先日の記事では、今話題になっている、
農薬混入事件から、日本の病理の話をしたわけですが、
共感しますというメッセージやらメールやら、たくさん、いただきました。

実際に、私が書いていたように、
容疑者の特異性にフォーカスされた
報道が相次いでいたようですね。

まあ、マスコミは変わり果ててしまいました。
国とお金の言いなり、国と経済界の宣伝塔です。

まあ、全てが、お金中心の世界ですから、
そうなるのも仕方ないんですけどね。

これから、この事件は、
容疑者の特異性の報道がバンバンされます。

この容疑者が、おかしな人だから起こした事件
ということで、一般的には片付きます。

それで、納得してしまう民衆心理が
一番の問題なんですけど、誰もそれに気づきません。

それは、今まで私が言ってきた
国がそういう教育をし国民を
育ててきたからというのと、
国も報道も、気付かせないように、
容疑者の特異性を集中的に報道します。

そのうちに、この事件は忘れ去られます。

でも、本当の問題はそのままにされて、
さらなる同じような事件が起きます。

それもまた、同じように処理されます。

問題の先送りってやつです。
日本は、得意中の得意でしょ(笑)

なぜ、報道も、国もそうするのか?

今は、アベノミクスで景気が
良くなっていることにしてあるので、

会社の待遇や、収入が少ない人たちのことについては
できる限り露出させたくない、露出させないことで、
景気回復は本物ということにしたい。そういうことです。

政府がこれから増税に向けて出してくる統計などは、
すべてお抱え教授が揃えた、都合のいい統計ばかりです。

報道もそれに準じた統計を発表します。

問題の本質に触れずに、
先送りしていくの日本人は得意です。

その結果どうなるかというと、
問題山積になった状態が突然やってくるんです。

その負担はすべて、未来の国民にのしかかります。
今の政治家さん達は引退してるか死んでるかです。

責任は誰も取りません。
というか、責任を取らないでいい政治システムを
作り上げているので、安心して問題を先送りにできます。

原発問題もしかりですね。
沖縄の基地問題もしかりです。

今の資本主義はもう、行き詰っています。
世界中が日本と同じようなものです。

数字上の操作で、景気がいいことにしている
というのが先進国の実態です。

また、発展途上国の労働力を食い物にしている、
要するに植民地の労働力を使い、
本国が潤っているという状況です。

国のかたち、世界のかたちは100年前と、
本質は全く変わっていません。

我々は、ただの労働力で
終ってはいけないと思いますよ。

今は資本と、労働と比べると、
資本が強くなっています。

資本が強いというのは、
お金を出している、
株主たちが強くなっているということです。

ここ何年か、株主がどうのとか、
株主の意見が、どうのって、
よくテレビでやってますよね。

以前と違い、企業は、労働力に還元するより、
資本に還元する割合をどんどん増やしています。

何故かというと、技術革新によって、
大きな資本が必要になっているので、
資本を出してくれる株主に、
大きく還元しなくてはならないんです。

今後も、この傾向は続き、
労働に対する還元を増やす企業は、
世界的に見ても、増えることはありません。

どんどん、労働に対する配分は、
小さくなる一方です。

企業はどうするか?
無人で動く優秀な機械を導入します。
その導入のための資本を株主が出します。

それで会社が稼いだお金は、
株主に大きく還元されます。

逆に労働力が過剰になるので、
いらなくなった労働力を、削っていきます。

それは、すなわち、
給料カットであり、人員削減です。

世界は、日本は、数年前から、
この動きをどんどん加速させています。

これからも、どんどん加速させていくでしょう。

そうすると、どうなるか?

お金を持っている株主は、
今後も還元される金額が増えるので、
どんどんお金が増えていきます。

逆に労働に対する還元は、
どんどん減っていきます。
労働の提供でお金をもらっている人は、
どんどん、貰えるお金が減っていきます。

結果、貧富の差が大きくなるということです。
すでに、その傾向はハッキリしています。

あなたにも、思い当たる節はありませんか?

じゃあ、国民はそれに対して反発しないのか?

まあ、反発しません。
メルマガで書いてきたように、
反発できないように、教育されています。

今の若者が「さとり世代」と言われていますが、
これは、国の教育のたまもので、
国が狙っているとおりに、反発しない国民を
育てることに成功しています。

だれも、問題の本質を見ようとしない。
そう、骨抜きに育てられていることにすら気づかないんです。

だから、労働者でいることは危険なんです。

それが正しいと思い込まされている状態で、
労働力の提供だけで生きていることは、危険なんです。

自分が労働の提供以外でも、
生きていけるスキルを身に着ける方が、
これからの世の中、リスクが少ないんです。

そのあたりまで考えていくと、
自分主体でお金が稼げるのって、
本当に有利だということに気付くと思います。

10月からDVDせどりを始めたEさんは、
労働力の提供による収入の獲得から、
主体的に働き、自分で収入を増やす方法を、
たった4か月という短い期間で身につけました。

それができるのが、ネットビジネスの魅力です。

労働力の提供でお金をもらうことから、
卒業できるように、頑張っていきましょうね^^

本来であれば、今、あなたが働いている場所で、
しっかり活躍できて、充実している毎日を送り、
家族もみんな幸せであれば、いいと思っています。

生活が苦しいから、副業とか、
本来はしなくたっていい世界が、
いいに決まっています。

でも、そんな世界は待っていてもきません。
来る前に、我々は死んじゃいますよ。

だから、大切な今を充実させるために、
何かできることをしたい、
そう考えている人に私は寄り添いたい。

そう思っています。

今日は、今騒がれている、
事件について、個人的な見解を書こうと思います。

事件を起こした人が悪くないとか、
会社が悪いとか、マスコミが悪いとか、
悪をどこかに押し付ける気はない。

ただ、冷静に事件を見ていると、
今の日本の病理が浮かび上がってきた。

マルハフーズの冷凍食品に
農薬を混入させた従業員が逮捕されました。

今のところ、報道では、
待遇に不満が動機だという事。

49歳で家族がいて、
年収200万円、そのうちボーナスが約20万円。

ということは、1カ月に約14万円ちょっと。

そこから、税金や社会保険料などを引かれると、
手取りは12万円程度になる。

フルタイム働いていたそうなので、
時給に直すと約900円になる。

ボーナスも出ていたそうなので、
契約社員程度なのかな?

