東京都帰宅困難者対策条例が、親と家族の信頼を分断する

働いているお父さん、お母さん、東日本大震災の時、子供の安全を確保できましたか?
あれは首都直下型ではなく、東北で起こった地震です。
それでも、あれだけの大混乱を巻き起こしたわけです。

会社にお勤めのお父さんお母さん、今のうちに子供に言っておいてくださいね。
大きな地震や災害が来たら、あなたを守ることはできないから、しっかり自分で生き抜いてって。

なんで、こんなことを言うかっていうと、実際に考えられるというか、 東京都帰宅困難者対策条例とは、そういう条例です。

大きな震災、災害があった時には、お家に帰っちゃいけませんよという条例です。
だから、大きな地震が来た場合、会社員の人は、安全が確保されるまで、混乱が収まるまで会社で待機しなさいという決まりです。
これは、罰則なしの条例ではあるので、破ってもいい条例なのですが、大半の人は守ると思われます。

これは、東日本大震災の時の私の経験ですが、私は豊洲の会社から、亀有まで歩いて帰りました。
小さな娘と、嫁さんが大切だったからです。

9割くらいの人は会社に泊まったようです。
電車が動くようになるまで、待っていたようです。

私は安否もわからなかったので、必死になって歩いて帰りました。
革靴で足の裏に血豆ができてつぶれて、痛くても、疲れても、歩いて帰りました。

安否がわからない、もしかしたら、部屋の中で、嫁さんが大きな物の下敷きになって、その隣で泣き叫んでいる娘がいるかもしれない。
だったら、俺が帰らないと、二人を救うことができない。

また、大きな地震がさらに襲ってきて、マンションや、高層ビルが崩壊してしまって、みんな、もろとも死んでしまうかもしれない…

だったら、大好きな家族と共に死にたい。
だから、1秒でも早く家にたどり着きたい。

必死になって帰って、家に着いたら二人とも無事でした。

安心しました。
そして、嬉しかった~
心の底から、嬉しいと思いました。

翌週の月曜日、会社に行くと、みんなから、歩いてよく帰れたな~
凄いな~と大勢の人から、言われました。

殆どの人たちが会社に泊まり、翌日以降、電車が動き始めてから帰ったそうです。

その時、疑問に思ったんですよ。

パパさんも沢山います。
みんな、家族の事、子供の事、大切じゃないのかなって?

もし、奥さんが部屋で何かの下敷きになっていたら、小さな子供が、ママを救おうと頑張っていたとしたら、もし、さらなる大きな地震がきたとき、家族はどうでもよく、会社で死んでもいいと考えたのか?

それとも、何も考えなかったのか?
それとも、何もせずに、全部あきらめてしまっていたのか?

こいつら全員、どっちみち頭おかしいんじゃねーのって。
私はそう思ってしまったんですよ。

その、2か月後、会社を辞めました。

そして、大切な存在を守るために、試行錯誤した結果、アフィリエイトをはじめ、せどりを始め、今では、大切な存在をしっかり守ることができるようになりました。

今は、下の娘が、小児病棟に入院していますが、面会時間はフルに一緒にいてあげることもできます。
悲しいことに、小児病棟で面会時間になっても、ママが来てくれない子供とかも沢山います。
まだ、言葉もしゃべれないような子供よりも、優先する大切なことってなんなのだろうと考えさせられます。

また、小児病棟に、殆ど、パパはきません。
日曜日でも、祝日でも、パパは私以外に見かけたことがありません。

みんな、母子家庭なのかなって思うくらいです。
父親って、今の時代、家庭にいないのが普通なのかなって思ったりもします。

なんか、悲しいですよ。
ママもパパも、同じ親なんでしょって。

親がいない間、子供たちはみんなママ~って泣き叫んでいるんだよ。
来たいと思っているけど、来れないは、都合のいい言い訳でしかありません。

ちゃんと、子供を見てあげられるような働き方をしようよ。
どこでもいいからとかではなくって、しっかりそういう働き方ができるよう努力しようよ。

あ、ちなみに、共働きのパパママは、保育園とかにしっかり確認しておきましょうね。
日中、大きな地震で帰れなくなった場合、帰宅できるようになるまで、混乱が収まるまで、しっかり預かってくれるのか。

