残業代ゼロが、当たり前の社会に向かう日本経済

ヤバいニュースが、流れてますね~
しかも、サラリーマンの方、そのご家族、
要するに、あなた自身に、凄い関係のある話です。

煽りでもなんでもなく、
昨日、私主催のチャットで書き込んだままの内容、
チャット参加者の反応と共に、そのまま書きますね。

— ここから —

[2014/05/28 9:18:23]ちゃぼすけ:

残業代ゼロ法案のニュース
このニュース、ヤバイね。
社員を全員、幹部候補生にすれば、365日24時間
残業代なしで会社の奴隷として使えるという法律が決まります。

働く側主導ではなく、財界側、経営者側主導で
決まった法律なので、今後、どうなるかは火を見るより明らか。

これからは、堂々と残業代払わずに、
働かせ続けることができます。

経営者側は、残業代が浮くので、
会社の利益は伸びます。

その数字が一人歩きして、
日本は景気が良いことになります。

経営者、財界、政府は、万々歳です。

これからは、幹部候補、役職者より、
平社員の方が残業代の分、収入が多くなります。

そのうち、平社員にも法律は適用になるだろうけど…

と、いうわけで、サラリーマンが幸せになる道が、
今まで以上に厳しくなりそうです。

[2014/05/28 9:26:17]T :
残業代なしの裁量労働はうちの会社でも
20年ほど前から取り入れています。

私はそちらの方が働きやすかったけど、
あくまでも毎年の本人との協議の上で決めています。

残業代なしというか、その分を見込んでいるんですが。
会社都合で強制的に となると問題ですね。

[2014/05/28 9:38:00] ちゃぼすけ:

一応、労使と本人の承諾が条件ですが、
断ることでリストラ対象になるのではとか、
働きずらくなるのではとか、色々考えてしまうのが、
日本人労働者です。

有給休暇を取ることも言い出せないんですから、
まあ、労働者の意志が反映することはないでしょう。

経営者と労働者の立場が対等な場合に、成り立つ話で、
今の日本企業では、圧倒的に経営者が強い上に、

労使は雇用を守るためと弱腰なので半強制的になるのは、
明らかなのではと、懸念しています。

さらに、サラリーマンには交渉能力がない人が多いのも事実だし、
法的知識は、皆無に近いとなれば、法律のプロがついている経営者側が
圧倒的に有利なのは、揺るがないんだよね~

[2014/05/28 9:42:03] T:

そういう意味でも、副業をして別の世界で
経営者としての経験を積むというのは、
すごくいいことだと思います。

会社との交渉力もアップしますし。

[2014/05/28 9:42:13] ちゃぼすけ:

それにしても、昨日の夕方のニュースで、
過労死防止法案が可決とか、あった気がするけど、
兼ね合いは、どうなってるんだろう?

帰ってから、じっくり調べてみよう♪

Tちゃん、そうゆう情報発信もできるよね。
感謝もされるしね♪

[2014/05/28 9:44:07] ちゃぼすけ:

色々な角度から、物事を見ることによって、
色々な形で情報発信ができます。
だから、情報発信は、面白い!!

情報発信するために、色々調べているうちに、
自然と知識は増えていき、さらなる多くの視点から
物事を見ることができるようになってきますから、
さらに、面白くなる。

知識、発信の好循環が、回るようになりますよ。

[2014/05/28 9:47:19] T:

いいですねー!!!

[2014/05/28 9:47:39] ちゃぼすけ:
さて、戻って、調べてみようっと♪

[2014/05/28 9:51:09] M:

みなさん、おはようございます。

かんぶこーほ、何とも曖昧な響きですねw

聞いただけでは幹部と言う定義が曖昧ですし、
残業代つく=パンピーで、
出世の目は無くなったってこと?とも取れます。

まあ性善説的な解釈に基づけば、
一般社員の中から頭角を表した優秀な人材を
幹部候補生として引っ張りあげて・・・となるんでしょうが、

十把一絡げに「諸君らは栄えある我が社の幹部候補である、
社の躍進のため奮励努力せよ!」とやってしまえば、
その時点で新卒でも残業代ゼロでこきつかえますね^^;

今でさえ名ばかり役職者が問題になってるんですから、
実際の役にもつけず「候補」にするだけで、
コストカットができる手管を経営者が見逃すはずがありませんw

[2014/05/28 9:57:38] M:

過労死防止云々については、見知った限りでは
企業が社員を使い潰したツケを国にまわして
税金で処理する、的な印象しか残りませんでした。

法人税下げと相まって、吸い上げられるのは庶民。

庶民が使い潰された被害の賠償を、別の庶民が負う形ですね。
サラリーマン死亡みたいな煽りをかます輩はどうかと思いますが、
冷静に「雇われない生き方」を模索していく必要があると感じましたよ。

[2014/05/28 10:31:42] ちゃぼすけ:

過労死防止法案、ダメだね。
労働時間抑制がカギとしながらも、
何もそれに対する有効手段はない。

有名無実の法律で、やはり、
残業代ゼロ法案が圧倒的に強いね。

さっそく16年4月からだから、来年からだよね。
ずいぶん急いでるな~

Mさんの言うとおり、性善説に基づいて考えているのは大前提なんだけど、
それなら、今の法律でも、充分に機能しているはずで、過労死とかないんだよね。

性善説で経営者が動くのであれば、
それは資本主義の利潤の追求とは逆方向に行く可能性が高いので、
どうしてもそうは動けない。

だから、法律の解釈を経営者がする時に、
利益の追求が最優先し、理性や良心は、
その次になってしまっている、現状からすると、
悪用される可能性が99%かなと思うのは、当たり前の考えで、

むしろここでしっかりと、8時間以内、
例えば毎日、6時間で社員を帰宅させる企業が
出てきて利益が上がるなら、その企業は本物だけど、

それはおそらく、大企業ではなく、
中小企業からになるのではという気もします。

まあ、どちらにせよ、今後、今まで以上に、
一人でできる仕事に憧れる人が増えてくるはずです。

その受け皿として、我々がいるわけですから、
それぞれが稼ぐ力を付けつつ、
後続の希望となるよう、頑張りましょうね!

— ここまで —

基本的には、せどり転売や情報発信のための
チャットなんですけど、こんなに濃いやりとりも、
結構あったりします。

昨日、私が言っていることが、
やはり懸念材料として、今日アップされています。
5/29の残業代ゼロ法案の懸念材料をまとめたニュース

ちょっと考えればわかること。

報道を受け取るだけではなく、
どんどん自分で考えられる力、
知識を付けていきましょうね。

さて、あなたは、どうしますか?

残業代がゼロになっても、
会社の利益ために自身の心身の健康と、
家族との時間を犠牲にして働き続けますか?

真剣に今後の幸せになるための人生を、
考えてみるべき時期だと思いますよ。

映画 青天の霹靂は、頑張るぞって思える、いい物語。

まず、劇団ひとり監督、とってもいい映画を撮ったね。
たくさんの笑いと、一粒の涙の物語という宣伝文句でしたが、私はボロボロ泣きました。

面白くて、感動して、そして、元気をもらえる映画です。

主人公の大泉洋は、40歳でうだつの上がらないマジシャン。
独身で、夢も希望もない、惨めな生活を送ってきたせいか、
世の中を拗ねてみていて、自分の人生はこんなものかと、あきらめている。