会社側の記者会見では、
ちゃんと働き、新入社員の面倒も見て、
仕事に関しては問題のない従業員だったとのこと。

また、待遇についても
周りの企業と比べても、法的にも、
問題のないレベルであるとの見解。

ところが、ボーナスの査定について、
少し前に、業正規査定型に変わり、
容疑者のボーナスは減ったそうです。

もともと少ない、給料で、
ちゃんと働いているという
従業員のボーナスも、下げるという、
暴挙に会社側は出たわけです。

元々不満を持っていたのが、
会社側の暴挙に、我慢ならなくなり、
フードテロを起こしたという図式。

本来であれば、マスコミは、
この会社について、もっと突っ込んで、
報道をしていかないとって思う。

個人の特異性を取り上げ、
変質者だから事件を起こしたという
会社側には一切の問題なしと言う方向に持っていく。

これは、国の意向かな?
アベノミクスを進めるうえで邪魔でしょ。

コメンテーターや評論家も、
頭が足りないんじゃないかってことしか言わない。

それが今の日本の病理なんですよ。

まず、容疑者が待遇に不満を持ち、
犯行に及んだという点。

会社の待遇に不満を持っている人って、
今の日本に何百万人もいると思います。

ということは、これからも
こういった事件が起こる、
そう考える方が当然です。

アベノミクスで景気が良くなった?

マスコミがそう言っているだけで、
今回の事件が真実なわけです。

待遇の不満。

1カ月の手取りが12万円。
家族がいて、暮らせますか?

ちゃんと働いていたのに、
さらにボーナスが減らされて、
家族になんて言いますか?

会社側は、周りの企業や、
法的には何の問題もないので、
会社側には一切の責任はありません。

と、お給料をたくさんもらっている人が、
記者会見で喋っていました。

あのさ、周りの企業とか、
法律的にはとか、
その前にさ、考えることあるだろ!

従業員の生活が成り立つのか成り立たないのか。
それが一番大事なんじゃないの?

周りの企業で働いている従業員も、
みんな安月給で頑張っているんだから、
借金膨らませながら、暮らしているんだから、
うちの会社も、従業員の生活はどうでもいいでしょ。

不景気で会社も苦しいから、仕方ないでしょ。
と言いつつ、経営陣は多額の報酬をもらっている。

ちゃんと働いても、
暮らしが成り立たない、
それでも、法的にも問題にならない。

じゃあ、その法ってのが
違うんじゃないのかい?

それを取り上げて、
しっかりと論破していくのが、
マスコミの仕事じゃないんかい!

マスコミがお金に目がくらんだり、
権力に媚売ってどうするんじゃい!

景気が良くなったから、
消費税を上げます。

この容疑者と同じような収入で
暮らしている人たちにとっては、
本当に生きるか死ぬかの問題です。

こう言う人たちが、今の日本に
何百万人もいます。

この何百万人のうちの、
何人かが、同じような事件を
起こす可能性があります。

このままじゃ暮らしていけないし、
だったら、何かやってやろうって。

そう考える人がいても
おかしくないってことです。

本当に国民のことを考える政治家、
従業員の生活のことを考える経営者、

今の日本の、
どこにいるんでしょうね?

だから、ネットジネスやりましょう。
とは言いません。

本来であれば、今、あなたが働いている場所で、
しっかり活躍できて、充実している毎日を送り、
家族もみんな幸せであれば、いいんですもん。

生活が苦しいから、副業とか、
本来はしなくたっていい世界が、
いいに決まっています。

でも、そんな世界は待っていてもきません。
来る前に、我々は死んじゃいますよ。

だから、大切な今を充実させるために、
何かできることをしたい、
そう考えている人に私は寄り添いたい。

そう思っています。

希望とは、強い願望を持ち続けることができるかどうか

今日は、希望とは?
という、漠然としたことであるけど、
非常に大切なことを書こうと思います。

なんで、こんなことを書こうかと思ったかというと、
昨日、一部上場会社に勤める嫁さんからメールで、
会社の月報に、いい言葉が書いてあったといって、
写メが送られてきたんです。

これは、私が常々言っていることが、
具現化されて、しかも明確になっていると思い、
あなたに伝えたいと思ったからです。

今、あなたに希望はありますか?

あなたの希望は何ですか?

この2つに関しては、答えられますよね。
希望がないという人は、いないと思います。

じゃあ、あなたは、希望を叶えるために
今、何をしていますか?

こう聞くと、答えられない人が、
多くなるのではと思います。

嫁さんから送ってきた写メには、
希望について、こう書いてありました。

希望とは、具体的な「何か(something)」を
「行動(action)」によって、
「実現(come true)」しようとする、
「願望(wish)」である。

これは、希望学の基本となる論理です。

この言葉からわかるとおり、
希望とは、願望であるということです。

希望を持つことは大切です。

ですが、その希望を持っているだけ、
頭の中にあるだけでは、死ぬまで希望のままです。

何かを、叶えようとするには、
まずは、行動を起すことが必要です。

ただ、やみくもに、行動しても、
実現するかどうかはわかりません。

実現するために、どう行動すればいいのか、
それをしっかり考えながら、行動する必要があるんです。

さらに、行動し続けるために、
実現するために強い願望が必要です。

希望とは願望である。

希望を持っているだけでは、
何も現実は変わらない。

希望を手に入れることはできない。

あなたが強く思う、何かを実現するために、
考えながら行動し続ける、強い願望を持ち続けること。

そうすれば、現実が変わります。
今が変わり、未来が変わるわけです。

私はこの言葉を昨日まで知りませんでしたが、
まさに、この2年ちょっとの間、これを実行してました。

家族、娘たちとの時間が欲しい!

経済的に困らない生活がしたい!

家族が仲良く笑っている家庭にしたい!

私の「何か」は、要約するとこういうことです。

アフィリエイトとせどりを、
成功者のノウハウをもとに、自分の生活に合うように、
しっかり考え、応用し、行動し続けています。

全てを実現するために、学び続けています。
そして、願望を今も強く持ち続けています。

人生が変わりました。
今が変わりました。
見える未来も、変わってきました。

嫁さんの未来、娘たちの未来も、
私がサラリーマン時代よりも、
より多くの選択肢ができました。

希望を持っているだけでは、
今も未来も、変わりません。

私はサラリーマン時代、
希望だけは持っていました。
でも、何も変わりませんでした。

希望は持っているだけでは、
宝の持ち腐れです。

希望を叶えるために、
今、何をすべきか、
しっかりと考えてみてください。

もし、万が一、希望もなく、絶望に生きているなら…

「何か」「行動」「実現」「願望」のうち
4つの何が、自分に欠けているのか、
じっくり考えてみてください。

あなたの相談は大歓迎ですよ。
お気軽にメールをください。

1年に何万円も確実に節約できる方法

消費税増税の他、物価がどんどん上がっていますね~
これって、一般庶民の我々からしたら、結構切実な問題だと思うんです。

消費税が10%に上がるんですから、今のままの収入であれば、10%節約しないといけないわけですからね。

私も以前は、節約できるところを、かなり節約していましたよ。

でもね、節約って限界があるでしょ。
月に3万円の食費を、2万円にはできても、食費0円にはできませんよね。

電気代だって、月に1万円を、5000円にできても、0円にはできません。

それでも、多くの苦労をして、1円でも削ろうと考えるのは、素晴らしいことだと思います。

ただ、ふと思ったんです。
10%節約する苦労と、10%を増やす努力と、どっちの方が、簡単かなと。

色々やってみたんですけど、10%増やす方が楽だぞ^^

しかも、節約には限界があるけど、収入を増やす方法については、やり方次第で、上限がないんですよ。

例えば、サラリーマン家庭の場合。
月に3万円節約するのと、月に3万円増やすのと、どちらが楽か、考えてみてください。

毎日の食事を質素にして節約。
電気代、ガス代、水道代を、できる限り使わないようにして節約。

欲しいものを我慢して、子供たちの欲しいものも我慢させて節約。

このくらいすると、月に3万円くらい、節約できるかもしれません。

その代りに、大きなストレスを伴います。
全ては我慢が元になっていますから。

その我慢が、たまりにたまっていくことを想像してみましょう。
まあ、みんなイライラしてきますよね~

家庭不和になるかもしれない、ストレスから何か病気になるかもしれない、そう考えると、大きなリスクがありますね。

じゃあ、反対に、月に3万円増やすとしたら、どうでしょう?

