塩村文夏議員へのヤジでわかる、日本が良くならない根本的な原因

昨日の東京都議会のヤジ問題が、
大きな波紋を呼んでいるようですね。

このニュースです。
女性都議へヤジ、抗議1千件 自民、発言者特定せぬ意向

色々な方が意見を述べたり、
報道されていますけど、
このニュースの本質って、凄く根深いんです。

誰も言ってないので、私が言います。

今回のヤジは、良くないって思いますよ。
でも、これは日本社会が抱える、
根深い問題の一部に過ぎないとも思っています。

結論から言います。

いくら法律が整備されても、
人の意識が変わらない限り、
世の中は良くならない。

そして、法律というのは、
人の意識を変えるキッカケにすぎず、
人の意識を変えるには、
徹底した教育が必要だという事。

ですから、法律が変わったからといて、
世の中は変わらない。

人の意識を変えるための
教育を、時間をかけてやっていかない限り、
今のまま、または有形無実の法律のみができて、
世の中は、変わらないという事なんです。

そして、法律や条例を決めるのは、
官僚であり、議員です、大臣です。

そして、教育をつかさどるのも、
官僚であり、議員であり、大臣です。

その官僚や議員、大臣たちを裏で動かしているのは、
経済力がある、大企業の経営陣です。

権力者は、官僚、議員、大臣、そしてお金持ちです。

権力者が、法律も教育も決めているんです。

その権力者たちの意識が低すぎるのが、
今の日本の病巣の根本的な原因です。

ビジョンも何もなく、目先のお金がすべて。
そして、既得権益を守ること。

そう言う意識の低い連中が、国を動かしているから、
こんな日本になってしまっているんです。

それがどんな形で表れているかというと、
簡単に言うと国民がうるさいので、法律を作りました。

それで、国民が納得してるなら、
教育しなくてもいいかって、言うこともできる。

ということは、意識は変わらない。
となれば、世の中変わらないんです。

しかも、その法律や条例を作っている
権力者の意識は、今回のヤジのようなもの。

こういう人たちが、権力者の中にたくさんいるのが事実。

まずは、この権力者たちの教育、
意識改革をする必要があって、
あとは、お金に操られない高い意識。

今の政治というか、日本の権力者は、
お金を持っている経営者たちです。

経営者たちの有利になるような政策ばかり。

とてもじゃないけど、今の政府というか、
政治家に、民政ができる人材がいない。

政治家は知識はあるけど意識が低く、
経営者たちの言いなりに動いています。

有識者会議にお金持ちしかいないでしょ。

そんな会議、本当は必要なくて、
貧乏人会議を開くのが本来の民政です。
本当の民主主義なんですけどね~

そんなこんなで、もっと語りたいですけど、
政治を動かしている人たち、社会を動かしている人たちの
意識のほとんどは、今回のヤジ議員と一緒です。

そんな人たちが世の中動かしているんですから、
今の日本は、そう簡単には変われないですよ。

次世代に期待というのも、わかりますが、
その次世代たちも、今の権力者に気に入られて、
始めて権力者になれるという図式なので、
次世代だって、期待は薄いです。

教育で、意識を高くしていくことが、
絶対的に必要ではあるけど、
それは、今の権力者にとっていい事ではないので、
今の権力者が、そう言った方向に舵は切らない。

今の世の中を変えたいと思っても、
権力がなければ、法律も教育も変えることができない。

じゃあ、権力を持つために、どうするか?
権力者に逆らうよりも、権力者に媚売って
引き上げてもらったほうが、より早く、権力を得ることができる。

その安易な道を選ぶためには、
権力者に逆らわずに、その権力者に気に入られなくてはならない。

ということは、その権力者の意見を
真っ向から否定することはできない。

世界を変えるために権力を持ちたいと思っていた人も、
権力を持つ頃には、その志は遥か遠いものに。

というか、そうやって得た権力では、
ガンジガラメなので、何も変えることはできない。

じゃあ、権力者に逆らい続けて、
世界を変える権力を得ることができるか?

今までに、それができた人は、いません。
前回の民主党政権が唯一と言っていいかもしれないけど、
絶対にしてはいけない失敗をしてしまった。

戦後民主主義において、選挙が形骸化していく中、
それができない選挙制度にしていったからに他ならない。

世の中が良い方向に変わっていくには、
まだまだ数十年、下手すると百年以上かかるかもしれない。

あなたは、それを待ちますか?

