自分のことばかり考える親たちが多すぎる悲しい現実

昨日は、お姉ちゃんの跳び箱体操教室。
3回目だったのですが、なんと跳び箱3段跳べました。

跳び箱の飛び方すら知らなかったのに…

本人が跳び箱跳びたいと思った、
その時に、教えてくれる場所を探し連れて行った、
毎回、やる気満々で取り組んだ。

ただ、それだけです。
できなかったことが、できるようになりました。

子供って、凄いね~
じゃないですよ。

誰だって、できるんですよ。

生まれてはじめての事、
ワクワクして、真剣に取り組んで、
一所懸命教えてくれる人の話に耳を傾け、
考えながら体を動かしていく。

それを何度でも繰り返していくだけです。

子供たちを、よく見て、
子供たちと、話をしていると、
できる子と、できない子の違いが分かります。

あることが、できる子と、できない子の違い。

あることに対して、ワクワクしているかどうか。

強い興味があるかどうか。

あることについて、話をちゃんと聞いているか。

それを本当にやりたいと思っているか。

達成するために全力で行動しているか。

それを、応援してくれる人がいるか。

それができた時に、一緒に喜んでくれる人がいるか。

このあたりが確実に
できる子と、できない子は、違います。

そして、大人も一緒です。
ここに挙げたことがないと、大人もできません。

子供だからとか、そういう目で見ていると、
自分の成長、自分が忘れていたことを、
思い出すチャンスすら、自分で放棄してしまっているんですよ。

公園で、子供たちと遊んでいると、
子供と遊んでいる親がいかに少ないことか…

特にママ。
小さな子供を遊ばせておいて、
ママたちは、お喋りに夢中になっています。

公園に子供たちと遊びに来ているのか、
ママがお喋りに来ているのか、わかりませんよ。

子供のことを放っておいて、おしゃべりに夢中。

子供の泣き声や、大きな声が聞こた時に、
面倒くさそうに寄ってきて、怒ったり、
周りの人に文句言ったり。

何も見ていないのに、子供の話も聞かずに、
ただ怒るママ、周りのせいにするママ。

本当に多いです。

お前が見ていないから、トラブルんだろ!って。

子供の話を聞いてあげない親。
子供が話をしだすと、うるさいとさえぎる親。

そして、昨日の体操教室でも
先生の話をあまり聞かずに、
ふざけて参加している子供がいて、

当然、何をやってもできなくて、
前回の教室が終わった後、その子のママは、
真剣にやりなさいと言い聞かせたらしいです。

でも、今回も、先生の話も聞かずに、
ふざけたり、ダラダラしているばかり。
当然、跳び箱の飛び方も覚えてないし、
まともに踏切り飛び上がることもできません。

ママは前回は、一緒に見ていたのに、
今回は、後半の10分くらいだけ、
教室の外から、見ているだけ。

1時間の体操教室のうち、
50分は、ロビーで座って、
他のママとお喋りしてましたよ。

それで、何で見てあげないのって聞いたら、
前回終わった後に、ふざけないで真剣にやりなさいって、
言い聞かせたけど、もし、今日もふざけてやってたら、
見ているこっちがイライラするから見たくないんだよね~だって。

ママがイライラするから見たくない。
自分が嫌な思いをするから見たくない。

どうだったって聞かれたので、
今日も、だらだらしたり、ふざけてて、
ほとんど上達してなかったよって伝えてあげました。

やっぱりな~だって。

ママが、自分の子供を信用していないってことですね。
それじゃ、子供だって、ママの期待に応えられないって。
それに、何を言っても伝わらないよ。

親が嫌な思いをするからって逃げてたら、
子供はどうなる?

大切な存在のために、自分が逃げていいの?

そもそも、その子は、跳び箱跳びたいのかな?
それを、やりたいと思っているのかな?
親がやらせたいだけなんじゃないかな?
また、そういう部分も、親と話ができていないんじゃないかな?

その子供とは、私は結構仲良しなので、
本人に聞いたら、跳び箱つまらないって言ってました。

それなら、ママに、そう言った?
って聞いたら、言ってない、話してないんだって。

育児は大変だし、子供と話したり、
子供と一緒にいろいろやるには、
大人は、確かに忍耐だって必要だよ。

でも、親が逃げていたら、ダメだよ。
子供は逃げることを覚えるし、親のマネして逃げるよ。

それを怒っても、言い聞かせても、
親が逃げてるんだから、説得力ゼロだしね。

跳び箱教室の事、話そうと思ったら、
ママたち、親たちの話になってしまった。

やりたいと思ったことを、
ワクワクしながら、強い興味を持って、
真剣に取り組み続ける事。

これは、子供も、大人も一緒で、
できるようになるための絶対法則です。

また、親がやらせたいと思ったこと、
人にやらせたいと思ったことは、
強制するのではなく、本人がワクワクしたり、
強い興味を持たせる状況や環境を作ってから、
真剣に、一緒になって取り組ませることで、
シッカリと、身に着いていくものです。