会社の給料を今すぐ3万円上げることは、不可能です。
だとすると。会社の給料以外で稼ぐ、いわゆる副業ということになります。

例えば、確実にという事であれば、せどりが一番手っ取り早いです。

1000円の利益が確保できる商品を、月に30個売れば、給料以外に月に3万円の収入を得ることができます。
3000円の利益が確保できる商品であれば、月に10個売るだけで、給料以外で月に3万円の収入を得ることができます。

始めてすぐに、楽勝で収入を上げることは、できないかもしれませんが、繰り返し学んでいけば、ごく普通の生活の中で、できるようになってきます。

始めてすぐにという点では、節約も、一緒ですしね。
節約しようと思って、初めての月に、いきなり3万円の節約って無理なんですよ。

試行錯誤しながら節約できる部分を、いろいろ考えて、試してみて、やっと、1000円節約できた~ってなるんです。
そういうことを30個見つけていくんですよ。
相応の努力と、忍耐と、我慢し続けることが必要です。

じゃあ、せどりはどうか?

相応の努力、まあ、必要です。
忍耐? あまり必要ないです。
我慢? あまり必要ないです。

それよりも、売れると楽しいし、売れるので、仕入れも楽しくなります。

そして、3万円収入増だけではなく、限界のある節約と違って、収入増は、青天井なわけです。
3000円の利益が出るものを、10個じゃなくて、20個売ってもいいわけです。
20個売ったら、6万円の収入増になります。

やればやるだけ、収入が増えるんです。
節約のように限界はないんです。
同じ努力をするなら、収入を増やす努力のほうが、楽しいとは思いませんか?

節約をしている人が、せどりに向いている理由

節約って、同じものなら、安いところで買うことで、お金を少しでも使わないようにしようということですよね。
その努力って、せどりの仕入れと一緒です。

あれ、ということは、せどりを学ぶと、安く買う知識も増えるので、節約にもなるって言うことですよね。
安く買うという部分は、節約も、せどりも一緒です。

さらに言うと、同じものが違う値段で売っていることを、知っているから、安い方を買うという事ですよね。
節約をしている人は、同じものでも、値段が違うという事を知っているという事です。
また、より安く売っている商品を探す才能があるという事です。

なら、ただ節約しているより、安く買ったものを、高く売れる場所で売るだけで、収入増になるということですよね。

節約して、どうにか乗り切ろうという発想。
とっても素晴らしいと思います。

ただ、節約の裏側には、せどりの仕入れ術が、非常に役に立つということも、大切な真実です。

せどりを学ぶことで、生活防衛にもなる。

さらに、大きく稼ぎたくなったら、さらに知識、行動を増やすことで節約以上の、大きなリターンが見込める。

しかも、物を安く買って売るだけなので、リスクは限りなくゼロに近いんです。
だって、仕入れた商品が、ゼロ円になるって言うことは、99%ありませんからね。

あなたがしている節約術を使って、さらなる節約のための学び、学習に、せどりの仕入れ術を学ぶことは、非常に有効な生活防衛の手段になりますね。

もしよかったら、あなたの生活防衛の一環として、せどりを基礎から学んでみるのはどうでしょうか?

あなたの疑問質問、無料メール相談お受けしています。
⇒ 無料メール相談はここをクリック

福山雅治主演の映画 そして父になるを見て、育児をしている父親として思ったこと

私は、2人の娘を持つ父親です。
そして、2人の娘の育児を妻とともにしています。
娘から見ても、私は父親に見えるはずです。

と、ここから始めましょう。

映画「そして父になる」の主題は、父親とは何ぞやという部分から始まり、親と子供の関係というのは本当はなんなのかという事を、一度真剣に考えてみようよ、という是枝監督からの呼びかけに思えた。

福山雅治演じる父親の家庭は、もしかしたら、今の若い人たちが夢見るような生活を手に入れているかもしれない、ただそこには幸せに見えるけど、幸せとは程遠い、空虚な生活があるだけだというのを、映画冒頭で感じることができる。

エリートサラリーマン、残業と休日出勤の末手に入れた、下町の中に不自然にそびえ立つタワーマンションの高層階に、綺麗な妻と一人息子と住んでいる。
息子はピアノを習い、小学校は私立のお受験を受けている、まるでそれが当たり前のように。

妻も、表面上は文句を言わず、従順に父親に従ってはいるが、心の中の不満がたまっていて、精神的に張りつめている感は伝わってくる。
というのも、一人で息子を育て、自分には不釣合いではないかと思われるくらいの生活を手に入れてしまい、それに対応しようと、無理をしているのが、見ていてわかる。

そんな家庭に、幸せはない。
あるのは見せかけの幸せだけ。

6歳まで育てた子供が、もし、自分と血がつながっていないと突然わかったら

そんな、見せかけの幸せが続くと思っていた家庭に、大きな問題が投げかけられる。
あなたの息子は、生まれた病院でもしかしたら、取り違えがあった可能性があると。

そして、DNA検査の結果、生物学上、親子ではないという結論が出る。
そこから、見せかけの幸せは、崩れていく…

そんな風にして、物語は始まり、展開していく。

ここで、1つ考えてみる。
自分は生物学上、父親であると言える人は、多くいると思う。
イヌでも、ネコでも、人間でも、交尾した結果、子供が生まれた時点で、生物学上の父親にはなれる。

ここで考えるべき点は、あなたは生物学上の父親かもしれないけど、人間として、精神的に父親に成長していますかという事。
女性は元々、本能として母性があるうえに、子供を身ごもり、実際に生まれるまでの間に、充分に母親として学び、成長する期間がある。
また、生まれてからも、おっぱいをあげたり、世話をすることで、充分に母親として成長することができる。

この映画で、福山雅治の役、エリートサラリーマンの彼は、生物学上の父親ではあるが、残念ながら、父親に成長できていない、ただの男性です。

ここを勘違いというか、わかっていない男性が多すぎるのが、諸悪の根源なのである。

父親に成長できていない男性が、大多数の日本社会。
ですから、生物学上の父親ではあっても、精神的な成長がないから、ただの男性で、父親とは言ない。
その、父親に成長していない男性が動かしているのが、日本社会なのです。