今の、日本の仕組みの中で、
どう頑張っても、どうあがいても、
今より良くなることは、難しいです。

であれば、敷かれたレールを歩みつつ、
もう一つの自分の人生の模索、幸せを探してみても、
いいのではって思いますよ。

もちろん、世の中を変えていこうと動くことは大事です。
私も、動き始めました。

でも、そう簡単に変わらないのも事実なので、
自分で、自分の周りの世界から変えていくことで、
今までと違った、幸せの形を見たくないですか?

あなたが、行動し続け、考え続ければ、
それが、実現する世の中でもあります。

いつまでも、意識の低い権力者に、
自分の人生、家族や子供たちの生活を、
任せっぱなしにするのは、止めませんか?

自分で自分の人生はデザインする。
それが、今のあなたにはできるんですよ。
まず、それに気づいてくださいね。

私は、あなたの、ちょっと先を歩いています。

もし、私についてくるなら、待ってますよ^^

相談や質問、メルマガの感想などがあれば、
いつでもメールくださいね。

今日は、嫁さんが会社を早退して、
一緒に、有楽町で、お買い物とランチしてきます^^

ランチは何にしようかな~
とっても楽しみです^^

それでは、今日も良い一日を!

育児についての悩みのほとんどは、子供の話を全部聞くことで解消します

最近、全国の多くの方から相談を受けます。

ネットビジネス、せどり転売、
アフィリエイトの相談はもちろんなのですが、
育児や仕事についての悩み相談も多いです。

もちろん、すべて返信していますし、
ある一定の解決策も提示しています。

そう言った中で思うことは、
無駄なことにエネルギーを使いすぎて、
絶対的に必要なコミュニケーションをはじめとした、
あらゆることに、エネルギーを使えていないなと、
つくづく思うわけですよ。

例えば、育児の事。

簡単に言うと、保育園に通っている3歳の息子が、
言うことを聞かなくて困っていると。

具体例が、数多く書かかれていましたが、
そのすべての共通することは、
息子さんとママとのコミュニケーション不足が原因だという事。

言うことを聞かない原因が、
ママがやってほしいことを押し付けているだけで、
3歳の息子くんの意思を無視していること。
また、息子くんの意思を確かめようともしていないこと。

息子くんからしたら、自分の意見も意思も、
聞いてくれずに、ママが勝手な事ばかり言っていたら、
ママが言う事をやりたくないのは当たり前の話です。

最後は、ママが親の権力を振りかざし、
息子くんの話も聞かず、意思も無視して、
無理やりやらせて、ママはほっと一息。

息子くんは、その矛盾とママからの恐怖に
屈してしまった自分に違和感を感じる。

それが、毎日繰り返されたとしたら、
息子くんの成長にいい影響をがあるかないか?

結果は、言うまでもないですよね。

育児も、人材育成も、問題解決にコミュニケーションは必須

これを、大人同士の関係に直してみましょう。
例えば、上司と部下に置き換える。

上司は、部下の意見を聞かない。
部下の意思の確認もしない。

上司が動いてもらいたいように、
指示を出して、できないと叱責する。

それを毎日繰り返す。
部下はどうなるか?

会社を辞めるか、心を病むか。
どちらかですよ。

でも、大人だからまだマシです。
会社を辞めて、上司から離れればいいんですから。

じゃあ、話を戻します。

3歳の息子くんに、親から離れるという選択ができますか?
できないなら、どうなりますか?

だから、今のうちに気づいて、
接し方を変えないと、大変なことになると思いませんか?

悩みを抱えている人たちに、
少しでも、幸せになるヒントを。

そう思っている、今日この頃です。

とういうことで、大人も、子供も一緒です。

自分も家族も、幸せに充実させるコツは、
しっかり、相手の話を聞くことから始めること。

子どもは、成長のばらつきはありますが、
1歳前後で、歩けるようになり、自分の意志のまま
動けるようになってきます。

また、2歳くらいになると、
言葉を覚えてきて、意思を言葉で伝える練習を始めます。

ですから、子供って、1歳くらいから、
意思を行動に移すことができる、
一人の人間なんです。

2歳になれば、言葉で表現もできるようになってきます。

それを、ただ、親だからというだけで、
その意思を無視してはいけなんです。

あなたの子供も、一人の人間です。
それを認めたうえで、人間対人間で、
しっかりコミュニケーションを取っていくことが大切です。

家族の中でも、それぞれ話をしたいことがあるけど、
自分の言いたいことだけ言って終わりってことないですか?