強制して、やらせることは、
時間の無駄で、非常に効率が悪い方法です。

シッカリ見て、シッカリ話を聞いて
コミュニケーションを取りながら、
何事も、進めていくことで、
より、幸せな関係、時間を過ごすことができます。

今、それができているかどうか、
一度、考えてみてくださいね^^

私と一緒に学んでいきたい、
一緒に成長していきたいという方は、
遠慮なく、メールやメッセージをくださいね^^

人生相談でも育児相談でも、
もちろん、ネットビジネスの相談も、
私でよければ、いつでも相談にのりますからね^^

お気軽にメールをくださいね。

ちゃぼすけへの、質問・相談メールはここをクリック

それは理想論だよ、もっと現実的に考えようよというのは、変化したくないという発言とイコールです。

最近、良く聞かれます。

なんで、ネットビジネスで暮らせるようになったんですか?
どうやったら、ちゃぼすけさんのように稼げるんですか?
そんなことを、良く聞かれるので、ちょっと考えてみました。

それもこれも、もっと現実的に考えようよとか、
それは理想論だよ、やりもせずに逃げて、
言い訳しているような人たちの逆を行ったからだと、
今は思っています。

もっと現実的に考えようよ。
それは理想論だよ。

この二つって、すご~く言う人が多いんですよ。
特に、サラリーマンと、ママたちです。

この二つって、ていのいい言い訳なんですよ。
これを言うと、強い批判を受けません。
そのかわり、何も変わりません。

また、この二つを言う人に限って、
~のつもりとか、「つもり」という言葉も使います。

つもりって、使う人って、
自信がないんですよ。
というか、後ろめたい気持ちがあるから、
言い切れないので、「つもり」と逃げているんです。

でも、「つもり」という言葉も、
一般的になっているので、誰も異論を唱えません。

要するに、
もっと現実的に考えようよとか、現実を見ようよとか、
それは理想論だよとか、つもりとか、
このすべてが、逃げの言葉で、挑戦しない人の言葉で、
何も変わらない、流されるままの人たちの言葉なんです。

ちょっと考えてみてください。
こういうことを言う人って、いつも言ってるんですよ。

特に、こういうのが口癖の上司だと、部下は悲惨ですよね。
だって、何も変わらないことを良しとしているんですから。

なので、こういう言葉を使っているうちは、
自分が思っているような人生を歩むことは難しい。

だって、現状を変えようとしていない、
変えることが怖い、変えるために挑戦する気がない人だからです。

かつては、私もそうでしたよ(笑)
でも、あるとき気づいて、この言葉を封印しました。

そうしたら、人生変わってきました。

どういう事かというと、
それぞれの言葉の意味を分析していきますね。

現実的に考えようよ⇒ 現状を変えるのが怖い
         ⇒ 現状を変える勇気がない
         ⇒ 現状を変える気がない

現状に満足していなかったので、
この言葉を使わないようにしたんです。

そうしたら、満足しない現状を変えるために
挑戦することが怖くなくなりました。

その結果、現実を変えることができました。

それは理想論だよ⇒ 何もしてないけど、不可能だよ。
          理想は理想、できっこない。
          そんなこと、自分にはできない。

自分で自分の可能性を見限っているのは、
やはりよくないって思ったんです。

だから、自分の心のストッパーを取り去り、
理想だと思ったら、その理想に近づくために、
どう動いたらいいのか、考えてすぐ動くことにしたんです。

そうしたら、理想の方から、徐々に近づいてきました。

つもり⇒ 本当はやっていないけど、その気はあるよ。
     本当はできてないけど、できていないとは言えない。
     自分ができなていないことを認めたくない。

これは、自分のプライドを守るためなんですよね。
できていないことを認めているが、それを他人には言えない。
自分のプライドを守るために「つもり」とつけると
いかにも、できているように受け取ってもらえる。

自分の行動に「つもり」を付けないために、
できないことはできないと言うし、それを言いたくないので、
自信をもって言えるように、頑張ることで、
「つもり」を自然につけなくなり、
今まで以上に、人から信頼されるようになりました。

逃げるの、そろそろやめませんか?
自分の人生から、逃げるのやめて、言い訳やめて、
自分と、大切な人たちの人生を、今より良くするために、
今から、できることを始めませんか?

今すぐできることってたくさんあって、
さらに、今すぐできることをやると、
考え方が変わるので、すぐに見える未来が変わったりするんです。

今のままで、どんどん幸せになるなら、
今のままでいてください。

今のままで、幸せではなく、
これから先、幸せになれる自信がないなら、
今すぐ、考え方、行動を変えていきましょうね。

明日からとか言っている人は一生変わりませんから。
明日からの人は、明日になっても明日からと言います(笑)

本当に、言い訳大臣って、たくさんいますよね~
なので、人の話を聞いてると本当に良くわかりますよ。

その人は、言い訳のために何か考えているのか?
それとも、未来のために、何か考えているのか?