私も、数年前までそんな感じだったので、
とっても、その気持ちがわかるんだよな~
年を取っていく中で、何も変わっていかない人生。

頑張ってたつもりなのに、一向に良くなっていかない状況に
人生の諦めも入りまじり、何のために俺生きてるんだ?
そんなことを考え始めると、もうなにも頑張れなくなる。

そして、自分の人生を、親のせいにする。
親が悪いから、自分の人生が良くないんだと…

そんな彼が、ふとしたきっかけで、
40年前の世界にタイムスリップしてしまう。

1973年の浅草が舞台。
ちょうど、私の生まれた年で、
私が生まれたころは、浅草もこんなに賑わっていたのかと、
賑わいが終わろうとしている浅草が描かれている。

そこで、自分の親たちに会って
自分が生まれるまでの騒動や、父親母親の想いを
目の当たりにしていく中で、主人公は自分の人生に希望を見出していく。

そして、親の想いを直接感じることで、
俺はいったい何をやってるんだ?
まだまだ、頑張らないとって生きる力を奮い立たせていくわけです。

そして、自分を生んでくれてありがとう。
育ててくれて、ありがとうって、改めて思うんですよ。

自分を生む直前の母親に向かって、
「あなたの存在が、僕の生きる理由です」
そう、告げる場面、もう涙が止まりませんでしたよ。

自分が生まれるとき、生まれた直後、
親は、どんな思いだったんだろうって、
あらためて考えさせられました。

私は娘が生まれたとき、すごく嬉しくて、
娘のためなら、何でもやってやろう、そのために頑張ろうって思いました。

であれば、私の親も、私が生まれたときに、
そう思ってくれてたんだと思うんですよ。

そんなこと、今まで考えたことなかったけど、
今回の映画を観たことで、考えるキッカケになりました。

私の父はもう他界しているので、
ありがとうって言うことはもうできません。
でも、改めて言いたいですよ。

私が生まれる前に母も父も夢をあきらめました。
ふたりとも元々ダンサーで、舞台で踊っていました。

私が生まれる前にダンサーを辞め、
雇われる仕事について、私と妹を育てるために、
朝から晩まで働き続けてくれました。

今になってわかるんですよ。
自分の目指していた夢をかなえるよりも、
私の存在を大切に思ってくれて、
一生懸命育ててくれたんだなって。

自分の親の自分に対する想い。
考えたこともなかった。

青天の霹靂を見たことによって、
考える機会をもらったわけです。
それだけでも、凄いことだって思います。

青天の霹靂は、本当にいい映画です。
もし、良かったら、映画館でご覧になってくださいね。

映画

楽しみを実感するためには、考えるだけではなく行動を起こすこと

楽しい週末は過ごせましたか?

うちは、金曜日の夜はママ会だったので、
保育園の仲良しママたちが集まって、
お酒飲んでお喋りしている間、
子供たちを預かって、一緒に夕飯食べて
パパがお迎えに来たら、少し一緒に喋って飲んで…

ママたちはもちろん、
一緒に夕飯を食べれた子供たちも楽しく、
私も、パパ同士で喋れて飲めて楽しく、
過ごせた夜でした^^

土日は、あちこちの公園に行ったり、
図書館に行ったり、遊び疲れて一緒にお昼寝したり、
子供たちと、ずっと一緒のいつも通りの休日で、
いつものとおり、充実した週末でした^^

ということで、今週も楽しみますよ~(笑)

さて、私の力の源、原動力にもなる、
読者さん、購入者さんからのメールを紹介します。

こういうメールをいただけるから、
私が今の仕事を続けられているんだなと痛感します。

すっごく嬉しいメールをいただきました。

—– ここから —–

【お名前(ハンドルネーム)】
 としあき
【メールアドレス】
 
【お問合せ内容の引用について】
 ブログ・メルマガに引用可(HN、またはイニシャル)
【お問合せ・ご質問】

ちゃぼさん、お久しぶりです。

先月 コンサルタント?(^-^)をうけたとしあきです。

1ヶ月間やってきた成果を報告しますね。

売上¥43890 利益は¥10000ぐらいでした。

金額は少ないですが 人生初の副業で稼いだお金です。
ほんっっっとに嬉しいです(^_^)
金額ではなく可能性をビンビン感じている所です。

来月 再来月と売上を伸ばせる手応えを感じでいるので、
日々ワクワクしてます。(楽しくて1日何回もAmazonにログインしちゃいます(^^))

ずーと営業やってきたので 売ることが大好きな自分がいますね(^-^)

今年の目標は本業の仕事もしっかり成果を残し、
副業でも月30万 利益10万を稼げる自分に成長することです。

ちゃぼさんには本当に感謝してます。
実際に会わなかったら自分の中で
せどりで稼いだるイメージを持てないまま行動しきれなかったと思います。

仕事内容は変わっていないですが、
気持ちの分だけ 本業も副業もノリノリの自分がいます(^o^)

明確な目標を持つことは大事ですね。
部下によく言ってることですが 自分が改めて実感しました。

今月の勉強会は参加出来ませんが 音声を楽しみにしてます。
それでは失礼します。

—– ここまで —–

としあきさんに、コンサルなんかしてないんですよ^^

先月、としあきさんからメールをいただき、
亀有まで行きます、都合も何とかつけます、
会ってお話聞かせてくださいと言うので、
亀有まで来ていただいて、一緒に飲んで話しただけです(笑)

そのあと、私から特に話はしていないのに、
教材を購入して、私と一緒に頑張りたいということで
先月の私主催のシークレットセミナーに来ていただき、
その後、忙しかったらしくて連絡がなかったのですが、
久々にメールが来たら、こんな内容でした。