それは、コミュニケーションではなく、
ただの、ストレス解消です。

だから、自分の話したいことを話のでは、
何の解決にもならないんです。

じゃあ、どういう意識が大切なのか?

相手の話を聞くという姿勢です。
話の邪魔をせずに、最後まで全部聞くことです。

それが、コミュニケーションです。

やっていることは、ほぼ一緒です。
お互いに、話したいことを話しているだけですから。

でも、意識を変えるだけで、
満足度も、その効果も全部変わります。

相手の話を聞きたいと言ってくれて話すのと、
話を無理やり聞かせるだけでは、全く違うんです。

子どもでも、大人同士でも、
上司と部下の関係でも、誰とでもいいですから、
一度、試してみてください。

お互いの話を、全部聞いてみてください。
その瞬間から、あなたの世界が変わります。

その時間がないという言い訳をしていたら、
死ぬまで何も変わりませんというか、悪くなる一方です。

3年前の私には、こんな相談を受けても、
答えるだけの経験も、知識も、自信もなかったでしょう。

でも、今なら、自信を持って
問題解決のヒントを伝えられます。

まだまだ、足りないですが、
もっともっと、学び続けて、
今の自分よりも、もっと何かができる自分に、
進化したいと思っていますから。

育児

親や教師の想いと行動のズレを理解して、育児・教育に臨むことが大切です

先日、葛飾区主催の講座に参加してきました。

やる気を育てるという心理学講座です。
某大学の教育学部の女性教授が講師です。

子供たちの、やる気を育てるという事ではありましたが、
大人にも、ものすごく当てはまる部分があって、
私が前から考えている事と、ぴったり一致しました。

その「やる気を育てる」講義の中で、
心理学的に子供たちを観察した結果、
小学生の時点で、将棋で言うと、
指し手型の子供と、コマ型の子供に分かれるという、
調査結果が心理学的に確認できているそうです。

指し手型の子供は、
自分の意志を大切にして、
主体的に行動することができる人間。

コマ型の子供は、
先生に言われたこと、親に言われたことはやるけど、
自分で主体的に動くことはしない人間。

という定義で考えた場合、
この、指し手とコマに分かれるということです。

そこで講師の先生は、あなたの子供を

指し手型に育てたいですか?
コマ型に育てたいですか?

という質問をしたところ、
参加者全員が、指し手型に挙手しました。

そこで、講師の先生が
では、お子さんが指し手型人間に育つような、
教育をしていますか?

ときくと、シーン。
誰も何も言えません。

先生の言うことを聞きなさいと、
毎日子供に言っているのであれば、
それは、毎日、コマ型人間にするために
教育しているのと一緒です。

また、学校の教師としては、
指し手型の子供より、コマ型の子供の方が、
扱いやすいのも事実で、評価は高くなります。

親は、自分の子供に
指し手型の人間になってほしいと願っている。

でも、親も学校教師も、
毎日、反対の行動を繰り返している。

その矛盾に気づかずに育児すると、どうなるか?
間違いなく、コマ型人間が育つ可能性が高くなる。

大人になって会社に入っても、
上司に言われたことはできるが、それ以上のことはできない。

そういう人間が、そういう大人が育つのは、
今の日本では、当たり前の事なんです。

だから、もしあなた自身が、
または、あなたのお子さんが、
言われたことしかできない人間に育っているなら、
それは、今の日本の教育方針に沿って、
立派に育ててきた結果なんです。

いいのか、悪いのかを自身で考えもせず、
学ぶこともせず、子供たちを育てていくと、
国の言いなり、企業の言いなり、
政治の言いなり、権力の言いなりの大人が育つんです。

当たり前ですよね。
国の教育は国のための国民を育て上げることなんですから。

それは、いい悪いは別ですよ。

それを良しとしないのであれば、
親自身が学び、しっかりと育児するべきなんです。

でも、それができている親が、ほとんどいないのが現実です。

しっかり、自分の意志と行動で、
未来を切り開ける人間に育ってほしい、
ほとんどの親は、そう思っているはずです。

どんな親でも、自分の子供が、
他人の言いなりの大人になってほしいなんて願っていません。

でも、コマ型人間を育てる行動をしていることに、
気づかないまま、育ててしまっているのが大問題なんです。

親がいくら願っても、
親の行動が改まらない限り、
親の願いは届くことは一生ありません。

そして、そういったコマ型人間を
都合よく使っているのが大企業やブラック企業。

企業もそうだし、政治もそうだし、
犯罪者だってそうですよ。

コマ型人間を求めています。
なぜか?