ということは、母親の気持ち、子供の気持ちは斟酌できないくせに、なぜか、父親だとなぜか威張る。

映画の中では、6年間育てた子供と、血がつながっている生物学的な子供と、どちらを選ぶのかという選択が迫られる。
当然のように、育児をしていない、父親に成長していない、福山雅治は、二人の子供を同列に考えることができる。
なぜかって言えば、育児をしていない分、一緒の時間を過ごしていない分、子供に対する愛情が薄いからだ。

それに対して、専業主婦で子供を一人で悩み、あがき、苦労して育てた母親は、血がつながっていなくても、育ててきた6年間を捨てることなんかできない。当たり前の話だ。

自分のこと、自分に仕事のことだけに生きてきた男と、一生懸命、一人で子供を育ててきた、母親。
二人の意見が一致するはずがない。

この二人が、この先、ずっと幸せに生きていくには、福山雅治が父親に成長するしかない。
でも、なかなか、それに気づかない。

だから、この映画のタイトルは、「そして父になる」なのだ。

精神的に父親に成長するために、どうするべきか?

生物学上の父親は、動物と一緒で、人間的な父親ではない。
女に子供を産ませて、あとは、育ててじゃ、動物の父親と変わらない。
というか、動物だって育児に協力する父親はたくさんいる。

じゃあ、なぜ、日本の男性は、父親に成長できないのか?

仕事が忙しすぎるというのはあると思う。
朝から晩まで働いて、子供が起きている時間に家にいないとか、当たり前だったりする。
それなのに、子供を作る行為だけはできたりしてるので、ある意味不思議ではあるが…

まあ、それは置いておいて、男性が親としての意識は低いのは否めない。
特に、日本の男性は仕事さえしていればいいという風潮、雰囲気はあるので仕方ない部分もある。

ただ、だからと言って、その流れに身を任せて、自分を父親に成長させることをサボっている男性が、すごく多いのも事実ではある。

男性が人間的な父親になるためにはどうすればいいか、考えてみよう。

まず、男性には母性がない。
だから、親になる素質は、もともと女性より低い状態で生まれてくるのだ。

じゃあ、何でカバーしたらいいのか?

他の事例で考えてみよう。
例えば、プロ野球選手になるための素質も、体格もない人が、どうしてもプロ野球選手になりたいなら、努力するしかないよね。
素質がある人の何倍も、努力するしかないよね。

それと一緒ですよ。
もともと、親になる素質は、女性に劣るわけだから、女性以上に頑張るつもりで、育児しないと。
そして、それをカバーできるのが、時間です。

子供は、より多くの時間を過ごした大人に気を許します。
これは理屈ではなく、おそらく子供が持っている本能だと思います。

一緒により多く遊んだ、一緒に何か作業した、勉強した、など、一緒に過ごした時間に重きを置くのです。

じゃあ、男性はどうすればいいか?
一緒に遊びましょうよ。

仕事の日が無理なら、休みの日に、たくさん遊びましょうよ。
疲れたとか、任せたとか、面倒くさがるところじゃないでしょ。

父親に成長して、父親として、誰も変わることのできない、一生で一番大切な仕事を全うしましょうよ。
奥さんに任せて、子供と一緒に、子供のままでいるのは、止めましょうよ。

父親って、誰でもなれるものじゃないんですよ。
しっかり、学んで、成長して、その後にやっと父親になれるんです。

あなたの未来に、子供がほしいという願望があれば、また、もう子供がいるのなら、しっかり学んで、男性から、父親にレベルアップしてくださいね。

そして父になったと胸を張って、家族とともに嬉しい時間を過ごせるようになりましょうね。

映画 そして父になるは、子供はいるけど、父親になれていない男性、そんな旦那さんを持った奥さんが一緒に見るべき映画です。
地味ですが、一杯感じてください。たくさん考えてください。

父親とは何か?
親とは何か?

結論は、あなた自身が出しましょうね。

消費税増税 復興税の廃止 法人税の減税 ここから見えてくる日本という国のかたち

 
安倍さんがとうとう、決断しましたね。

消費税8%に上がります。
しかも、法人税は減らし、復興税は前倒しで終わりです。

まあ、安倍さんとしては
オリンピックに向けて、国を前に向かせたいんでしょうね。

お金を持っている人たちの税金を減らし、
日々の暮らしに困っている人、被災者には、
増税をするという、明確な態度をハッキリさせたわけです。

仕方ないんですけどね。

消費税の議論している人たち、諮問会議のメンバーは、
全員、富裕層ですから、消費税をあげないという選択肢は、
始めから無かったわけです。

だって、お金持ちの税金を減らして、
国民に増税するというのは、歴史的に見ても、
支配者層が選択してきた、決まった道ですからね。

これに、派手に反抗したり、
安倍さん許せないと言って危害を
加えるようなことをすると、捕まっちゃいます。

いくら正しいことを主張しても罪人です。
国に逆らったら、正しくても罪人ですから、
国民の我々は、いくら間違った選択でも受け入れざるを得ないわけです。

食料品の値上げ 物価高 野菜価格も高止まり 国民の暮らしは苦しくなる

今日から、食料品が軒並み、値上げになっています。
さらには、12月には小麦粉の値段も上がるので、
あらゆる加工品の値段が年末には上がります。

野菜の値段は、高いまま、安くなりません。
気候だけではなく、育てるために必要な肥料、
また機械を動かすための燃料が上がっているので、
野菜の値段は、気候が安定しても下がりません。

というわけで、物価はどんどん高くなります。
これは、日本政府アベノミクスが機能しているからです。

インフレを無理やり起こしている結果です。

国民の生活は全く良くならないまま、
物価だけ上がり続けています。

お給料が増えるのか?

というか、法人税の減税分を
雇用、とお給料を上げるために使えと、
政府は言っていますが、上がりませんよ。

だって、今は資本主義の世界です。
資本主義の世界の、企業の目的は利潤の追求です。

利潤の追求をするために、
お金の力で政府までも動かして、
税金を安くしろ、足りない分は国民から集めろ。

そうやって動いているのが今の日本です。

だって、国の施設や、自治体の施設ですら、
利益の上がらないものは潰して売り払っています。

企業だけではなく、国までもが利潤の追求をし始めています。

国は本来、企業ができない儲からない事業を、
国民から集めた税金で続けていくことが本来の姿です。

それが、国までも、利潤の追求をしている昨今。

お給料が、絶対に上がらないとは言いません。

大企業の正社員さんは、上がるでしょうね。
法人税の減税分の10分の1くらいは、給料に回ります。

じゃあ、非正規社員は?
パートアルバイトの時給は?

