福山雅治主演の映画 そして父になるを見て、育児をしている父親として思ったこと

私は、2人の娘を持つ父親です。
そして、2人の娘の育児を妻とともにしています。
娘から見ても、私は父親に見えるはずです。

と、ここから始めましょう。

映画「そして父になる」の主題は、父親とは何ぞやという部分から始まり、親と子供の関係というのは本当はなんなのかという事を、一度真剣に考えてみようよ、という是枝監督からの呼びかけに思えた。

福山雅治演じる父親の家庭は、もしかしたら、今の若い人たちが夢見るような生活を手に入れているかもしれない、ただそこには幸せに見えるけど、幸せとは程遠い、空虚な生活があるだけだというのを、映画冒頭で感じることができる。

エリートサラリーマン、残業と休日出勤の末手に入れた、下町の中に不自然にそびえ立つタワーマンションの高層階に、綺麗な妻と一人息子と住んでいる。
息子はピアノを習い、小学校は私立のお受験を受けている、まるでそれが当たり前のように。

妻も、表面上は文句を言わず、従順に父親に従ってはいるが、心の中の不満がたまっていて、精神的に張りつめている感は伝わってくる。
というのも、一人で息子を育て、自分には不釣合いではないかと思われるくらいの生活を手に入れてしまい、それに対応しようと、無理をしているのが、見ていてわかる。

そんな家庭に、幸せはない。
あるのは見せかけの幸せだけ。

6歳まで育てた子供が、もし、自分と血がつながっていないと突然わかったら

そんな、見せかけの幸せが続くと思っていた家庭に、大きな問題が投げかけられる。
あなたの息子は、生まれた病院でもしかしたら、取り違えがあった可能性があると。

そして、DNA検査の結果、生物学上、親子ではないという結論が出る。
そこから、見せかけの幸せは、崩れていく…

そんな風にして、物語は始まり、展開していく。

ここで、1つ考えてみる。
自分は生物学上、父親であると言える人は、多くいると思う。
イヌでも、ネコでも、人間でも、交尾した結果、子供が生まれた時点で、生物学上の父親にはなれる。

ここで考えるべき点は、あなたは生物学上の父親かもしれないけど、人間として、精神的に父親に成長していますかという事。
女性は元々、本能として母性があるうえに、子供を身ごもり、実際に生まれるまでの間に、充分に母親として学び、成長する期間がある。
また、生まれてからも、おっぱいをあげたり、世話をすることで、充分に母親として成長することができる。

この映画で、福山雅治の役、エリートサラリーマンの彼は、生物学上の父親ではあるが、残念ながら、父親に成長できていない、ただの男性です。

ここを勘違いというか、わかっていない男性が多すぎるのが、諸悪の根源なのである。

父親に成長できていない男性が、大多数の日本社会。
ですから、生物学上の父親ではあっても、精神的な成長がないから、ただの男性で、父親とは言ない。
その、父親に成長していない男性が動かしているのが、日本社会なのです。

ということは、母親の気持ち、子供の気持ちは斟酌できないくせに、なぜか、父親だとなぜか威張る。

映画の中では、6年間育てた子供と、血がつながっている生物学的な子供と、どちらを選ぶのかという選択が迫られる。
当然のように、育児をしていない、父親に成長していない、福山雅治は、二人の子供を同列に考えることができる。
なぜかって言えば、育児をしていない分、一緒の時間を過ごしていない分、子供に対する愛情が薄いからだ。

それに対して、専業主婦で子供を一人で悩み、あがき、苦労して育てた母親は、血がつながっていなくても、育ててきた6年間を捨てることなんかできない。当たり前の話だ。

自分のこと、自分に仕事のことだけに生きてきた男と、一生懸命、一人で子供を育ててきた、母親。
二人の意見が一致するはずがない。

この二人が、この先、ずっと幸せに生きていくには、福山雅治が父親に成長するしかない。
でも、なかなか、それに気づかない。

だから、この映画のタイトルは、「そして父になる」なのだ。

精神的に父親に成長するために、どうするべきか?

生物学上の父親は、動物と一緒で、人間的な父親ではない。
女に子供を産ませて、あとは、育ててじゃ、動物の父親と変わらない。
というか、動物だって育児に協力する父親はたくさんいる。

じゃあ、なぜ、日本の男性は、父親に成長できないのか?

仕事が忙しすぎるというのはあると思う。
朝から晩まで働いて、子供が起きている時間に家にいないとか、当たり前だったりする。
それなのに、子供を作る行為だけはできたりしてるので、ある意味不思議ではあるが…

まあ、それは置いておいて、男性が親としての意識は低いのは否めない。
特に、日本の男性は仕事さえしていればいいという風潮、雰囲気はあるので仕方ない部分もある。

ただ、だからと言って、その流れに身を任せて、自分を父親に成長させることをサボっている男性が、すごく多いのも事実ではある。

男性が人間的な父親になるためにはどうすればいいか、考えてみよう。

まず、男性には母性がない。
だから、親になる素質は、もともと女性より低い状態で生まれてくるのだ。

じゃあ、何でカバーしたらいいのか?

他の事例で考えてみよう。
例えば、プロ野球選手になるための素質も、体格もない人が、どうしてもプロ野球選手になりたいなら、努力するしかないよね。
素質がある人の何倍も、努力するしかないよね。

それと一緒ですよ。
もともと、親になる素質は、女性に劣るわけだから、女性以上に頑張るつもりで、育児しないと。
そして、それをカバーできるのが、時間です。

子供は、より多くの時間を過ごした大人に気を許します。
これは理屈ではなく、おそらく子供が持っている本能だと思います。

一緒により多く遊んだ、一緒に何か作業した、勉強した、など、一緒に過ごした時間に重きを置くのです。

じゃあ、男性はどうすればいいか?
一緒に遊びましょうよ。

仕事の日が無理なら、休みの日に、たくさん遊びましょうよ。
疲れたとか、任せたとか、面倒くさがるところじゃないでしょ。

父親に成長して、父親として、誰も変わることのできない、一生で一番大切な仕事を全うしましょうよ。
奥さんに任せて、子供と一緒に、子供のままでいるのは、止めましょうよ。

父親って、誰でもなれるものじゃないんですよ。
しっかり、学んで、成長して、その後にやっと父親になれるんです。

あなたの未来に、子供がほしいという願望があれば、また、もう子供がいるのなら、しっかり学んで、男性から、父親にレベルアップしてくださいね。

そして父になったと胸を張って、家族とともに嬉しい時間を過ごせるようになりましょうね。

映画 そして父になるは、子供はいるけど、父親になれていない男性、そんな旦那さんを持った奥さんが一緒に見るべき映画です。
地味ですが、一杯感じてください。たくさん考えてください。

父親とは何か?
親とは何か?

結論は、あなた自身が出しましょうね。