言われたことを、やってくれる。
いつまででも、文句を言わずにやってくれる。

それが犯罪だとしても、
それまで、言いなりの教育をされてきたんだから、
やってしまうんですよ。

お母さん助けて詐欺などをはじめとした犯罪が、最もたるものです。
組織なんで、普通の会社の面接のように仲間を引き込みます。

採用したら、電話営業の仕事だといってターゲットを探させます。
そのうえで、先輩たちが劇場型詐欺を働くわけです。

さらには、それを毎日やっていると、
当たり前のことになってきて、犯罪意識がなくなっていきます。

そのうちに、先輩となって劇場型詐欺を
やり始めるわけです。

コマ型人間として育てられ、先生や親には、
いう事を聞いて偉いね~と褒められ続けた結果、

自分で考えもせず、言われたことやり続けることで育ってきて、
自分で考えて行動することができない人間ですから、
そういう人間が育つのは、ごく当たり前のことです。

詐欺は極端な例ですが、
仕事であってもそれは同じです。

いくら遅い時間になっても、
帰っていいといわれるまで帰れないとか…
有給休暇すら申請できないとか…

全て、コマ型人間量産教育の賜物ですよ。

でも、当の本人たちは、
コマとして操られる教育をされてきているので、
それが当たり前であって、それしかできない。

コマ型人間を動かしている方は、
コマ型人間がせっせとお金を稼いでくれている間に、
自分の時間を楽しく謳歌しているわけです。

じゃあ、指し手型人間は?

先生の言うことを聞かないこともあるので、
当然、先生からの評価は低いです。

また、コマ型人間を養成するための
受験についても、強くはありません。

その代り、魅力にあふれた人間に、
なる可能性が高いです。

また、社会に出てからは出世し人を動かす、
経営者になる、研究者として世界に通用する人間になる、
そういう可能性に溢れています。

また、自分に考えや意見を行動に表わすことができるので、
あらゆる組織の改善案や、より良くする方法を提言できます。

そうなれば、どこにいても、オンリーワンでいられるので、
あなたじゃなきゃダメだって言う人間になる可能性が高いわけです。

じゃあ、これを育児の枠を飛び越えて、
人間の願いと行動として、同じように考えた場合、

あなた自身が、もし、
今、願っていることがあるとします。

でも、あなた自身の行動、考え方を
今すぐ、改めないと、願いは届きません。

願いや、想いは大切です。
でも、行動することが、その何倍も大切です。

今すぐ、行動しなければ、
今も変わらないし、未来も変わりません。

最近、リアルな友人を含め、
色々な人から相談を受けます。

そこで、全員と言っていいほど、

仕事が落ち着いたらとか、
余裕ができたらとか、
もう少し考えてみてからとか、

絶対って言っていいほど言います。
もうね、悪いけど笑っちゃいますよ。

私はこう聞き返します。

仕事はいつ落ち着くの?
余裕はいつできるの?
いつまで考えるの?

全員、明確な答えは返ってきません。

だめだよ、先送りして、
いい事なんか、何にもないからね。

とアドバイスしています。

そこから、行動を起こした人は、
全員と言っていいほど、現状を変えることができていますよ。

行動を起こせない人は、
どんどん状況が悪くなっている人がほとんどです。

私ができるのは、たったこれだけです。

最善のアドバイスをする、
それを、行動に移してもらいやすくするために、
できるだけ、行動しやすい方法を考え伝える。

これ以上は、私にはできません。
あとは、本人が今すぐ動くか動かないか、
ただそれを見守り、その後の報告を聞いて、
修正が必要であれば、そのアドバイスをするくらいしかできないんですよ。

全ては行動です。
想いとか、願いも大切ですけど、
それよりも、何倍も大切なのが行動です。

あなたは、願い続けますか?

それとも、今すぐ、
願いをかなえるために、行動しますか?