上げるはずないですよね。

国は、そんな人たちの給料まで上げるとは言ってないし、
国が見ているのはあくまでも正社員、
サラリーマンの平均給与であって、
それがたとえ、今働いている人の半分以下だとしても、
高度成長期からずっと指標としてきたので、
それしか見えていないわけです。

今回の、消費税増税の判断基準も
サラリーマンの平均給与が、今年の1月より、
約1%ほど、上がっていることが根拠ですから。

国、政府は我々、国民のことを見ていません。
というか、下々の人のことは見ていません。

国は国民から税金をどれだけ取れるかだけを、
数字上で判断して、搾り取ろうとしているだけです。

だって、安倍さんの周りに、一般の国民って誰もいないでしょ。
だから、残念ながら安倍さんには、国民の声は届きません。

給料が上がらないまま、オリンピックまで物価高は続く

それよりも、給料が上がらない中の、
増税と物価高、このまま続きますよ。

どんどん、物価は高くなります。
オリンピックに向けて、どんどん物価は上がります。

あなたが、大企業のサラリーマンだったら、
少しは給料上がるかもしれませんから、いいかも。

ただし、物価の方がはるかに上がりますよ。

そのままだと、今の生活を維持できるかどうか?
悪くなる可能性が高く、しかもインフレで物価が上がれば、
今までの蓄えも、一気に目減りします。

さらに、住宅ローン等の大きな借金があれば、
一気に金利はあがり、今より多くの返済を迫られます。

会社員であるリスク、雇われているリスクが顕在化する

さあ、あなたはどうする?

雇われる側って、本当に、これからはリスクが大きくなります。
それに気づいている人は、すでに行動に移っています。

最近、私から教材を買って副業を始める人が、凄く多いです。
月に20人以上はいますよ。

そのほとんどの人が、正社員の人、
または正社員の人の奥さんです。

さらに言うと、そのほとんどが、
一部上場企業、大学生に大人気の企業に勤めている人、
お医者さん、看護師さん、大きな大学病院に勤めている人など、
国家公務員、地方公務員、その他、高給取りと思われている人たち。

一般の人から見たら、エリートと呼ばれている人達が、
次々と、副業を始めています。

その理由は、今のままでは、生活が厳しいとか、
今のまま勤めていても、何の希望もないというんですよ。

大学生たちが就職したい会社、
人気上位にランクしている会社に勤めている人たちが、
生活が厳しい、子供たちとの時間がない、
このまま勤めていても、何の希望が持てないと言って、

私のような派遣社員すら勤まらなかった人間に、
教えてくださいと、お願いに来るんですよ。

人の命を救うはずのお医者さんや看護師さんが、
自分たちの生活が危ういと言って、
患者さんの命を助けた後、ブックオフで、ピコピコしているんですよ。

凄い世の中だと思いませんか?

でも、気付いているから、
行動を起こしているから、凄いと思います。

やっぱり、一流企業に勤めている人なんかは、
アンテナ張っているんでしょうね。

若いころから世の中を見ていて、
将来をしっかり考えているからこそ、
一流企業で、他の人に比べたら、高い給料をもらっていても、
しっかり考える力は持っていて、考えるだけではなく、
行動に移さないといい結果はついてこないということも、
しっかりわかっているんでしょうね。

そして、子供たちに対する責任感も強いのだと、本当に思います。

苦しくなる国民の生活、悲惨な未来が訪れる前にできること

だから、気付いて行動に移している人は、
これから、いくらでも人生を切り開けるので、
いいと思いますけど、反対に行動できていない人、
まだ、他力本願の人とか、何にも考えられない人。

悲惨ですよ。
これからの日本で生きていくこと自体が悲惨です。

例えば、月給手取り50万円の正社員の人、
会社もつぶれる心配がない人が、このままではダメだ、
このまま雇われていては、何も実現できない、
何も実現できないまま人生を終えてしまう。

だから、行動を起こさないといけないんだ。
アフィリエイト、せどり、輸入転売、輸出転売など、
どれから始めて行こう。

そう考える人と、

派遣社員、家族がいて、子供もいて、
3か月更新で、時給1200円の人。

いくら働いても、月の手取り20万円くらい。

いつ契約は終わるかわからない、
手取りだけでは、とてもじゃないけど、
子供の給食代も払う余裕はない。

でも仕方ない、仕事があるだけマシだ。
と言って、安い居酒屋で飲んだり、ランチは吉牛の並だけとか。

そう考える人の何と多いことか。

本来、どっちがヤバいかというと、後者です。
でも、後者の人って、動かないんですよ。

面倒くさいとか、自分にはできるわけないとか、
そんなの詐欺だよとか、行動も起していないのに、
言い訳ばかり考えて、言い訳考えるのは得意だたりするんですよ。

なんか、人生が見えてきませんか?

一流企業に勤めている人と、
今、まさに人生テンパっているはずなのに、
そこから逃げようとする人たちの違い。

一事が万事、そういうことです。
一つ一つ、今までの人生での決断が、
そういう人生を形作ってきているんですよ。

とか言っている、私も、
完全に後者だったし、そういう人生でした。

でも、38歳の時、
自分の人生変えてやろうと思って、
そして、愛する人たちを幸せにしたいと思って、
今までの人生を、辞めたんです。

今までの自分を辞めたんです。

そして、新しい自分と共に、
毎日毎日、考え行動して、変えたんです。

誰にも頼らず、自分の力で変えたんです。

そして、今があります。

ずっと前から、言ってますけど、
もうわかったでしょ。

国に頼って、どうするんですか?

国は、我々国民が、快適に暮らすためにあるものです。
それが、ある時、性格を変えるんですよ。

国が、我々国民から、快適な生活を奪うように変わるんです。
だったら、我々は、知恵、知識を持って、
我々から奪おうとする、国を利用して、
自分に有利に立ち回らないといけないんです。