もうね、嫁さんにも、すぐに話しましたよ。
嬉しくって^^

だって、自分と会って、頑張って、
実際に行動して、利益を出して、
サラリーマンがツライと言っていたのに、
本業も副業もノリノリですなんてメール貰ったら、
本当に嬉しくって、涙出てきますよ。

私は、一人でも多くの人に、
充実した時間、人生を送ってほしいと思って、
この情報発信を続けています。

そして、昨日もメルマガで話しましたが、
夢や希望を語っているだけのメルマガでは、
限界があるから、リアルの世界でも、動きだしました。

売込みばかりの、くそメルマガなんて
そもそも、眼中ないですけど(笑)

ネットビジネスをやっているほとんどの人が、
自分だけが幸せになりたいという部分で始めていて、
そこに終始している人が多すぎるのが、
凄く気持ち悪いんです。

なので、どっぷり浸かりたくはなくて、
ネットビジネスを学ぶというよりも、
もっと大きな、人間や社会、そして幸福学など、
色々な多くの視点から、多くのことを吸収して、
それをアウトプットしていきたいって思っています。

そして、それが、一人でも多くの人に
充実した時間を過ごすきっかけになって欲しいと思っています。

だから、ネットビジネスの小手先のテクニックとか
極端な話、どうでもいいと思っていて、
もっと、大きな視点からしっかり学ぼうよって、
どんどん、発信していきたいと思っています。

だから、全員が起業しないと幸せになれないとか、
そんなこと、これっぽっちも思っていなくて、

幸せは、人それぞれの形があるって思っています。

だから、人それぞれが、自分が思っている幸せに、
辿り着けるように、幸せへの道しるべを示してあげたい、
幸せに向かう、キッカケを作ってあげたい、
日々そう思っています。

そうするために、私は学び、行動し、活動します。

としあきさんは、
私と会って話して、行動して、

「仕事内容は変わっていないですが、
気持ちの分だけ 本業も副業もノリノリの自分がいます(^o^)」

こういう気持ちになってくれた。
もう、私にはこれで充分です。

というか、私はあとは、フォローしていくだけです。

幸せへのキッカケを作ることはできた。
道筋を示すことはできました。

あとは、としあきさん自身で、学び頑張り、
自分のペースで進んでいってもらうしかないですから。

私はそのフォロー、迷いそうになった時のアドバイスはできますが、
それ以上のことは、私にはできません。

また、それ以上のことを私がしてしまっては、
としあきさん自身が幸せにはなれないんです。

幸せは、あくまでも、自分の手で作り出さないと、
継続はしませんから…

継続しない幸せほど、不幸なことはないですからね。

というわけで、積極的に行動できる人、
思い切って行動できる人は、幸せになれる可能性が大きいです。

年齢は関係ありませんよ。

20歳でも、60歳でも、それ以上でも、
今から学びたい、幸せになりたいという気持ちを、
強く持って行動できれば、遅いということはありません。

逆に、そういう気持ちを持っていない人は、
いくら若くても、幸せにはなれません。

もし、あなたが、幸せになるキッカケが欲しいと思っているなら、
ぜひ、ご相談のメールくださいね。

あなたの幸せのために、相談に乗りますから^^

面接必勝法は愚の骨頂 不幸になる面接はやめませんか?

フェイスブックの方では、すでに公表したのですが、
先日、葛飾区のある審議会の面接に行きました。

面接の前に、小論文の審査があったのですが、
それが無事通り、面接に行ってきました。

面接なんか、本当に久々でしたが、
緊張することもなかったです。

なぜなら、自分を飾ろうともしてないし、
演じようともしていないし、
向こうの話をじっくり聞いて、
自分の話を正直にして、
お互いにメリットがあるなら、
手を組みましょうというものですから。

面接官は3人。
それぞれ順番に話をされました。

面接官の方が、名前を名乗らずに話し出したので、
すみません、お名前はと、私が聞き返して、
名乗ってくれた上で、順番にお話し、質問をしてくださいました。

私は話を良く聞き、質問に対して、
その場で噛み砕いて考え、答えていきました。

全ての話を聞いて、すべての質問に答えたあと、
私はそちらの役に立つと思います。
もし、私の考えや意見が必要だという事なら、
一緒にやっていきたいと思います。

必要と思わなければ採用頂かなくて結構ですので、
よろしくご検討くださいと、言って出て来たら、
1週間後に、就任が決まったとの通知が来ました。

男女平等推進審議会委員に就任が決まりました。

面接の意味が、41歳になって、
やっとわかった気がします。

受験や、就職活動の面接は、
あれは、誰も幸せにならない面接ですね。

自分でない自分を演じて、
採用してもらう事がゴールだったり、
必勝法とか、傾向とかそんなのを
本や塾で学んだりとか。

そうじゃないよ。

お互いに求めているものが、
一致するかしないかを、
見極める場が面接であって、
どちらかが演じていたり、
自分でない発言をしている時点で、
それは、無意味なんだよ。