ちなみに、帰宅できるのは3日目以降だそうですよ。
1歳の子供であろうが、保育園に預けていたら、震災が起きた場合、3日間は会えないと思ってくださいね。

ネットは一切使えない前提で、また、電話も使えない前提で、しっかり対策を考えてくださいね。

私は、自分の家族は自分で守れるので、大丈夫ですが…

会社員のあなたは、子供にちゃんと言っておいてくださいね。
大きな災害があった時には自分は安全が確認できるまで帰ってこれないから、しっかり一人で生き抜いてねと。

それを言っとかなかったら、子供は親に助けてもらえるものだと期待します。
その期待を裏切る前に、しっかり伝えておいてください。

私は、そんなことを家族に言うことはできなかったので、自分の手で家族を守れるように、学び考え努力して、家族をしっかり守れるようになりました。

あなたは、どうしますか?

まずはお礼から。

せどり風神無料登録キャンペーンですが、
多くの方から、とってもいいツールを紹介していただき、ありがとうございました。
というメールをたくさんいただきました。

また、私が提供した登録特典プレゼントに関しても、多くの人からこんなに手の内を明かしてしまってもいいの?
というメールをたくさんいただき、喜んでいただきました。

そのお蔭もあり、トップ10にランクインし、総合順位で7位になることができました。

3千数百の読者数のメルマガで、何十万部のメルマガ読者を持っている人たちと肩を並べてランクインすることができました。

全ては、協力いただいたおかげです。

それと同時に、何万、何十万の読者がいなくても、3千数百の読者のメルマガでも、充分に稼ぐことができる、そういう証明ができたのかなと思っています。

私は、あなたから信頼いただき、私が持っている考え方、知識を発信して、価値提供をし、稼がせていただこうと常日頃から考えております。

それは、これからも変わりませんし、さらなる価値を提供できるよう、学びつづけようと思っています。

あらためまして、ありがとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いします。

本来であれば、せどり風神キャンペーンが終わった昨日、記事を書くつもりだったのですが、書けませんでした。

というのも、1歳5か月の娘が入院したので、ちょっとバタバタしていたんです。

日曜日から、40度の高熱を繰り返していて、お薬も飲んでいたんですが、あまり状態は良くならず、いつも通っている小児科で、一度、精密検査した方が安心ですよと言われ、その足で、慈恵医大という近くの大きな病院にタクシーでいきました。

内診、レントゲン、血液検査、点滴、半日かけて検査してもらい、RSウイルスと軽い肺炎を併発しているとのこと。

入院でも、通院でもどちらでもいいと言われたのですが、7月から娘の体調が不安定だったのと、状態が急変した時の対応等を考えた時、一度入院して、全部診てもらったほうが安心だと、瞬時に決断し、入院させることにしました。

さいわい、私の時間は自由になるので、面会時間は私がフルに付き添っていられるし、保育士さん、看護師さん、医師の方々。
みんながしっかり娘のことを見ていてもらえるので、そのほうが、娘の身体にとって一番だなと判断しました。

自分の状況とか、殆ど考えず、お金のことも一切考えず、ただ100%、娘の身体にとって何がベストなのか?
それだけで、判断できる状況を作れている自分が、本当に良かったと、心から思いました。

会社員であれば、会社の仕事のことや、収入の事、面会時間の事、いくらかかるのかという事、娘の身体以外に、色々な要素を考え無くてはならないし、娘の身体以外の理由で、娘の身体を最優先にできない状況だって、充分にあり得るわけです。