あなたは、どっちですか?
自分の心に、正直に聞いてみてください。

私なら、何かあなたの役に立つことが、
できると思います。

私と一緒に学んでいきたい、
一緒に成長していきたいという方は、
遠慮なく、メールやメッセージをくださいね^^

資格取得の勉強中は、無収入。資格を取っても、営業力がなければ無収入の現実

4月ということもあって、
資格の勉強を始めたという人もいると思います。

もちろん、学ぶことはいいことですし、
資格を取ることも、いい事だとは思います。

ただ、その目的が、今よりもお金を稼ぎたいから、
という理由であれば、ちょっと待ってと思います。

結論からいうと、資格がお金を生むことはありません。

自分がしたい仕事が、その資格が必要だから、
その資格の勉強をしているという事なら、
やりがいを求めているわけですから、とってもいいと思います。

ただ、逆に、資格を取ることで収入が増えるとか、
資格を取って独立開業しようと考えている人は、
要注意ですというか、ちゃんと考えてみようということです。

会社に勤めています。
その会社で、資格手当があるとします。

資格手当が、月に5000円だということで、
その資格を取るために、学校に通ったり、
少ない時間を、勉強に費やしたりしたとします。

1年頑張って、資格が取れて、
月に5000円の資格手当が増えます。

月に5000円増えることが目的なら、
それでいいと思いますよ。

ただ、1年間、必死に頑張って、
月に5000円というのは、どうなの?

もし、資格の学校などで数十万円払っていたといたら…

もし、勤めている会社で資格手当の支給がなくなったら?
もし、勤めている会社が経営不振に陥ったら?

あなたの頑張りと、いつまで続くかわからない、
月に5000円というのは割に合いますか?

また、独立開業したくて、
行政書士や、司法書士といった
人気資格を取ろうと必死に学んだとします。

1年間、必死に勉強して資格が取れました。

じゃあ、独立しようと言って、
すぐに独立することは、非常に危険です。

人気資格で、持っている人は多い。
しかも、仕事を取るために営業活動をしなくてはいけない。

その営業活動に失敗したら、
資格を持っていても、路頭に迷うことになる。

そう考えたら、会社を辞めることはできないし、
もし、会社を辞めて独立したあとに、
そういう状況になったとしたら、
悲惨なことになります。

独立開業するとなれば、
数百万円から千数百万円の資金がかかるわけで、
営業活動がうまくいかなかった時点で、
即、借金を背負って、無職になります。

恐ろしいな~と感じるのは、
私だけではないと思います。

資格って、やりがいのために学び
取得するならいいと思うんですよ。

でも、お金のために取ろうと頑張るのは、
今の時代、もう既に違くって、
資格は趣味であり、やり甲斐ですよ。

資格を取って、楽しい毎日といったCMが、
毎日のように流れて、刷り込み効果で、
みんなの頭に、資格が必要という考えもあると思いますが、

それは、新聞や中吊り広告、CMなど、
あらゆるメディアで宣伝しているから、
あなたの頭に刷り込まれているだけですから。

それを狙って、大資本で広告を打っているだけです。

資格を取ったら、
すべてがうまくいくように広告してるでしょ。

でも、実は、資格を取るのは最低条件で、
その先の営業活動が一番大事なんですよ。

資格を持っているうえで、
自分で仕事を取ってくる能力がないと、
その資格を生かすことはできないんですよ。

だから、独立開業して失敗する人が、
後を絶たないわけです。

資格の勉強が無駄だとは言いません。

でも、あなたがもし、お金が欲しくて、
資格の勉強をしているなら、
その資格を取ることで、即お金になるのか?

それとも、資格を取った後に、
どんなことをしないとお金にならないのか?

また、それまでの学びの期間と費用が、
稼げるお金との釣り合いが取れているのか?
そのお金は、ずっと入り続けるのか?

そういうところまで考えないと
せっかくの資格が無駄になりますからね。

じゃあ、ネットビジネスで稼いでて、
時間があるから、取りたい資格取ろうというのは?
学びたいこと学ぼうというのは?

これは楽しいですよ。
お金のためとかではなく、
自分のために、自分がしたい勉強をするわけですからね。

ネットビジネスは稼げない期間があるから、
続かないとか言いますけど、

資格の勉強も一緒ですよね。

資格の勉強をしている期間は、
学校に通う費用、時間など、
お金にならないどころか出ていくばかりです。

通信講座の費用なんかも一緒ですよね。
通信講座なら、自分の意志で続けていかないといけないので、
モチベーションが続かないと言ったこともあります。

資格を取るための勉強期間、
ネットビジネスで稼げるようになるまでの期間、
これは、一緒ですよ。

資格の学校に通う費用や、通信講座の費用。
これは、1つの塾だったり、情報商材です。

唯一違うのは、
資格の場合、取得して時点では、まだ稼げません。
資格取得のチャンスは、年に1回とか2回です。

資格取得の後、営業活動をして、
お金にならない期間は、さらに伸びていきますし
経費だけは、さらに掛かるわけです。
しかも、仕事を取れる保証はない。

ネットビジネスは、学びながら作業することが、
全て、稼ぐことにつながっていて、いつ始めてもいいし、
それぞれのタイミングで、お金が生み出されるということです。
もちろん、報酬が発生するという保証はありません。

