福山雅治主演の映画 そして父になるを見て、育児をしている父親として思ったこと

私は、2人の娘を持つ父親です。
そして、2人の娘の育児を妻とともにしています。
娘から見ても、私は父親に見えるはずです。

と、ここから始めましょう。

映画「そして父になる」の主題は、父親とは何ぞやという部分から始まり、親と子供の関係というのは本当はなんなのかという事を、一度真剣に考えてみようよ、という是枝監督からの呼びかけに思えた。

福山雅治演じる父親の家庭は、もしかしたら、今の若い人たちが夢見るような生活を手に入れているかもしれない、ただそこには幸せに見えるけど、幸せとは程遠い、空虚な生活があるだけだというのを、映画冒頭で感じることができる。

エリートサラリーマン、残業と休日出勤の末手に入れた、下町の中に不自然にそびえ立つタワーマンションの高層階に、綺麗な妻と一人息子と住んでいる。
息子はピアノを習い、小学校は私立のお受験を受けている、まるでそれが当たり前のように。

妻も、表面上は文句を言わず、従順に父親に従ってはいるが、心の中の不満がたまっていて、精神的に張りつめている感は伝わってくる。
というのも、一人で息子を育て、自分には不釣合いではないかと思われるくらいの生活を手に入れてしまい、それに対応しようと、無理をしているのが、見ていてわかる。

そんな家庭に、幸せはない。
あるのは見せかけの幸せだけ。

6歳まで育てた子供が、もし、自分と血がつながっていないと突然わかったら

そんな、見せかけの幸せが続くと思っていた家庭に、大きな問題が投げかけられる。
あなたの息子は、生まれた病院でもしかしたら、取り違えがあった可能性があると。

そして、DNA検査の結果、生物学上、親子ではないという結論が出る。
そこから、見せかけの幸せは、崩れていく…

そんな風にして、物語は始まり、展開していく。

ここで、1つ考えてみる。
自分は生物学上、父親であると言える人は、多くいると思う。
イヌでも、ネコでも、人間でも、交尾した結果、子供が生まれた時点で、生物学上の父親にはなれる。

ここで考えるべき点は、あなたは生物学上の父親かもしれないけど、人間として、精神的に父親に成長していますかという事。
女性は元々、本能として母性があるうえに、子供を身ごもり、実際に生まれるまでの間に、充分に母親として学び、成長する期間がある。
また、生まれてからも、おっぱいをあげたり、世話をすることで、充分に母親として成長することができる。

この映画で、福山雅治の役、エリートサラリーマンの彼は、生物学上の父親ではあるが、残念ながら、父親に成長できていない、ただの男性です。

ここを勘違いというか、わかっていない男性が多すぎるのが、諸悪の根源なのである。

父親に成長できていない男性が、大多数の日本社会。
ですから、生物学上の父親ではあっても、精神的な成長がないから、ただの男性で、父親とは言ない。
その、父親に成長していない男性が動かしているのが、日本社会なのです。

ということは、母親の気持ち、子供の気持ちは斟酌できないくせに、なぜか、父親だとなぜか威張る。

映画の中では、6年間育てた子供と、血がつながっている生物学的な子供と、どちらを選ぶのかという選択が迫られる。
当然のように、育児をしていない、父親に成長していない、福山雅治は、二人の子供を同列に考えることができる。
なぜかって言えば、育児をしていない分、一緒の時間を過ごしていない分、子供に対する愛情が薄いからだ。

それに対して、専業主婦で子供を一人で悩み、あがき、苦労して育てた母親は、血がつながっていなくても、育ててきた6年間を捨てることなんかできない。当たり前の話だ。

自分のこと、自分に仕事のことだけに生きてきた男と、一生懸命、一人で子供を育ててきた、母親。
二人の意見が一致するはずがない。

この二人が、この先、ずっと幸せに生きていくには、福山雅治が父親に成長するしかない。
でも、なかなか、それに気づかない。

だから、この映画のタイトルは、「そして父になる」なのだ。

精神的に父親に成長するために、どうするべきか?

生物学上の父親は、動物と一緒で、人間的な父親ではない。
女に子供を産ませて、あとは、育ててじゃ、動物の父親と変わらない。
というか、動物だって育児に協力する父親はたくさんいる。

じゃあ、なぜ、日本の男性は、父親に成長できないのか?

