている列に並ぶことにしました。40分待ちとのことでしたが、30分くらいで順番が回ってきたら、一緒に写真を撮りたいといっていた4歳の娘は、急に着ぐるみが怖くなってしまったようで、ギャン泣きし逃亡。係りのお姉さんたちが捕まえて、宥めようとしましたが、泣き声は大きくなる一方。
仕方なく、ベビーカーに乗って起きていた、下の娘と一緒に写真を撮りました。
シェリーメイ

シェリーメイから離れ、泣いている娘を宥め、ベビーカーを押して、手をつないで、アメリカンウォーターフロントへ向かいます。
ちょうどお昼の時間帯のせいか、開園直後のような人だかりはなく、ゆったりと歩きながら、その途中やっているショー「テーブルイズウェイティング」を立ち止まって鑑賞しつつ、ビッグバンドビートがやっている劇場前に到着。
ビッグバンドビート
少し待っていると、たくさんの人たちが出てきました。その中に、嫁さんとお母さんもいて、合流しました。
二人とも、楽しかったようで、満足してくれて良かった。またまた嬉しくなりました^^

そのあとは、パレード「レジェンドオブミシカ」まで少し時間があったので、アラビアンコーストまで、みんなでお散歩。
アラビアンコーストでは、下の娘を前抱っこして、上の娘も一緒にキャラバンカルーセルに乗りました。抱っこしているので木馬にはまたがることができず、馬車のような乗り物に座ることしかできませんでしたが、楽しんだようです。

その後、メディテレーニアンハーバーに移動。
既に、レジェンドオブミシカが始まる寸前で、多くの人が重なるように、メディテレーニアンハーバーを囲んでいました。
私たちは、何とか見えやすい場所を確保したところで、レジェンドオブミシカが始まりました。

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーリゾート、3月は平日と言えども、学生さんで舞浜駅も混雑しています

2013年3月12日から、1泊でディズニーリゾートに行ってきました。
住んでいる亀有からは直通バスで1時間なのですが、今回はあえて贅沢して泊まりで。
しかも、平日で空いているのを狙って行きました。

ただ、時期的に高校生の卒業旅行時期に突入しているので、ある程度混むのは覚悟していましたが、朝9時の時点、舞浜駅で思っていたより混んでいたのでビックリ。電車が着くとしばらくの間、改札口から出る人の波は切れることなく続いていました。
舞浜駅の混雑
私たちは、荷物を預けるために、JR京葉線舞浜駅を降りてすぐ左、最も近くにある施設「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」に行きました。

開園時間が過ぎているので、空いているかと思いきや、結構混雑していました。といっても、本当に混んでいるときはもっとすごいんだろうな~私たちは、ディズニーランドホテルに宿泊なので、2階のディズニーホテルサービスカウンターへ。混み具合はこんな感じでした。並んで5分くらいでカウンターにたどり着き受付してもらえました。
東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター
ちなみに、プリチェックインとバゲッジデリバリーサービスのカウンターは別です。
今回、私たちはバゲッジデリバリーサービスだけ、荷物を預かってもらってホテルまで運んでもらうサービスのみ利用しました。
並んでから、手続きが終わるまで、約10分程度かな~
開園前はもっとすごかったのかもしれませんが、意外と客足は切れずに、どんどん並んでいました。
ちなみに、2階のディズニーホテルサービスカウンターは、ディズニーアンバサダーホテル/東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ/東京ディズニーランドホテルの宿泊客のみです。

そのほかの、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルに泊まる人は、1階の東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルサービスカウンターでの手続きになります。1階はものすごく混んでいました。1階の列が収まりきれずに、2階まで伸び、さらに、舞浜駅に向かって延々と伸び続けていました。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル(サンルートプラザ東京/東京ベイ舞浜ホテル/東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート/ヒルトン東京ベイ/ホテルオークラ東京ベイ/シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル)は安いですし、あくまでも経営が別のホテルですから、サービスカウンターが設置されているだけでも、便利だと喜ばないといけないでしょうね。高校生たちは、ほとんどこの列に並んでいました。荷物あずけるだけで何時間か待つようだと、かなりテンション下がりますよね~ だったら、コインロッカーに入れて、さっさと遊びに行くべきかなって思ました。

荷物を預けてから、ディズニーリゾートラインのフリーパスがもらえるので、それでディズニーシーへ移動。
さすがに朝は、多少混んでいますが、平日なのでぎゅうぎゅうではないです。ベビーカーでも全然大丈夫で安心しました。

ディズニーシーステーションに着き、改札に行く前に、ステーションのホームのバルコニーから写真撮影。
フォトプレイスと表示があったので、行ってみたんですけど、みんな一目散に改札に向かって行ったので人も誰もいなくって非常に綺麗にゆったりと写真撮影できました。スマホで撮った写真ですけど、プロが撮った写真みたいでしょ。
ここで集合写真を撮るのをお勧めします。
ディズニーシー
天気もいいし、娘と嫁さんに思う存分ディズニーシーを楽しんでもらいます!