それが、娘の身体を最優先、それ以外の要素は全く考えず決められるという幸せ。
本来は、これが当たり前なんですけど、現実問題、できない人が凄く多い。

当たり前のことが、当たり前にできる、その環境を、自分の力で作り出してゆくことこそが、本当は、必要なんじゃないかなと、考えるわけです。

インターネットで稼いで、旅をして、美味しいものを食べて、旅行先でメール一通で何百万円も稼ぎましたって、そんなイメージばかりネットビジネスでは、先行しているけど、私が考える自由って、そういう事よりも、大切な存在を大切にできる自由。

それが、本来の目的なんじゃないかなって。

大切な存在を守るために、人は働くんじゃないかなって。
働く意味って、全てはそこに集約されるんじゃないかなって、最近は、そう考えるようになってきました。

今のあなたの働き方は、
大切な存在を、守ることができますか?
大切な存在を、守れる自由はありますか?

一度、考えてみてくださいね^^

今日は、15時から20時までが面会時間です。
その時間はずっと、入院している娘との時間です。

サラリーマン思考の悪いところ、それは与えられることに慣れすぎていること

ゴールデンウィーク、楽しんでいますか?
私は、家族とともにノンストレスなゴールデンウィークを過ごしています。

ゴールデンウィークは祝日が連続している、国から与えられた、または会社から与えられた連休です。
いわば、与えられた休み時間です。自分で獲得した時間ではありません。

これを前提に、考えてください。

ゴールデンウィークの渋滞や混雑のニュースを見て、想うことがありました。
リサーチが足りない、または親が自分の欲望を優先して、子供たちにストレスを与え、無理やり連れて行って、写真を撮って、楽しかっただろと、無理強いしてる人多すぎだな~と。

さらには、親の行動が誤っているにもかかわらず、勝手にイライラして、機嫌悪くなったり、子供にあたってたり…
見てられません。子供たちが可哀相すぎます。

良く見る具体的な例だと、大きな商業施設にフードコートってありますよね。
私の家の近くにも、アリオという大きな商業施設があります。

ここのフードコートって、休日は11時過ぎになるとほぼ満席になります。

12時にきても座るところ探すのに一苦労だし、お腹を空かせている子供たちを待たせるのは、とっても可哀相です。

なのに、12時頃に家族で来て子供がお腹すいた~って泣いて、親は席を探しているけど、なかなか見つからない、そのうちに親がイライラしてきて、泣いてる子供に「だまれ!」と怒る。

もうね、言語道断だし、楽しい休日を過ごしているはずが、親の行動によって台無し。
こういう光景を、行くたびに多く目撃します。

親は疲れに行ったようなもので、子供たちはお腹空いて、わけもなく怒られて、誰も、幸せじゃないし、楽しくないです。
だったら家族で出かけなかった方が、幸せだったという本末転倒な話です。

なぜ、休日にわざわざ疲れに行くのか?ストレスを貯めに行くのか?

私は疑問です。
せっかくの休みを、イライラして、子供たちに怒鳴って、怒って、ストレス貯めて、疲れて…
休日なんだから、家族と一緒に出掛けるんだから、楽しく幸せに過ごさないと意味ないのにな~と。

簡単なことなんです。予想して行動を組み立てればいいだけです。
お昼を11時に食べる予定で、親がしっかりと行動するだけです。

そうすれば、みんな笑顔でゆっくりとお昼ご飯を食べられますよね。
みんな笑顔で、みんな幸せなわけです。

でも、毎日何十組っていう家族の子供たちが、
こういう被害を受け、大きなストレスを与えられています。

で、なんでこうなるか考えてみたんですよ。
そうしたら、行き当たる話が、サラリーマン思考という事。

12時にお昼を食べるということが多くの人がする行動。
この、多くの人がする決まった行動をすることが日常なんですよ。
だから、毎回そうなんですよ。

それが当たり前で、それ以外のことを思いつかない、そして行動できない。

休日まで、家族と一緒の時間までサラリーマン思考で生きてるわけです。
家族と一緒のときくらい、サラリーマンである自分をやめればいいのにと思いますが、恐らく、それすら気づいていないんです。

まあ、日本の教育はサラリーマンを育てるために作られています。
会社に勤めて、だまって真面目に働くロボットの量産を国が主体となってしているんです。
それが一番、国にとって都合がいいからという理由だけです。