仕事が忙しすぎるというのはあると思う。
朝から晩まで働いて、子供が起きている時間に家にいないとか、当たり前だったりする。
それなのに、子供を作る行為だけはできたりしてるので、ある意味不思議ではあるが…

まあ、それは置いておいて、男性が親としての意識は低いのは否めない。
特に、日本の男性は仕事さえしていればいいという風潮、雰囲気はあるので仕方ない部分もある。

ただ、だからと言って、その流れに身を任せて、自分を父親に成長させることをサボっている男性が、すごく多いのも事実ではある。

男性が人間的な父親になるためにはどうすればいいか、考えてみよう。

まず、男性には母性がない。
だから、親になる素質は、もともと女性より低い状態で生まれてくるのだ。

じゃあ、何でカバーしたらいいのか?

他の事例で考えてみよう。
例えば、プロ野球選手になるための素質も、体格もない人が、どうしてもプロ野球選手になりたいなら、努力するしかないよね。
素質がある人の何倍も、努力するしかないよね。

それと一緒ですよ。
もともと、親になる素質は、女性に劣るわけだから、女性以上に頑張るつもりで、育児しないと。
そして、それをカバーできるのが、時間です。

子供は、より多くの時間を過ごした大人に気を許します。
これは理屈ではなく、おそらく子供が持っている本能だと思います。

一緒により多く遊んだ、一緒に何か作業した、勉強した、など、一緒に過ごした時間に重きを置くのです。

じゃあ、男性はどうすればいいか?
一緒に遊びましょうよ。

仕事の日が無理なら、休みの日に、たくさん遊びましょうよ。
疲れたとか、任せたとか、面倒くさがるところじゃないでしょ。

父親に成長して、父親として、誰も変わることのできない、一生で一番大切な仕事を全うしましょうよ。
奥さんに任せて、子供と一緒に、子供のままでいるのは、止めましょうよ。

父親って、誰でもなれるものじゃないんですよ。
しっかり、学んで、成長して、その後にやっと父親になれるんです。

あなたの未来に、子供がほしいという願望があれば、また、もう子供がいるのなら、しっかり学んで、男性から、父親にレベルアップしてくださいね。

そして父になったと胸を張って、家族とともに嬉しい時間を過ごせるようになりましょうね。

映画 そして父になるは、子供はいるけど、父親になれていない男性、そんな旦那さんを持った奥さんが一緒に見るべき映画です。
地味ですが、一杯感じてください。たくさん考えてください。

父親とは何か?
親とは何か?

結論は、あなた自身が出しましょうね。

消費税増税 復興税の廃止 法人税の減税 ここから見えてくる日本という国のかたち

 
安倍さんがとうとう、決断しましたね。

消費税8%に上がります。
しかも、法人税は減らし、復興税は前倒しで終わりです。

まあ、安倍さんとしては
オリンピックに向けて、国を前に向かせたいんでしょうね。

お金を持っている人たちの税金を減らし、
日々の暮らしに困っている人、被災者には、
増税をするという、明確な態度をハッキリさせたわけです。

仕方ないんですけどね。

消費税の議論している人たち、諮問会議のメンバーは、
全員、富裕層ですから、消費税をあげないという選択肢は、
始めから無かったわけです。

だって、お金持ちの税金を減らして、
国民に増税するというのは、歴史的に見ても、
支配者層が選択してきた、決まった道ですからね。

これに、派手に反抗したり、
安倍さん許せないと言って危害を
加えるようなことをすると、捕まっちゃいます。

いくら正しいことを主張しても罪人です。
国に逆らったら、正しくても罪人ですから、
国民の我々は、いくら間違った選択でも受け入れざるを得ないわけです。

食料品の値上げ 物価高 野菜価格も高止まり 国民の暮らしは苦しくなる

今日から、食料品が軒並み、値上げになっています。
さらには、12月には小麦粉の値段も上がるので、
あらゆる加工品の値段が年末には上がります。

野菜の値段は、高いまま、安くなりません。
気候だけではなく、育てるために必要な肥料、
また機械を動かすための燃料が上がっているので、
野菜の値段は、気候が安定しても下がりません。

というわけで、物価はどんどん高くなります。
これは、日本政府アベノミクスが機能しているからです。

インフレを無理やり起こしている結果です。

国民の生活は全く良くならないまま、
物価だけ上がり続けています。

お給料が増えるのか?

というか、法人税の減税分を
雇用、とお給料を上げるために使えと、
政府は言っていますが、上がりませんよ。

だって、今は資本主義の世界です。
資本主義の世界の、企業の目的は利潤の追求です。

利潤の追求をするために、
お金の力で政府までも動かして、
税金を安くしろ、足りない分は国民から集めろ。

そうやって動いているのが今の日本です。

だって、国の施設や、自治体の施設ですら、
利益の上がらないものは潰して売り払っています。

企業だけではなく、国までもが利潤の追求をし始めています。

国は本来、企業ができない儲からない事業を、
国民から集めた税金で続けていくことが本来の姿です。

それが、国までも、利潤の追求をしている昨今。

お給料が、絶対に上がらないとは言いません。

大企業の正社員さんは、上がるでしょうね。
法人税の減税分の10分の1くらいは、給料に回ります。

じゃあ、非正規社員は?
パートアルバイトの時給は?