国に頼るのではなく、国を利用するんです。

会社だって、そうですよ。

会社は、会社の利潤の追求をするために存在しているんです。
マルクスの資本論にそう書いてありますから。

会社は会社の利潤を追求するなら、
あなた自身だって、あなた自身の利益を追求しなきゃ。

会社に尽くすって、会社側、支配者側が作った言葉ですからね。

自分の利益にならないことを、会社のためにする。

自分が損することを会社のためにすると、
会社は、あなたに栄誉と名誉を与えます。

世界大戦中、自分の命を犠牲にすると、
国は、栄誉と名誉を与えました。

これは、そう教育され、そういう思想を植え付けられたから、
それをありがたく思った、賜ったわけです。

じゃあ、会社のために尽くし
会社から、栄誉と名誉を与えられること、
それがいい事、凄いことだというのは、
戦後社会の教育の元に出来上がった思想です。

同じなんですよ。

倫理?
倫理や道徳は、国の教育次第でどうとでも作れます。

気付いている人は、会社の国も頼れない、
自分でどうにかしないと、そう思って動き出しています。

物価が上がるということは、
物を買っておけば、価格は上がります。

ということは、物価が上がる事を利用すれば、
物販は、今までのデフレ社会よりも、何倍も稼ぎやすいです。

今まで20年間、デフレです。
ですから、インフレの社会を知っている人って、
アラフィフ、50歳前後の人っていうことになります。

あなたが、もし、アラフィフなら、
バブルのころの雰囲気、社会って覚えていると思います。

物価は上がるのが当たり前っていう社会です。

そのころは給料もガンガン上がっていましたし、
働いている人のほとんどが正社員でしたから、
今とは違いますが、あの時代が戻ってくるんですよ。

ということは…
どうやったら稼げるかわかりますよね。

仕入れて、売るだけです。

あなたがもし、40歳以下なら、
どっぷりと、デフレ世代ですから、
あなたの持っている常識とかがこれからは通じなくなります。

あなたの考えていることは、間違っているとは言わないまでも、
今までとは、違う社会が、これから展開していくのです。

しっかり学び、行動しないと、過去の人になります。

ここまで言ったら、もうわかると思うんですけど、
今、あなたが、正社員だとしても、派遣だとしても、
アルバイトだとしても、パートだとしても、
年齢がいくつであろうと、ニートだとしても、
今のあなたの収入がゼロだとしても、等しく言えること。

今のままでは、幸せになれないという事。

日々学び、日々考え、日々行動して、
流されるままだった人生から、自分で抜け出さないと。

今までの、自分を卒業して、
新たに、これから始めてみる。

それができれば、今のあなたの状況に関係なく、
あなたは、幸せになれる可能性があるっていうことです。

もし、学びたい、行動したいというなら、
ネットビジネスから始めてみてはどうですか?

何でも相談してください^^
あなたからメールが来たら、私は凄く嬉しいです!

だって、行動の第一歩を踏み出したという事ですからね。

東京都帰宅困難者対策条例が、親と家族の信頼を分断する

働いているお父さん、お母さん、東日本大震災の時、子供の安全を確保できましたか?
あれは首都直下型ではなく、東北で起こった地震です。
それでも、あれだけの大混乱を巻き起こしたわけです。

会社にお勤めのお父さんお母さん、今のうちに子供に言っておいてくださいね。
大きな地震や災害が来たら、あなたを守ることはできないから、しっかり自分で生き抜いてって。

なんで、こんなことを言うかっていうと、実際に考えられるというか、 東京都帰宅困難者対策条例とは、そういう条例です。

大きな震災、災害があった時には、お家に帰っちゃいけませんよという条例です。
だから、大きな地震が来た場合、会社員の人は、安全が確保されるまで、混乱が収まるまで会社で待機しなさいという決まりです。
これは、罰則なしの条例ではあるので、破ってもいい条例なのですが、大半の人は守ると思われます。

これは、東日本大震災の時の私の経験ですが、私は豊洲の会社から、亀有まで歩いて帰りました。
小さな娘と、嫁さんが大切だったからです。

9割くらいの人は会社に泊まったようです。
電車が動くようになるまで、待っていたようです。

私は安否もわからなかったので、必死になって歩いて帰りました。
革靴で足の裏に血豆ができてつぶれて、痛くても、疲れても、歩いて帰りました。

安否がわからない、もしかしたら、部屋の中で、嫁さんが大きな物の下敷きになって、その隣で泣き叫んでいる娘がいるかもしれない。
だったら、俺が帰らないと、二人を救うことができない。

また、大きな地震がさらに襲ってきて、マンションや、高層ビルが崩壊してしまって、みんな、もろとも死んでしまうかもしれない…

だったら、大好きな家族と共に死にたい。
だから、1秒でも早く家にたどり着きたい。

必死になって帰って、家に着いたら二人とも無事でした。

安心しました。
そして、嬉しかった~
心の底から、嬉しいと思いました。

翌週の月曜日、会社に行くと、みんなから、歩いてよく帰れたな~
凄いな~と大勢の人から、言われました。

殆どの人たちが会社に泊まり、翌日以降、電車が動き始めてから帰ったそうです。

その時、疑問に思ったんですよ。

パパさんも沢山います。
みんな、家族の事、子供の事、大切じゃないのかなって?

もし、奥さんが部屋で何かの下敷きになっていたら、小さな子供が、ママを救おうと頑張っていたとしたら、もし、さらなる大きな地震がきたとき、家族はどうでもよく、会社で死んでもいいと考えたのか?

それとも、何も考えなかったのか?
それとも、何もせずに、全部あきらめてしまっていたのか?

こいつら全員、どっちみち頭おかしいんじゃねーのって。
私はそう思ってしまったんですよ。

その、2か月後、会社を辞めました。

そして、大切な存在を守るために、試行錯誤した結果、アフィリエイトをはじめ、せどりを始め、今では、大切な存在をしっかり守ることができるようになりました。

今は、下の娘が、小児病棟に入院していますが、面会時間はフルに一緒にいてあげることもできます。
悲しいことに、小児病棟で面会時間になっても、ママが来てくれない子供とかも沢山います。
まだ、言葉もしゃべれないような子供よりも、優先する大切なことってなんなのだろうと考えさせられます。

また、小児病棟に、殆ど、パパはきません。
日曜日でも、祝日でも、パパは私以外に見かけたことがありません。

みんな、母子家庭なのかなって思うくらいです。
父親って、今の時代、家庭にいないのが普通なのかなって思ったりもします。

なんか、悲しいですよ。
ママもパパも、同じ親なんでしょって。

親がいない間、子供たちはみんなママ~って泣き叫んでいるんだよ。
来たいと思っているけど、来れないは、都合のいい言い訳でしかありません。

ちゃんと、子供を見てあげられるような働き方をしようよ。
どこでもいいからとかではなくって、しっかりそういう働き方ができるよう努力しようよ。

あ、ちなみに、共働きのパパママは、保育園とかにしっかり確認しておきましょうね。
日中、大きな地震で帰れなくなった場合、帰宅できるようになるまで、混乱が収まるまで、しっかり預かってくれるのか。

ちなみに、帰宅できるのは3日目以降だそうですよ。
1歳の子供であろうが、保育園に預けていたら、震災が起きた場合、3日間は会えないと思ってくださいね。

ネットは一切使えない前提で、また、電話も使えない前提で、しっかり対策を考えてくださいね。

私は、自分の家族は自分で守れるので、大丈夫ですが…

会社員のあなたは、子供にちゃんと言っておいてくださいね。
大きな災害があった時には自分は安全が確認できるまで帰ってこれないから、しっかり一人で生き抜いてねと。

それを言っとかなかったら、子供は親に助けてもらえるものだと期待します。
その期待を裏切る前に、しっかり伝えておいてください。

私は、そんなことを家族に言うことはできなかったので、自分の手で家族を守れるように、学び考え努力して、家族をしっかり守れるようになりました。

あなたは、どうしますか?