保障がないのは、一緒ですけど、
お金を稼げるようになるまでのプロセスと資金は
圧倒的に少ないのがネットビジネスです。

ハッキリ言うと、
資格の勉強の何倍も簡単でもあります。

ネットビジネスで、お金を稼ぐ基盤を作る。

そのあとに、自分がやりたいと思っている、
資格なり、仕事を始める。

そういうプロセスの方が、
気持ちの面でも、資金的な面でも、時間的な面でも、
圧倒的に余裕を持って取り組めるのも確かです。

もし、あなたがどうしても取りたい資格、
どうしてもやりたい仕事があるとしたら、
まずは、ネットビジネスで収入の基盤を作る。

そのあとに、やりたい仕事、取りたい資格に取り組むと、
お金は関係なしに、やりたい仕事をやることができますよ。

もし、あなたのライフプランに、
資格とか、独立開業とかがあるなら、
その前に、ネットビジネスで稼ぐこと、
それを視野に入れてみてはいかがですか?

主体的に動く人、常に待って、受動的な人では人生が大きく変わります。

4月1日ですね。

今日から、社会人になられる方、
新しい部署に配属になる方、

昨日までとは違う、今日を迎える方
新たなスタートを切る方が、
大勢いらっしゃると思います。

あなたは、どんなスタートを切りましたか?

私はとりあえず、桜が満開できれいなので、
早朝、亀有さくら散歩してきました。

誰もいない早朝の街、
桜を独占してきました^^

久々に、朝の散歩したけど、
やっぱり気持ちいいな~

さて、あなたがもし、
何かを始めたいと思うなら、
今すぐ始めましょうね。

思ったら、すぐ行動に移す癖をつけると、
どんどん、人生が変わっていきます。

自分から動くことで、
より良い方向に変わっていく可能性は高いです。

でも、大抵の人は、思ってすぐ動けない。
そのうちに、動かされてしまう。

例えば、会社からの辞令で行かざるを得ないとか、
身体の調子が悪くなり、病院に行かざるを得ないとか、
常に受動的でいることで、動かされることに慣れてしまい、
自分から動くことが出来なくなってしまう。

まあ、これは、心理的に当たり前の事なんです。

大人だって、子供と一緒です。

育児心理学を学んでいると、
本当に面白いことばかりです。

ほとんどが、大人にも当てはまるんです。
特に、会社員の人たち。

たとえば、育児をしていて、
親が先回りして、何でもレールを引いてあげると、
子供は、敷かれたレールを歩くことしかできなくなります。

そこから飛び出すことが、怖くなり、
何も挑戦できなくなります。

大人の場合、会社員になって、
会社が用意したもので動くようになると、
大人も、会社に用意されたものの中でしか、
考えられなくなり、動けなくなります。

会社の枠から飛び出すことが怖くなり、
何も、挑戦できなくなります。

その結果、子供の場合は、
親が生きているうちは、いいのかもしれません。
または、親の保護下にいる間は、いいのかもしれません。

親が常に、先を示してくれて、
そこに向かって突き進むだけですから。

じゃあ、結婚したり、一人暮らしを始めたり、
親がなくなってしまったり…

そうなったとき、途方にくれます。
40歳でも、50歳でも、途方にくれます。

今までレールを敷いてくれていた人が
いなくなるわけですから、不安で仕方なくなります。
怖くて仕方なくなります。

これが、会社員の場合。
会社が生きているうちはいいかもしれません。
また、会社から見放されなければいいのかもしれません。

会社に言われた通り、
そこに向かって突き進むだけですから。

じゃあ、会社の経営が思わしくなく倒産したり、
リストラになり、突然会社から放りだされたら…

40歳でも、50歳でも途方にくれます。
今まで毎日仕事をくれていた会社が、
無くなるわけですから、不安で仕方なくなります。
怖くて仕方なくなります。

ただ、どちらの場合にも、
家族ができているでしょう。

その家族をも巻き込んで、
不安になったり、恐怖に怯えることになるのです。

大人も、子供も、一緒ですよ。

受動的でいると、言われるがままに生きていると、
言ってくれる人がいなくなった時に、
不安と恐怖が、襲ってくるんですよ。

そうなった時に考えても、
不安と恐怖の中、いい考えなんか、
いきなり浮かばないです。

大抵が悪いことばかり考え、
大抵が、ドツボにはまる選択をするようになります。

常に備えたりして、
保険って日本人好きなのに、
そういう時のための保険ってかけてないんですよ。

どういう事かって言うと、
生活が、不安や恐怖にさらされないための保険です。

保険のために、自分の意志で動いて、
自分自身の力で稼ぐことができることって、
最強の生活防衛であり、保険でもあるんですよ。

向き不向きはあるけど、
稼ぐ力をつける方法って、
あらゆる形が存在します。

ですから、自分に向いた形で、
しっかり稼ぐ力を付けていくことが、保険なんです。

私は、せどり、アフィリエイトで稼ぐ方法なら、
あなたより、多くの知識を持っていて、
実際に現役で稼いでいて、教えることができます。

もし、あなた自身が生活の保険をお持ちでないのなら、
新たに始めるには、いい機会ですから、
真剣に考えてみることをお薦めします。

子育て世帯臨時特例給付金を知っていますか?