上げるはずないですよね。

国は、そんな人たちの給料まで上げるとは言ってないし、
国が見ているのはあくまでも正社員、
サラリーマンの平均給与であって、
それがたとえ、今働いている人の半分以下だとしても、
高度成長期からずっと指標としてきたので、
それしか見えていないわけです。

今回の、消費税増税の判断基準も
サラリーマンの平均給与が、今年の1月より、
約1%ほど、上がっていることが根拠ですから。

国、政府は我々、国民のことを見ていません。
というか、下々の人のことは見ていません。

国は国民から税金をどれだけ取れるかだけを、
数字上で判断して、搾り取ろうとしているだけです。

だって、安倍さんの周りに、一般の国民って誰もいないでしょ。
だから、残念ながら安倍さんには、国民の声は届きません。

給料が上がらないまま、オリンピックまで物価高は続く

それよりも、給料が上がらない中の、
増税と物価高、このまま続きますよ。

どんどん、物価は高くなります。
オリンピックに向けて、どんどん物価は上がります。

あなたが、大企業のサラリーマンだったら、
少しは給料上がるかもしれませんから、いいかも。

ただし、物価の方がはるかに上がりますよ。

そのままだと、今の生活を維持できるかどうか?
悪くなる可能性が高く、しかもインフレで物価が上がれば、
今までの蓄えも、一気に目減りします。

さらに、住宅ローン等の大きな借金があれば、
一気に金利はあがり、今より多くの返済を迫られます。

会社員であるリスク、雇われているリスクが顕在化する

さあ、あなたはどうする?

雇われる側って、本当に、これからはリスクが大きくなります。
それに気づいている人は、すでに行動に移っています。

最近、私から教材を買って副業を始める人が、凄く多いです。
月に20人以上はいますよ。

そのほとんどの人が、正社員の人、
または正社員の人の奥さんです。

さらに言うと、そのほとんどが、
一部上場企業、大学生に大人気の企業に勤めている人、
お医者さん、看護師さん、大きな大学病院に勤めている人など、
国家公務員、地方公務員、その他、高給取りと思われている人たち。

一般の人から見たら、エリートと呼ばれている人達が、
次々と、副業を始めています。

その理由は、今のままでは、生活が厳しいとか、
今のまま勤めていても、何の希望もないというんですよ。

大学生たちが就職したい会社、
人気上位にランクしている会社に勤めている人たちが、
生活が厳しい、子供たちとの時間がない、
このまま勤めていても、何の希望が持てないと言って、

私のような派遣社員すら勤まらなかった人間に、
教えてくださいと、お願いに来るんですよ。

人の命を救うはずのお医者さんや看護師さんが、
自分たちの生活が危ういと言って、
患者さんの命を助けた後、ブックオフで、ピコピコしているんですよ。

凄い世の中だと思いませんか?

でも、気付いているから、
行動を起こしているから、凄いと思います。

やっぱり、一流企業に勤めている人なんかは、
アンテナ張っているんでしょうね。

若いころから世の中を見ていて、
将来をしっかり考えているからこそ、
一流企業で、他の人に比べたら、高い給料をもらっていても、
しっかり考える力は持っていて、考えるだけではなく、
行動に移さないといい結果はついてこないということも、
しっかりわかっているんでしょうね。

そして、子供たちに対する責任感も強いのだと、本当に思います。

苦しくなる国民の生活、悲惨な未来が訪れる前にできること

だから、気付いて行動に移している人は、
これから、いくらでも人生を切り開けるので、
いいと思いますけど、反対に行動できていない人、
まだ、他力本願の人とか、何にも考えられない人。

悲惨ですよ。
これからの日本で生きていくこと自体が悲惨です。

例えば、月給手取り50万円の正社員の人、
会社もつぶれる心配がない人が、このままではダメだ、
このまま雇われていては、何も実現できない、
何も実現できないまま人生を終えてしまう。

だから、行動を起こさないといけないんだ。
アフィリエイト、せどり、輸入転売、輸出転売など、
どれから始めて行こう。

そう考える人と、

派遣社員、家族がいて、子供もいて、
3か月更新で、時給1200円の人。

いくら働いても、月の手取り20万円くらい。

いつ契約は終わるかわからない、
手取りだけでは、とてもじゃないけど、
子供の給食代も払う余裕はない。

でも仕方ない、仕事があるだけマシだ。
と言って、安い居酒屋で飲んだり、ランチは吉牛の並だけとか。

そう考える人の何と多いことか。

本来、どっちがヤバいかというと、後者です。
でも、後者の人って、動かないんですよ。

面倒くさいとか、自分にはできるわけないとか、
そんなの詐欺だよとか、行動も起していないのに、
言い訳ばかり考えて、言い訳考えるのは得意だたりするんですよ。

なんか、人生が見えてきませんか?