演じている人物を採用した方も、
採用された方も、幸せにはなれないよ。

本や塾で習った必勝法で、採用になっても、
自分ではないんだから、そこから苦労するよ。
採用した側も、違うなって思うよ。

そうしたら、幸せではないよ。

そんなことが、今更わかりました。

というわけで、私は、
今まで通り、メルマガでは夢や希望を語りつつ、
現実社会を変えていく活動も、本格的に始めます。

やっぱり、いくら情報発信でまともなことを言っても、
言うだけで終っていたら、口だけ野郎だし、
結局は、負け犬の遠吠えでしかないからね。

ネットビジネスやっている人の殆どが、
言いたいこと言ってるけど、
何もやってないなって言うのも、
前から気になっていたので、
私が、さきがけになってみますよ^^

まあ、今まで通り、語りますけど、
それと同時に、もっと幸せな人を増やすために、
現実社会でも、活動をしていきますよ。

これからも、よろしくお願いします。

みんなが嬉しい、ちょっとしたプレゼント

今日は母の日ですね。

あなたは何をプレゼントしますか?

大切な人に、何かプレゼントをする。
その口実を、与えてくれている日です。

プレゼントを買いに行くのが恥ずかしいとか、
考えるのが面倒だとか、色々あるかもしれませんが、
せっかく、どのお店に行っても、
プレゼント用の商品が、固まって陳列されているんですから、
面倒さも、恥ずかしさも、かなり軽減されるはずです。

ぜひ、あなたからプレゼントをして、
大切な人を笑顔にしませんか?

うちは、あらかじめプレゼントを買っておいて、
隠しておきましたよ。

娘たちからと、私からの分。

そして、昨日の夕方、公園に遊びに行ったときに、
近くの花屋さんで、お姉ちゃんに、1本ずつ花を選んでもらって
花束を作って、渡しました。

本当は、今日渡そうかと思っていたのですが、
お姉ちゃんに何日か前に、ママへのお手紙を書いてもらったので、
早くプレゼントを贈りたくてソワソワしてたので、
今日まで秘密にさせておくのも、可哀相だなと思って、
昨日の夕飯の時に渡しました。

プレゼントをするお姉ちゃんも嬉しい。
貰った嫁さんも嬉しい。
それを見ている、私も嬉しい。
みんなが嬉しいから、おチビちゃんも笑顔。

母の日、プレゼントをするだけで、
家族みんなが、それぞれの想いを胸に、
心からの笑顔が溢れてくる。

素敵だと思いませんか?

あなたも、そんな笑顔を作りませんか?

母の日、あなたは何を贈りますか?