子育て世帯に嬉しい給付金ですが、
「子育て世帯臨時特例給付金」
って知っていますか?

詳しい内容は、厚生労働省のホームページで、確認できます。
⇒ 子育て世帯臨時特例給付金

お住まいの市町村のホームページでも、
確認できるようになっていると思います。

私の住んでいる葛飾区では、
こんな感じで確認できます。
⇒ 子育て世帯臨時特例給付金 葛飾区の案内

15歳以下の、児童一人に対して、
1万円の支給があります。

ただし、これは、お住まいの
市町村に申請しなくては貰えません。

知らなかった、申請しなかった場合、
貰える資格があっても、貰えないので、
必ず、申請しましょうね。

申請の仕方は、お住まいの市町村で、
4月になったら、すぐに確認しましょうね。

申請期間過ぎたら、貰えないですしね。

こういう給付金情報は、
マスコミも、もっと繰り返し
報道すればいいのにって思うんですけどね~

知っているか、知らないか、
申請するかしないか、行動するかしないか
今の日本では、それで損することが、沢山あります。

ネットビジネスでの稼ぎ方も一緒です。
しっかり学び、知識を増やしながら、
行動し続けることで、稼ぐ力もアップします。

知ることは、損を避けることにつながります。

知るためには、学ぶこと、
好奇心を持って、学び続けること、

色々なことを知っていくことは、
損を避けることに加え、知識欲が満たされていくので、
脳にも刺激があり、楽しみの一つになります。

しかも、死ぬまでの楽しみになります。

知ろうとする気持ち、
知ろうとする行動、

今、持っているなら、持ち続ける。
今、持っていないなら、今から始めましょう。

きっと、あなたの人生が楽しくなりますよ^^

最近メルマガの反応が凄くて、
毎日、多くの方からメールをいただきます。

ちゃぼすけさんのメルマガは、
他の人と、全く違っていて、面白い。

学びが多くて、毎回楽しみにしています。

くだらない無料オファーの紹介とか、
一切ないので、とても信頼できる。

などなど、嬉しいメールばかりです。

私は、読者さんと一緒に、
一緒に幸せって何か考えて、
自身が幸せを掴むために、
しっかり生きていこうよ、
そう思ってメルマガを書いています。

今、メルマガで大きく稼ごうとか、
あんまり思っていません。

充分に幸せな毎日を送っているし、
その収入はメルマガ以外で充分い足りているから。

それでも、私のメルマガからは、
多くの方から支持いただいています。

本当にありがたいことです。

あらためまして、ありがとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いします。

さて、低資金、低リスクの脱サラ、
というタイトルが気になって開封したと思います。

私の住んでいるマンションの1階は
店舗になっているんですが、
そのうちの1つの店舗が閉店セールをやっています。

3~4年続いたのかな?
酒屋というよりは、お酒の専門店という感じのお店です。

ご家族は、同じマンションに住んでいて、
ご主人が、お店を経営していました。

改装費、賃貸費用、仕入代金など、
開店時には、恐らく、数百万円、下手すると、
一千万円以上かかっているかもしれません。

でも、お客さんがお店にいるのは、
あまり見たこともなく、よく続いているな~
という印象でした。

案の定、閉店です。

閉店の際には、改装したお店を、
元の状態に戻さないといけないので、
また、多くのお金が必要になります。

開店で大量の資金、お店は繁盛せず、
閉店でまたまた、大きな資金が必要になる、
それが、リアルビジネスの脱サラです。

やっぱりハードルが高いし、
リスクが高いよな~って思いますよ。

再起だって、難しいですよね。
借金を抱えて、仕事もなく、40歳過ぎで、
働くとすれば、アルバイトか派遣か。

それで、借金を返しながら、
奥さんと子供たちを養っていく。

そんなことを考えたら、
脱サラできないのは当たり前で、
どんなに状況が厳しくても、
今のまま、頑張るしかないわけです。

その反面、サラリーマンを頑張っている友人が、
うつ病と診断され、友人夫婦が困っています。

脱サラしようと思うと、
再起不能になるような、
金銭的な、大きなリスクを抱えなければならない。

反面、サラリーマンのまま頑張るのは、
大きなストレスを抱えながら、
精神的な、大きなリスクを背負っていかなければならない。

どっちみち、厳しいと言わざるをえない、
今の、日本社会ではあります。

ただ、一つ、希望があるとすると、
インターネットの世界です。

特に、アフィリエイトと転売に関しては、
低資金で、低リスク、失敗しても、
何度でも挑戦できるビジネスであり、

また、しっかり作業することで、稼げる可能性は高く、
会社を自分で起して、社長になることだってできます。