一流企業に勤めている人と、
今、まさに人生テンパっているはずなのに、
そこから逃げようとする人たちの違い。

一事が万事、そういうことです。
一つ一つ、今までの人生での決断が、
そういう人生を形作ってきているんですよ。

とか言っている、私も、
完全に後者だったし、そういう人生でした。

でも、38歳の時、
自分の人生変えてやろうと思って、
そして、愛する人たちを幸せにしたいと思って、
今までの人生を、辞めたんです。

今までの自分を辞めたんです。

そして、新しい自分と共に、
毎日毎日、考え行動して、変えたんです。

誰にも頼らず、自分の力で変えたんです。

そして、今があります。

ずっと前から、言ってますけど、
もうわかったでしょ。

国に頼って、どうするんですか?

国は、我々国民が、快適に暮らすためにあるものです。
それが、ある時、性格を変えるんですよ。

国が、我々国民から、快適な生活を奪うように変わるんです。
だったら、我々は、知恵、知識を持って、
我々から奪おうとする、国を利用して、
自分に有利に立ち回らないといけないんです。

国に頼るのではなく、国を利用するんです。

会社だって、そうですよ。

会社は、会社の利潤の追求をするために存在しているんです。
マルクスの資本論にそう書いてありますから。

会社は会社の利潤を追求するなら、
あなた自身だって、あなた自身の利益を追求しなきゃ。

会社に尽くすって、会社側、支配者側が作った言葉ですからね。

自分の利益にならないことを、会社のためにする。

自分が損することを会社のためにすると、
会社は、あなたに栄誉と名誉を与えます。

世界大戦中、自分の命を犠牲にすると、
国は、栄誉と名誉を与えました。

これは、そう教育され、そういう思想を植え付けられたから、
それをありがたく思った、賜ったわけです。

じゃあ、会社のために尽くし
会社から、栄誉と名誉を与えられること、
それがいい事、凄いことだというのは、
戦後社会の教育の元に出来上がった思想です。

同じなんですよ。

倫理?
倫理や道徳は、国の教育次第でどうとでも作れます。

気付いている人は、会社の国も頼れない、
自分でどうにかしないと、そう思って動き出しています。

物価が上がるということは、
物を買っておけば、価格は上がります。

ということは、物価が上がる事を利用すれば、
物販は、今までのデフレ社会よりも、何倍も稼ぎやすいです。

今まで20年間、デフレです。
ですから、インフレの社会を知っている人って、
アラフィフ、50歳前後の人っていうことになります。

あなたが、もし、アラフィフなら、
バブルのころの雰囲気、社会って覚えていると思います。

物価は上がるのが当たり前っていう社会です。

そのころは給料もガンガン上がっていましたし、
働いている人のほとんどが正社員でしたから、
今とは違いますが、あの時代が戻ってくるんですよ。

ということは…
どうやったら稼げるかわかりますよね。

仕入れて、売るだけです。

あなたがもし、40歳以下なら、
どっぷりと、デフレ世代ですから、
あなたの持っている常識とかがこれからは通じなくなります。

あなたの考えていることは、間違っているとは言わないまでも、
今までとは、違う社会が、これから展開していくのです。

しっかり学び、行動しないと、過去の人になります。

ここまで言ったら、もうわかると思うんですけど、
今、あなたが、正社員だとしても、派遣だとしても、
アルバイトだとしても、パートだとしても、
年齢がいくつであろうと、ニートだとしても、
今のあなたの収入がゼロだとしても、等しく言えること。

今のままでは、幸せになれないという事。

日々学び、日々考え、日々行動して、
流されるままだった人生から、自分で抜け出さないと。

今までの、自分を卒業して、
新たに、これから始めてみる。

それができれば、今のあなたの状況に関係なく、
あなたは、幸せになれる可能性があるっていうことです。

もし、学びたい、行動したいというなら、
ネットビジネスから始めてみてはどうですか?

何でも相談してください^^
あなたからメールが来たら、私は凄く嬉しいです!

だって、行動の第一歩を踏み出したという事ですからね。