まずはお礼から。

せどり風神無料登録キャンペーンですが、
多くの方から、とってもいいツールを紹介していただき、ありがとうございました。
というメールをたくさんいただきました。

また、私が提供した登録特典プレゼントに関しても、多くの人からこんなに手の内を明かしてしまってもいいの?
というメールをたくさんいただき、喜んでいただきました。

そのお蔭もあり、トップ10にランクインし、総合順位で7位になることができました。

3千数百の読者数のメルマガで、何十万部のメルマガ読者を持っている人たちと肩を並べてランクインすることができました。

全ては、協力いただいたおかげです。

それと同時に、何万、何十万の読者がいなくても、3千数百の読者のメルマガでも、充分に稼ぐことができる、そういう証明ができたのかなと思っています。

私は、あなたから信頼いただき、私が持っている考え方、知識を発信して、価値提供をし、稼がせていただこうと常日頃から考えております。

それは、これからも変わりませんし、さらなる価値を提供できるよう、学びつづけようと思っています。

あらためまして、ありがとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いします。

本来であれば、せどり風神キャンペーンが終わった昨日、記事を書くつもりだったのですが、書けませんでした。

というのも、1歳5か月の娘が入院したので、ちょっとバタバタしていたんです。

日曜日から、40度の高熱を繰り返していて、お薬も飲んでいたんですが、あまり状態は良くならず、いつも通っている小児科で、一度、精密検査した方が安心ですよと言われ、その足で、慈恵医大という近くの大きな病院にタクシーでいきました。

内診、レントゲン、血液検査、点滴、半日かけて検査してもらい、RSウイルスと軽い肺炎を併発しているとのこと。

入院でも、通院でもどちらでもいいと言われたのですが、7月から娘の体調が不安定だったのと、状態が急変した時の対応等を考えた時、一度入院して、全部診てもらったほうが安心だと、瞬時に決断し、入院させることにしました。

さいわい、私の時間は自由になるので、面会時間は私がフルに付き添っていられるし、保育士さん、看護師さん、医師の方々。
みんながしっかり娘のことを見ていてもらえるので、そのほうが、娘の身体にとって一番だなと判断しました。

自分の状況とか、殆ど考えず、お金のことも一切考えず、ただ100%、娘の身体にとって何がベストなのか?
それだけで、判断できる状況を作れている自分が、本当に良かったと、心から思いました。

会社員であれば、会社の仕事のことや、収入の事、面会時間の事、いくらかかるのかという事、娘の身体以外に、色々な要素を考え無くてはならないし、娘の身体以外の理由で、娘の身体を最優先にできない状況だって、充分にあり得るわけです。

それが、娘の身体を最優先、それ以外の要素は全く考えず決められるという幸せ。
本来は、これが当たり前なんですけど、現実問題、できない人が凄く多い。

当たり前のことが、当たり前にできる、その環境を、自分の力で作り出してゆくことこそが、本当は、必要なんじゃないかなと、考えるわけです。

インターネットで稼いで、旅をして、美味しいものを食べて、旅行先でメール一通で何百万円も稼ぎましたって、そんなイメージばかりネットビジネスでは、先行しているけど、私が考える自由って、そういう事よりも、大切な存在を大切にできる自由。

それが、本来の目的なんじゃないかなって。

大切な存在を守るために、人は働くんじゃないかなって。
働く意味って、全てはそこに集約されるんじゃないかなって、最近は、そう考えるようになってきました。

今のあなたの働き方は、
大切な存在を、守ることができますか?
大切な存在を、守れる自由はありますか?

一度、考えてみてくださいね^^

今日は、15時から20時までが面会時間です。
その時間はずっと、入院している娘との時間です。

残業代がゼロ。日本企業総ブラック化。サラリーマン奴隷化法案試験的に導入

アベノミクスの正体が、いよいよわかってきました。

簡単に言うと、お金持ちはよりお金持ちに。
貧乏人は、より貧乏に。

もう明確ですよね。

ホワイトカラー・エグゼンプションとは?

年収800万円超の課長以上の正社員が対象になります。
労働基準法では、労働時間の上限は1日8時間、週40時間と規定されています。

しかし、今回のホワイトカラー・エグゼンプション導入されれば、この規定はなくなります。

どういうことかというと、残業代も休日・深夜割り増しもゼロにしてもいいよ。
会社は、社員にお金払わないでも、働かせてもいいよというとんでもない法案です。

国が、タダ働きさせてもいいと認める法案ですからね。
これは、サラリーマンを奴隷に使って稼いでくださいっていう国のメッセージですよね。

課長職以上というと30~40代くらいかな?
中間管理職は、精神的な負担が大きいのに、給与も減る。
育児世代であり、これからの日本を支えていく世代です。

その人たちを、タダ働きさせようという法案。

横暴ですよね。
明らかに悪法です。

その反面、法人税の減税。

これ、どういうことかわかりますか?

経営者は、給料を払わないでいい、税金も安くするよ。
だから、日本の景気指標を大幅に良くしてねっていうことです。

反対に、サラリーマン、労働者には、消費税の増税、残業代ゼロ。
負担を増やして、給料を減らすという事ですからね。

お金持ちは、よりお金持ちに。
貧乏人は、より貧乏に。

この意味わかったでしょ。

有識者の中にはこんなことを言っている人もいます。

「そもそも中間管理職は、自分の数字を上げながら若手社員の面倒も見なくてはいけない。どんなに生産性を上げても残業せざるを得ない状況です。基本給が上がるならまだしも、ただ残業代をゼロにするだけならば、体のいい人件費カットです。社員はいいようにコキ使われ、ブラック化が進むだけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

「過労死やうつが増える。過労死やうつに至るのは、もともと、休日返上してでも働く真面目な人。そこに、ホワイトカラー・エグゼンプション導入で『自分の裁量で成果を上げろ』と言われれば、ますますエンドレスに働いてしまいます」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

じゃあ、私たちはどうすればいいのか?

簡単じゃないですか。
労働者に厳しくなり、経営者には負担が軽くなるなら、経営者になっちゃおうよ。

ネットビジネスなら、1年くらいでゼロから経営者になれます。
しっかり真面目に取り組めば、それが充分に可能なんです。

しかも、初期資金は限りなくゼロに近いですから、リスクも低い。
やって失敗しても、失うものは何もないんです。

挑戦しない人生なんて、楽しくないじゃないですか。

あなたは、いつから挑戦しなくなりましたか?
あなたの最後の挑戦はなんですか?