その教育制度に適応できない個体、子供たちは、落ちこぼれと呼ばれます。
その落ちこぼれ子供たちは、サラリーマンに慣れない図式です。

ですから、サラリーマン思考が染みついているのは仕方がないことです。
与えられたことに対して、考え、行動する。これがすべてです。

でも、これはネットビジネスで稼ぐと、こういった思考や行動がなくなります。

前提としては、真っ当な方法で稼ぐという事。
家族と一緒の時間を過ごして稼いでいるという事。

この2つをクリアしている親は、家族も幸せな時間を過ごしているはずです。

グレーな方法で稼いでたり、稼ぐために家族を放っておいて、全国を飛び回っているような人は論外ですが…

何故かって?
相手の気持ちを考えるようになるからです。

ネットビジネスで稼ぐためには、物販であれ、せどりであれ、アフィリエイトであれ、購入してもらった対価に対して、収入を得ます。

収入を得るために、購入してもらう。
購入してもらうには、購入してくれる側の気持ちを考える。

いかに購入者になる人に利益を与えることができるか、
いかに購入者になる人に喜んでもらう事ができるか、

そのために、いろいろ調べたり、
自分で色々な行動をして、喜んでもらったり。

そういうことが自然にできるようになって、
ネットビジネスで稼ぐことができるようになるんです。

そして、それが日常生活で生きてくるんです。
自然と、嫁さんの気持ち、子供たちの気持ちになって考え、調べ、行動することが自然に出来るようになってるんです。

こうなったら、みんな幸せになれるんです。
みんなが笑顔になれるんです。

サラリーマン思考だと、なぜできないか?
与えられたことに対して、考え行動することに慣れすぎているからです。

自分で気づき、考え、行動することが、いつの間にかできなくなっているんです。
というか、自分で気づき、考え、行動することを教育されてきていないんです。

なぜかわかりますか?
国にとって都合が悪いからです。

国民一人一人が、気づき、考え、行動したら、国は形を成しません。
なぜか? 矛盾した憲法、法律、制度が無数にあり、それを利用して統治しているからです。

国民が幸せになるために、政治家がいるのではないですから。
残念ですが、事実です。
この話は、長くなるので、また別の機会にしようと思います。

だから、自分も笑顔になれないし、家族も笑顔になれない。
考えもしない、行動もしないので、未来永劫そのままです。

満足してないくせに、仕方ないと諦めたり、いろいろな言い訳ばかり考えているんです。
そんなところに、頭使ってどうすんの?

あなたは、いいですよ。
それで生きてきて、諦めているわけですから。
その行動も考えもを改めようとしないわけですから。

でも、子供たちは可哀相です。
あなたの、サラリーマン思考のお蔭で、楽しいはずの休日に色々なストレスにさらされ続け、諦めている大人の姿を見せられ続けるわけですから…

ホントに可哀相です。
未来に希望が持てない子供って、本当に可哀相です。

せめて、子供の人生だけでも救ってあげてほしいです。
せめて、子供だけでも、笑顔にしてあげてほしいです。

本当にそれだけは、お願いします。
諦めた人生を子供に見せ続けるの辞めてください。
子供が笑顔になれるような、未来をあなたが見せてあげてください。

あなたの未来、あなたの子供の未来、あなたの家族の未来、毎日の積み重ねで、変わってきます。

今のままの毎日を、積み重ねていって、あなたは、子供たちは、家族は、幸せになれますか?
じっくり考えてみてください。

私は、アフィリエイトと、DVDせどりで、私自身、家族の笑顔を取り戻し、運命に逆らい、全てを変えました。
全ては私が行動しただけです。

あなたの未来は、あなたの行動でしか変えることができません。
真剣に未来を、考えましょうね。

育休の取得可能期間が1年6か月から最長3年に延長に見直す考え

アベノミクスの成長戦略の一環として、女性が復職しやすい環境を整えていく狙いで、現行法の育児休業最長1年6か月から最長3年取得できるよう見直す考えを、安部首相がテレビ出演で語った。