せどり転売、私は去年、
子育て中心の生活で、一人だけで隙間時間で作業し、
年商1200万円超えています。

こんな仕事、なかなかないですよ。

だって、子供たちとフルに関わって、
開いた時間に作業してるだけですからね。

誰にも手伝ってもらわず、
たった、一人で1200万円以上の売り上げです。

しかも、開店費用は、0円。
仕入れ代金もカードで支払っていたので、
現金は、1円も使っていません。

敢えて言うなら、自分の稼ぐ力を、
アップさせるために、教材や本はいくつか買いました。

無料で稼ごうと思ったら、
時間がかかって仕方ないですから。

しっかり、ノウハウに関しては、
お金で時間を買いました。

時間が一番大切ですから。
いくらお金を積んでも、時間は手に入れることができない、
それなら、優先順位は、確実にお金より、時間です。

しかも、幸せな時間は、
絶対にお金では買えません。

ただし、幸せな時間をすごすには、
お金も、必要なことは確かです。

ですので、脱サラし、幸せのためのお金を
素早く稼げるようになるために、
ノウハウに投資して、稼げる力を自身につける。

そして、もっと稼ぐために、自分に投資する。

そうすると、幸せに必要なお金ができてきて、
幸せな時間は、どんどん増えてくる。

楽しい毎日が、次の楽しみを連れてくる。

こんなサイクルになるんですよ。

脱サラは難しいことではありません。
インターネットの世界であれば、
殆ど資金をかけることなく、低リスクで、
幸せへの一歩を踏み出すことができます。

また、もし、失敗しても、
すぐに、再挑戦ができます。

もし、まだ何も踏み出していないなら、
今のままでは、不安だと思ているなら、
まずは、低資金で、低リスクな、脱サラに
一歩踏み出してみては、どうですか?

踏み出すことが不安であれば、
私が直接、相談に乗りますから、
お気軽にメールをくださいね。

毎日、質問や問い合わせメールを、たくさんいただく中で、
普段、どんな生活をしてるんですか?
という質問をもらう事があるので、
昨日1日の私の行動を書いてみますね。

5:00 スッキリ自然に目覚め、
   暖かいコーヒーを入れて、パソコンをつける。
   メールや、昨夜のチャットの確認をして、
   メルマガの執筆。

6:00 嫁さん、娘たちが、順次、起きてくる。

7:00 家族全員そろって朝食。
   その後、娘たちの着替えなど保育園の用意

8:00 嫁さん、出勤。

8:15 娘たちと共に保育園に出発。

8:45 保育園から帰ってきて、
   部屋の片づけと、掃除機でさっと掃除。

9:00 整骨院で、体をほぐしてもらう。

9:30 亀有アリオのスタバで読書&今日の予定

10:00 JTBで4月のディズニー宿泊の確認と支払い

10:20 亀有アリオ、本屋さんや洋服屋さんなど、
   ウインドウショッピングの後、昼食を買って帰る。

11:00 自宅で、アマゾンに出品登録作業開始。

12:00 録画したNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」を見ながら昼食。

12:45 録画した他の見たい番組を見ながら、
    リビングでアマゾン出品商品の梱包作業開始

15:00 梱包作業終了し、おやつ^^

15:30 メール返信、チャット書き込みなど

16:30 保育園に、娘たちを迎えに行く。

17:00 嫁さんを仕事帰りに整骨院に行かせるため
    夕飯の支度をする。

18:00 家族全員で揃って夕食・家族団らん

20:00 お風呂・ブローなど寝る支度

21:30 家族全員で、一つの部屋で就寝

ほぼ、毎日、だいたいこんな感じで、
生活の中心は、娘たちです。

夜は懇親会などありますが、
多くても月に2~3回程度。

仕入も、週に2回程度、
娘たちが保育園に行っている間に、
戻ってきて、お迎えに行くので、
生活リズム自体は、こんな感じです。

こういう生活になって、
私自身、ストレスを感じなくなりました。

花粉症なんですけど、
今年は、ほとんど、症状が出ていません。
毎年、軽減されてきた感じはしますが、
やはり、ストレスがなくなったからかなと思います。

それでいて、仕事している感は、ほぼなくて、
派遣で働いていたころより、収入は増えていて、
娘たちとの時間も増えていて、
ネットビジネス、さまさまです。

しかも、すべてが、誰の指示でもなく、
自分の意志によって決定できる、
収入のコントロールまである程度できるというのは、
本当に、個人事業主になって良かったと思う瞬間でもあります。

娘の成長を、毎日見ていると、
自分もしっかり、成長しないと!

昨日の娘より、今日の娘が成長しているのがわかるので、
昨日の自分より、自分も成長しないとって、
無理なく、自然に、思えたりもします。

不安?

