最高の離婚 脚本が最高 軽妙な会話が絶妙で面白い

最高の離婚の1回目を見ました。
離婚経験者からすると、なんとなく暗いのかなと思っていたが、
いきなり、そのイメージは破壊された。

瑛太と尾野真千子の会話が、最高に面白い!
これは、脚本家 坂元裕二の神業ですよ。

脚本家、坂元裕二って、ご存知ですか?
今までに書いてきた作品は、ことごとくヒットしている、
超売れっ子の脚本家さんです。

坂元裕二さんが書いて大ヒットした作品は、
あなたも絶対に知っていると思います。

同・級・生(1989年、フジテレビ) – 原作:柴門ふみ
東京ラブストーリー(1991年、フジテレビ) – 原作:柴門ふみ
二十歳の約束(1992年、フジテレビ)
愛し君へ(2004年、フジテレビ) – 原作:さだまさし『解夏(げげ)』
ラストクリスマス(2004年、フジテレビ)
西遊記(2006年、フジテレビ)
トップキャスター(2006年、フジテレビ)
わたしたちの教科書(2007年、フジテレビ)
猟奇的な彼女(2008年、TBS)
太陽と海の教室(2008年、フジテレビ)
Mother(2010年、日本テレビ)
さよならぼくたちのようちえん(2011年、日本テレビ)
それでも、生きてゆく(2011年、フジテレビ)

それで、今回の、最高の離婚です。
あなたの好きだった、ドラマはありましたか?

今回の最高の離婚には、瑛太と尾野真千子が出演していますが、
2010年のMotherでは、尾野真千子が出演しているし、
2011年のそれでも、生きてゆくでは、瑛太が出演しています。

今回は、この二人を夫婦で出演し。
ある意味、これまでの集大成的な感もあるでしょうね。

1話目を終わりました。
くすくすと笑える場面が、次から次へと繰り広げられ、
瑛太のキャラもハマっていて、面白い。

尾野真千子も、さすがの演技で、
瑛太とのやり取りが、思った通り面白い。

さらには、瑛太が歯医者で、はじけまくるんだけど、
そのキレかたが、半端なく面白い!

トドメはエンディング映像。
奇妙は雰囲気の中で、出演者たちが踊っています。
これも、笑えますよ^^  ぜひ注目してくださいね

ちなみに、このダンス、毎回、曲も振り付けも変わるそうです。
それもかなり楽しみ!

それではこれからも、よろしくお願いします!