さらに、待機児童をゼロに向けて、安倍政権として20万人分の保育所を整備し、5年間で待機児童をゼロにしたいとも語った。

見直し時期、実施時期については、まだ未定ではあるが、政府としてこういった方針を打ち出したのは、いいことだと思う。大いに応援したい。

私はイクメンを語り、2人の娘を育てています。
朝晩の食事は一緒にとり、保育園の送り迎え、2人の娘のお風呂、2人の娘の寝かしつけ、家族みんなで過ごす時間、遊べる時間をできるだけ多く持つように心がけています。育児は大変だな~と本当に思います。育児を一人でこなしているママたちは、本当に凄いな、頑張っているなって思います。

仕事がしたくて、働きたくて仕事をするママ、また経済的理由から働かざるを得ないママ、ひとり親のために子供を置いて会社に行かなくてはならないママ、いろいろな状況、意識のママたちがいるので、すべてを一緒に考えている政策は、私からすると「もっと国民に気を利かそうよ」って言いたくなります。

ちょっと、話がそれたので、戻します。
「育休の取得可能期間が1年6か月から最長3年に延長に見直す考え」という安倍首相の言葉。

でも、ちょっと待てよ。育児休業の取得可能期間3年って、前からそうじゃなかった?
私の妹は3年取れるって言ってたし、友人の中にも3年取れるって言っていた人もいるぞ。
でも、私の嫁さんは最長で1年6か月って言ってたな~ あれ、おかしいぞ。

育休の最長取得可能期間の謎

公務員は以前から育休の最長取得期間は3年です。
企業は会社によってまちまちなようで、大手企業は3年のところもあるようですが、本当に会社によってバラバラです。

安倍首相が言っているのは、育休の取得可能期間が1年6か月に企業に対して、一律3年にしようよっていうことのようです。
安倍首相の言っていることは、とってもいいことだと思います。

ただ、残念なのが、制度として最長3年間の育休可能としても、実際は使われないだろうな~ということです。
もっと、突っ込んだ部分を改革していかないと。

まずは、会社の雰囲気。
しっかり仕事を続けたい、キャリアを重ねていきたいという女性が、3年も休めるはずないじゃないですか。
3年も休んだら、会社自体の雰囲気も変わる、戻る部署だって様変わりしている、3年も休んで子供を抱えた状態で、元通りの仕事はできるはずもありません。

なので、働くのが好きなママ、キャリアを積んでいきたいママたちは、現状でも育休を取らないで、産休明けに保育園に預けて仕事復帰しているママも沢山います。

育休の取得可能期間を延ばすのは結構です。
ただ、それを実施する会社側に、ママたちが長期間休んでも、責任ある仕事を任せることができる雰囲気、育児休業をしたことが働き続けていくうえで不利にならない制度を充分に整えていかないと、有名無実の政策となってしまいます。

また、育休を取っている間の、支払について。
これが、意外と気が付かない落とし穴で、その時になって始めて気づいて、大きな障害になってきます。

育休中の給料ですが、会社によっては産休中も育休中も満額出るところ、半額のところ、無給のところと様々なようです。
無給のところが一番多いとは思います。

その代わりに、雇用保険から、育児休業給付金というものが出ます。
これは、休業前の6か月間の残業を含む給料の50%×育休月数分、これを2か月に一回、最大で子供が1歳6か月になるまで貰えます。

じゃあ、支払はどうなるのか?
半額しか入ってこなくても、支払いは、今まで通り続きます。
個人的に入っている保険、社会保険、年金の支払い等、毎月支払うことになるので、かなりの痛手ですよね。

この支払が続く恐怖から、やっぱり早く復帰しなきゃと思うのでしょうね。
真面目なママなら、そういう思いはより強くなると思います。

しかも、育児休業給付金の支給は1歳6か月まで。
育児休業の最長取得可能期間が3年になったとしても、育児休業給付金の支給期間も一緒に3年に伸びない限り、有名無実となります。

育児休業中も給料が出る会社などは、無視していいですよ。
そういう会社を基準にされたら、むしろ困るわけで、大手企業をモデルとして考えるのではなく、日本を支えている中小企業の実態をつかみ、そこを基準に制度改革を考えてほしいと思います。

働くママを応援するなら、そこまで考えたうえで、しっかりと制度改革をしてほしいものです。

待機児童の問題を解決するためには?