当然、ありますよ。

ただ、すべては、自分の責任において、
自分の行動次第で、その不安は小さくすることができます。

雇われていると、常に自分以外のことが原因で、
自分自身の幸せを、手放さなくてはならない不安があります。

そういった不安とは、無縁なので、
不安に対するストレスは一切ないです。

主体的な不安と、客体的な不安の違いですね。

主体的な不安を持ち続けると、
頑張るための、原動力になります。
自分次第で、その不安は消せるから。

客体的な不安を持ち続けると、
ストレスから、心が蝕まれます。
自分がいくら優秀でも、頑張っても、
その不安は、解消されることはないから。

私は、その二つを考えた時、
主体的な不安を持ち続けることを選びました。

あなたは、今、選ぶことができます。
さて、どちらを選びますか?

東日本大震災 大きな災害で人間の心や行動は変わる?

今日は、ママが仕事帰りに、
ゴスペル教室に行く日だったので、
パパごはんの日。

娘二人を保育園に迎えに行き、
戻ってきたら、さっと夕飯を作って、
娘二人の話を聞きながらの夕食。

もうすぐ2歳になるおチビちゃんが、
徐々にボキャブラリも増えてきて、
とても可愛くて、どんどん喋らせています^^

3人でお風呂に入って
ママが帰ってくるまで起きてる!
というお姉ちゃんのマネをして、
おチビちゃんも、起きてると言って、
録画してあった「おとうさんといっしょ」を見る。

ママが帰ってきたら、
笑顔でおやすみなさいと言って
私が娘二人と布団に入り、
また、色々な話をしながら、
そのうちに、一緒に寝てる…

そんな、生活を毎日しています。

小さな子供たちと一緒にいられる、
本当に充実した毎日です。

今の生活になったキッカケの一つに、
3年前の東日本大震災があります。

このまま、サラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることはできないって。

心の底から感じた、危機感です。

3年前のその時、
豊洲の高層ビルの事務所で、
何が起こったのか、わからない、
家族との連絡もつかず無事かどうかも分からない。

それなのに、仕事がどうこうと言っている
サラリーマンパパたちを見て、
こいつ等、頭おかしいんじゃねえかって。

早退します、お金いらないから、すぐに帰ります。
といっても、帰らせてくれない上司。

会社に行動が縛られ、
大切な存在を救いに行く自由もない。

開放されたのは2時間半後、17時。
急いで歩いて、足の裏に血豆を作って、
それが潰れて痛くても歩き続け、
20時に自宅に着き、家族の無事を確認。

その時、感じた安心感、
そして、無力感が底知れない恐怖でした。

もし、あの時、何も行動を起こせず、
家族がパパの助けを求めていたとしたら、
パパの助けを求めながら死んでいったとしたら…

東日本大震災関連の報道で、
多くの被災者の声を聞いたのではと思います。

その多くは、なぜ救えなかったのか?
なぜ、私が救うことができなかったのか?

そういう、後悔の声が圧倒的に多く、
それをずっと心の傷として、生き続けている人が
沢山いることは、ご存知だと思います。

今、東京では、大災害の時は、
会社に留まり、家に帰ってはいけないという、
条例が作られています。

その理由は、秩序が乱れるから、混乱するから。
ただそれだけです。

人の命や心は二の次に作られた条例です。

その結果、大災害が起こったら、どうなるか?

家族を失った、家族を救うことができなかった
大切な存在を救うために、行動すらできなかった、
行動すらさせてもらえなかった、
サラリーマンたちが、何十万人、何百万人、量産されます。

心に傷や痛みを感じたまま生き続ける
働くパパママが、数多くできてしまうということです。

東日本大震災で大切な存在を守れなくて、
未だに、重い運命を背負って生きている人たちは、
それを望んでいるかな?

自分と同じ悲しい思いをする人たちが、
多くなることを、望んでいるのだろうか?

私はサラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることができない恐怖、
危機感を、目の当たりにして、
東日本大震災の約3か月後のタイミングで、
会社を辞めて、人生を変える決心をしました。

全ては、自分の手で、
大切な存在を守るために…

あれだけ大きな災害を目の当たりにして、
あなたの人生は、どう変わりましたか?

もし万が一、何も変わっていないのなら、
あなたにとっては、他人事なのですね。

他人事、人のせい、
何もしない、世の中に流されていく、
大多数の民衆心理ですから仕方ないですが…

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは、心を持っている人間ですか?
それとも、ただの働かされているロボットと同じですか?

大きな出来事と、自分の人生と自分の心。
人間として何も変わらないままじゃ、悲しすぎませんか?

人生相談でも育児相談でも、
もちろん、ネットビジネスの相談も、
私でよければ、いつでも相談にのりますからね^^

お気軽にメールをくださいね。

ちゃぼすけへの、質問・相談メールはここをクリック

私の想いは、プロフィールに書いてあります。
もしよかったら、読んでみてくださいね。
ちゃぼすけの超詳しいプロフィール

ねんきん生活 年金以外に月5万円という記事がある意味とは?