子供たちを見ていて思うんです。
毎日、毎日、いつでも挑戦しています。
だから、毎日のように成長できているんです。

歩くのだって、椅子に上るのだって、少し早く歩くのだって、全部挑戦です。
その挑戦を辞めてしまったら、成長も止まるんですよ。

人間、挑戦を辞めてしまったら、停滞するしかないんですよ。
挑戦しないままだったら、一生、どんより停滞した人生になっちゃうんですよ。

しかも、今回のホワイトカラー・エグゼンプションです。
タダで働けと、国が言ってるんですよ。
そんな悪法に従う必要ないですよ。

ただし、文句言ったり、抗議したりするのは筋違い。

自分がどう行動して、幸せになれるかを考えるべきです。
文句言ったり抗議しかしない人たちで幸せになった人はいません。
だって、人のせいにしているだけですもん。

自分がどうしたら幸せになれるかを考え、行動した人だけが幸せになれるし、この状況を打破できるんです。
人を変えることを考えるよりも、自分自身が変わることを考えないと。

人を変えることなんて、できないですよ。
自分自身が変わること、それを自分で意識して始めて変わることができます。

自分が変わると、自分が進化すると、未来が変わります。
自分が進化すれば、家族の未来、子供たちの未来が変わります。

キッカケは何でも構わないと思います。
自分を進化させる、挑戦する心を思い出すことさえできれば、必ず幸せになれます。

幸せになりたい人、いつでも相談に乗ります。
メールくださいね^^

サラリーマンの生活と思考 悪くはないけど、良くはならない現実

サラリーマンの友人たちの悩みを聞きました。

先日、高校時代の友人と飲みに行ってきました。
上場会社のサラリーマンで、みんなマンションや一戸建てを買って、
住宅ローンがたっぷり残っています。

某大手自動車会社の開発部門に勤める友人は、
2歳の息子がいて、今奥さんは2人目を妊娠して、
実家に息子と共に帰っているそうです。

都内、山手線沿線から歩けるくらいの場所に
建てたばかりの、大きな一戸建てに今は一人暮らしです。

なぜ、奥さんが実家に帰ってしまったかというと、
友人は奥さんや子供が寝ている朝早い時間に出勤して、
帰ってくるのは、奥さんも子供も眠った後の毎日で、
休日も疲れていて、半日以上は寝ていて、
奥さんと子供は出かけて、擦れ違いばかりだそうです。

子供と遊ぶ時間、奥さんとまともに会話する時間は、
殆どなく、会社と家の往復で給料とボーナスを運んでいるだけ。

この状況なので、2人目を妊娠した奥さんは子供を連れて、実家に。

広い家にいても、旦那もいないし、いざという時に一人だと、
心細いので、いっそのこと実家に帰ろうということになったそうです。

今は月に1回、奥さんの実家に行っているらしいです。
週末の休みは、洗濯やら掃除やらで、つぶれてしまい、
子供や奥さんに毎週会いに行ったりはできないと言います。

結婚して3年目、都内に新築で一戸建てを建てて、
ずっと同じ会社で20年以上、真面目に勤めていて、

それなのに、小さな子供と遊ぶ時間はほとんどない、
顔見ることも殆どない、奥さんは旦那が頼りなくて実家に帰る。

今は、広いおうちで一人ぐらい同然で、週末は家事に追われ、
奥さんの実家にいる、奥さんや、子供に会う事すらできない…

二人目が生まれても、生活は大きく変わらないでしょう。
奥さんの負担は増える一方で、友人は仕事に逃げる一方。

凄く真面目に生きてきてるのに、全然幸せそうじゃない。
お金の自由も、時間の自由も、子供との幸せの時間までない。
奥さんとまともに話す時間すらない。

これじゃ、まともな家族になれるはずない。
でも、日本のサラリーマンの標準的な姿なんでしょうね。
聞いてて、悲しくなりました。

また、他の友人は、都内に新築のマンションを去年買って、
2人の娘は小2と幼稚園。奥さんは育児のために仕事を辞めました。

そんな中、年に一回、人事異動の可能性があるそうです。

今年は東京勤務のままで、話は落ち着いたらしいんですが、
次あたりは、移動になるかもな~と言ってました。

名古屋か仙台か?

当然、買ったばかりのマンションは都内なので通えないので、
単身赴任になるかな~と言っていました。

今でも娘と奥さんに会うのは、土日のみらしいです。
しかも、接待ゴルフ等で土日も仕事になることもあり、
娘との約束も、うかうかできないと言っていました。

サラリーマンにつきものの転勤ですが、
ある意味、不思議な気がします。

居住の自由を会社に奪われているというのは、
かなり横暴で、本来なら人権侵害に近いものがないかと?

転勤を断ったりすると、その後のサラリーマン人生に大きなマイナスを残します。
それが怖くて、転勤の辞令を断ることができない。
これは、権力による脅迫であり、パワーハラスメントだよね。
それが平気で行われている日本社会は、やっぱりおかしくないか?

小さな娘から父親を奪う行為を会社が、会社の利益のために平然と行う。
言語道断だよ。

それを、人事異動のたびに
ビクビクしなければいけないストレスにさらされ、
辞令が出れば、従わざるを得ないという弱い立場に甘んじているのも、
かなり、いい加減で、人生を捨てちゃってる感じがしなくもない。

全然、幸せに見えない、友人たち。

悪いことは一切してません。
むしろ、真面目に一生懸命生きている人たちです。

そういう一般庶民が、全然幸せじゃない。
というか、今後、幸せになれる希望がない。
これは、大きな問題なんだけどな~

今すぐ、どうにかなる問題ではないけど、
真面目に、一生懸命生きていたら幸せになれるという
そういう短絡的で、国から押し付けられた教育が間違っていることに気付いてほしい。

アベノミクスで給料増えた?って聞いたら、
増える気配はない、でも今度のボーナスは増えそうだから期待していると。

ただ、住宅ローンの金利が高くなるのに戦々恐々としていて、
景気なんか良くならないでいいのにと言ってました。

もう、本末転倒なわけです。

景気が良くなれば、給料が増えるだろうという次元ではなく、
給料が増えることよりも、借金の金利が大きくなってしまう事の方が、
何倍も心配になっているのが、サラリーマンの現状です。

景気が良くなる、景気が悪くなる、
変化を望まないという、どうしょうもないところまで
一般庶民は思考停止させられているんですよ。

首相の安倍さん、わかっているかな?

私が言いたいことは、
もっと、真剣に考えて、頭を使って生きましょうと言う事。
もっと、自分の幸せに対して、がむしゃらにやろうよっていう事。

サラリーマンさんは、思考停止しちゃってます。
というか、会社や、思考停止させられています。

何故かと言えば、会社にとって都合がいいから。

かつての、私もそうでしたから。
今の立場になって、外から見ているとそれを強く感じます。

自分が幸せになって、次に家族に、子供に幸せになってもらう。
自分が幸せじゃないと、他の誰かを幸せにすることなんてできません。

自己犠牲?

あなたが犠牲になってできた家族の幸せを、心から喜ぶ家族はいません。
もし、喜んでいる家族がいたら、すでに家族の感情はなくなっています。
あなたは、家族からお金を運んでくる奴隷としかみられていません。

あなたも、家族も、子供たちも幸せなのが本当の幸せです。
今、気づいて立ち上がれば、まだまだ夢が見れますよ。
諦めているあなたを、置き去りにして、私の生活は毎日幸せになってきています。