待機児童問題は、今後もくすぶり続ける問題ですよね。
対策の根本が間違っているので、解決しないのは仕方ないんですけど…

保育園は、公立から民間にどんどん委託されています。
これが、どういうことかわかりますか?

民間ということは利益の追求です。利益を追求する以上、今現在の待機児童問題を解決する能力に欠けることになります。
どういうことかというと、これから民間でどんどん保育園の運営を広げていったとき、待機児童がゼロになりましたとなった場合、問題解決ですよね。でもここで終わらない。

民間の保育園は、園児獲得のために奔走することになります。
待機児童がゼロになって、施設過剰になれば、経営が成り立たなくなります。
しかも、認可保育園の場合、自治体が一括で園児募集をしています。
ですから、民間保育園の企業努力で園児を集めることは不可能なんです。

じゃあ、無認可で続けた場合、認可保育園だけで事足りることになったら、無認可に預ける人は極端に減ります。というか、特殊な場合を除き限りなくゼロに近づきます。

こう考えた場合、民間の保育園経営を拡大するということは、大きなリスクになるんです。
待機児童問題の解決のために保育園を増やそうというなら、解決した後のことまできっちり考える必要があるんです。ここまで考えられた政策が出てこないために、民間の保育兼経営は頭のいい経営者は手を出しません。慈善事業的な感覚で運営しているところは別ですが…

こう考えると、私が言っている根本から間違っているというのがわかると思います。

この国の政策で根本から間違っていること、いつの間にか忘れてしまっていること、それは、利益の追求ができる事業はすべて民間がやる、利益にならないこと、近い将来的に利益を生み出すことが難しくなることは、税金で賄うのが本来の姿だと思うんです。

公共の利益になること、民間ができないような利益は出ないが、必要な施設、事業に関しては、国民から集めた血税で賄うようにする、この姿勢がいつの間にか、日本政府から無くなってしまって、誰も指摘しないまま今の状態になっているのです。

もう、意識もしていないレベルなので、かなりまずい状態なんですけど、政治家さん気づいてほしいな~
だって、財政がきつから、利益の出せる事業を国でもやっていくという、とんでもない方向に動いてるでしょ。利益が出ることは国がやるより民間でやったほうが最大利益が大きくなります。だから、利益が出そうな事業があるなら、どんどん民間に任せていくべきなんです。

逆に、利益が出ない、リスクがある、でも国としてなくてはならない事業に関しては、積極的に国が運営していく必要があるんです。

保育園事業はどうですか?
民間にどんどん委託していくべき事業ですか?

私は違うと思います。
この根本がわからないと、待機児童問題は長引くし、仮に待機児童問題解決後の大混乱は避けられません。
そこまで、先を見てる政治家さんは、いないものかね~

働くママの問題、それに付随する待機児童の問題、根本解決はしないか、当分先でしょう。
少なくとも、今現在困っているママさんたちは、問題解決の前に子供たちが育っていってしまい、さらに先の問題に直面せざるを得ないというのは、あきらめられませんが、残念でなりません。

やっぱり、自分が積極的に変わっていくしかないんですね。
国や自治体に、働きかけは続けながら、自分は自分で幸せになるために活動する。
大変な道のりですが、今は頑張るしかなさそうです。

私は、そんなママたち、パパたちを応援します。

この記事に関して、意見等があったら私に直接メールくださいね。
すべてのメールに目を通し、すべて返信させていただきます^^

もし、この記事に何か感じるところがありましたら、以下のボタンから、フェイスブック等でシェアしていただけると嬉しいです。