ヨーカドーで、娘の飲む牛乳を買った帰りに、
雑誌コーナーで見かけました。

年金以外に5万円稼ぐ

雑誌「ねんきん生活」という雑誌の表紙に
デカデカと書いてありました。
ねんきん生活

これを見て、あなたは、どう思いますか?

年金のイメージって、サラリーマンを勤め上げて、
年金貰いながら、趣味を楽しんだり、孫にお小遣いあげたり、
悠々自適な生活って感じしませんでしたか?

私の親世代は、結構、そういう生活をしている人はいます。

ただ、徐々に、そういう生活ができないだろうなって
イメージは、できてきているかとは思います。

年金の未納問題とか、マスコミが囃し立てているので、
余計にそういうイメージになってきているのでは…

ただ、未納って、国民年金のことだけで、
年金全体からみると、ほんのごく一部で数パーセントです。

マスコミの責任でもあるけど、
何も調べず信じている民衆のせいでもあります。

ですから、基本的には未来も、年金は
納めた以上のお金をもらうことはできます。
生きていればの話ではありますが(笑)

ただし、今現在、ねんきん生活という、
年金生活者の購読雑誌に、
年金以外に5万円稼ぐという特集が
大々的に組まれるのも、事実です。

今、年金をもらえるのは、早期で60歳から。
普通は65歳からとなっています。

ということは、ねんきん生活という雑誌を
読んでいる層というのは、60歳以上という事ですよね。

60歳過ぎてから、新たに5万円稼ぐ方法を学びはじめ
行動しましょうという事ですよね。

ちょっと、考えてみてください。
ずっとサラリーマンやってきて、
または、専業主婦などをやってきて、
60歳を過ぎてから、新たなビジネスを始めて、
確実に成功させるってツライなって思いません?

記憶力も、行動力も、体力も衰えている。
その状態で始めて、成功させるのと、
もっと若いうちから、始めるのと、
どっちの方が、より成功確率が高いと思いますか?

また、失敗を重ねていって、
最挑戦を何度もする気力って、
60歳以上と、それより若いときの、
どちらの方が、できると思いますか?

年老いているから、できないとは言いません。

ただ、より若い時から始めたほうが、
より多くの経験、より多くの成功ができるとは思いませんか?

先送るにするという事は、そういうことです。
成功する確率を下げていくとともに、
成功するまでのツラサが格段に違うという事です。

どうせなら、より楽をして成功したくないですか?
どうせなら、より楽をして稼ぎたくないですか?

年金をもらう年齢になっても、
年金以外に稼ぐ必要があるのなら、
今のうちに、始めておいた方が絶対的に有利なのは明確です。

あなたは、今始めますか?
それとも、年老いてから始めますか?

すでに、今の日本社会は、
二者択一の世の中になっているという現実を
早く受け入れるべきだとは思いませんか?

私は今までに、多くの人を楽しく稼げるように、
サポート、フォローしてきています。

あなたがもし、危機感を持っているなら、
私が無料で相談に乗りますよ。
お気軽にメールをくださいね。

あとは、あなたの判断にお任せします。

労働者代替ロボット開発が示す、企業の未来

労働者の代わりにロボットを使おう。
この考え方は、以前からあり、今まで人がしていた作業を、
機械にやらせることにより生産性の向上、
それが大きな利益につながっているという事実があるわけです。

要するに、企業は利益を出すために、人の雇用を少なくして、
機械の導入をしていくことで、成長してきたという歴史があります。

ですから、今回の労働者代替ロボットの開発に関しては、衝撃でもありますが、
過去から未来へ続く流れの中で当然のことであり、
いよいよ、そういう時期が来たということです。

これは、以前にも記事にしましたが、
機械を導入するという流れが加速するということは?
今まで以上に、資金が必要になってくるということ。

であれば、資金を出してくれる株主へ、
今以上に頼らざるを得ない状況になる。

その分、還元するお金を増やさなければならない。
という流れになります。

株主に、より多く還元するという事は、
労働力の提供をしている人たちへの還元を
減らさざるを得ないという事です。

簡単に言うと、働いている社員の給料を減らすか、
社員数をリストラで減らして、人件費を減らします。

減らした分、株主への還元に充てられるという事です。

となれば、これから先、労働者でいることが有利なのか?
それとも、資本提供する株主でいることが有利なのか?

一目瞭然だと思います。

労働者は、貧しい人が多いです。
株主は、経済的に豊かな人が多いです。

ということは、これから先の世界は、
貧しい労働者への還元するお金を減らし、
その分、経済的に豊かな人たちに対して、
そのお金を還元していくという流れは不変という事です。

もし、今、あなたがサラリーマンをはじめとした労働者という事であれば、
未来を考えたとき、収入が増える可能性はゼロに近いです。

経済的に豊かな側に回らないかぎり、
労働者でいる限り、経済的に困窮していく一方という事です。

さあ、それでも、あなたは労働者であり続けますか?

あなたが選ぶことができるんですよ。
あなたの選択が、あなたの未来、
家族の未来、子供たちの未来を決めるわけです。

さあ、どうしますか?