自分のことばかり考える親たちが多すぎる悲しい現実

昨日は、お姉ちゃんの跳び箱体操教室。
3回目だったのですが、なんと跳び箱3段跳べました。

跳び箱の飛び方すら知らなかったのに…

本人が跳び箱跳びたいと思った、
その時に、教えてくれる場所を探し連れて行った、
毎回、やる気満々で取り組んだ。

ただ、それだけです。
できなかったことが、できるようになりました。

子供って、凄いね~
じゃないですよ。

誰だって、できるんですよ。

生まれてはじめての事、
ワクワクして、真剣に取り組んで、
一所懸命教えてくれる人の話に耳を傾け、
考えながら体を動かしていく。

それを何度でも繰り返していくだけです。

子供たちを、よく見て、
子供たちと、話をしていると、
できる子と、できない子の違いが分かります。

あることが、できる子と、できない子の違い。

あることに対して、ワクワクしているかどうか。

強い興味があるかどうか。

あることについて、話をちゃんと聞いているか。

それを本当にやりたいと思っているか。

達成するために全力で行動しているか。

それを、応援してくれる人がいるか。

それができた時に、一緒に喜んでくれる人がいるか。

このあたりが確実に
できる子と、できない子は、違います。

そして、大人も一緒です。
ここに挙げたことがないと、大人もできません。

子供だからとか、そういう目で見ていると、
自分の成長、自分が忘れていたことを、
思い出すチャンスすら、自分で放棄してしまっているんですよ。

公園で、子供たちと遊んでいると、
子供と遊んでいる親がいかに少ないことか…

特にママ。
小さな子供を遊ばせておいて、
ママたちは、お喋りに夢中になっています。

公園に子供たちと遊びに来ているのか、
ママがお喋りに来ているのか、わかりませんよ。

子供のことを放っておいて、おしゃべりに夢中。

子供の泣き声や、大きな声が聞こた時に、
面倒くさそうに寄ってきて、怒ったり、
周りの人に文句言ったり。

何も見ていないのに、子供の話も聞かずに、
ただ怒るママ、周りのせいにするママ。

本当に多いです。

お前が見ていないから、トラブルんだろ!って。

子供の話を聞いてあげない親。
子供が話をしだすと、うるさいとさえぎる親。

そして、昨日の体操教室でも
先生の話をあまり聞かずに、
ふざけて参加している子供がいて、

当然、何をやってもできなくて、
前回の教室が終わった後、その子のママは、
真剣にやりなさいと言い聞かせたらしいです。

でも、今回も、先生の話も聞かずに、
ふざけたり、ダラダラしているばかり。
当然、跳び箱の飛び方も覚えてないし、
まともに踏切り飛び上がることもできません。

ママは前回は、一緒に見ていたのに、
今回は、後半の10分くらいだけ、
教室の外から、見ているだけ。

1時間の体操教室のうち、
50分は、ロビーで座って、
他のママとお喋りしてましたよ。

それで、何で見てあげないのって聞いたら、
前回終わった後に、ふざけないで真剣にやりなさいって、
言い聞かせたけど、もし、今日もふざけてやってたら、
見ているこっちがイライラするから見たくないんだよね~だって。

ママがイライラするから見たくない。
自分が嫌な思いをするから見たくない。

どうだったって聞かれたので、
今日も、だらだらしたり、ふざけてて、
ほとんど上達してなかったよって伝えてあげました。

やっぱりな~だって。

ママが、自分の子供を信用していないってことですね。
それじゃ、子供だって、ママの期待に応えられないって。
それに、何を言っても伝わらないよ。

親が嫌な思いをするからって逃げてたら、
子供はどうなる?

大切な存在のために、自分が逃げていいの?

そもそも、その子は、跳び箱跳びたいのかな?
それを、やりたいと思っているのかな?
親がやらせたいだけなんじゃないかな?
また、そういう部分も、親と話ができていないんじゃないかな?

その子供とは、私は結構仲良しなので、
本人に聞いたら、跳び箱つまらないって言ってました。

それなら、ママに、そう言った?
って聞いたら、言ってない、話してないんだって。

育児は大変だし、子供と話したり、
子供と一緒にいろいろやるには、
大人は、確かに忍耐だって必要だよ。

でも、親が逃げていたら、ダメだよ。
子供は逃げることを覚えるし、親のマネして逃げるよ。

それを怒っても、言い聞かせても、
親が逃げてるんだから、説得力ゼロだしね。

跳び箱教室の事、話そうと思ったら、
ママたち、親たちの話になってしまった。

やりたいと思ったことを、
ワクワクしながら、強い興味を持って、
真剣に取り組み続ける事。

これは、子供も、大人も一緒で、
できるようになるための絶対法則です。

また、親がやらせたいと思ったこと、
人にやらせたいと思ったことは、
強制するのではなく、本人がワクワクしたり、
強い興味を持たせる状況や環境を作ってから、
真剣に、一緒になって取り組ませることで、
シッカリと、身に着いていくものです。

強制して、やらせることは、
時間の無駄で、非常に効率が悪い方法です。

シッカリ見て、シッカリ話を聞いて
コミュニケーションを取りながら、
何事も、進めていくことで、
より、幸せな関係、時間を過ごすことができます。

今、それができているかどうか、
一度、考えてみてくださいね^^

私と一緒に学んでいきたい、
一緒に成長していきたいという方は、
遠慮なく、メールやメッセージをくださいね^^

人生相談でも育児相談でも、
もちろん、ネットビジネスの相談も、
私でよければ、いつでも相談にのりますからね^^

お気軽にメールをくださいね。

ちゃぼすけへの、質問・相談メールはここをクリック