子供たちの体力低下、問題の意味が本質的に違ったことを、改めて認識しました。

昨日は、葛飾区主催の講座、子供たちの体力低下の現状の講義を受けてきました。

やはり、報道だけでは、わからないことを知ることができ、
親としてやるべきことが見えました。

子供たちの体力低下の基準というのは、
全国の小学生や中学生の体力テストの結果が基準となるわけですが、
その平均値が下がっていることが、問題だということです。

テレビやマスコミ報道では、子供たちの体力テストの平均値が下がってきている
という事は、今までも、何度も見て聞いてきました。

子供を持つ親としては、やはり気になることだし、
全体的に体力低下が問題になっているなら、何か対策をしたいという思いもあり、
今回の講座を受けてみたわけですが、今までの認識が見事に覆りました。

子供たちの体力低下の本当の問題点

まず、体力テストの平均値は、下がってきていることが、
どういうことなのか、これをつかむ必要があります。

この体力テストの平均値は、1980年代から急激な低下傾向にあり、
1998年から、ほぼ横ばいか、若干の上昇傾向にあります。

この平均値というのが、問題を非常にわかりづらく、
事実が見えないようになっているんですよ。

1980年代から、急激に平均値が低下しているにもかかわらず、
毎年のように、最高記録は更新されているという事実があります。

また、この平均値というのは、全国平均なんですが、
都道府県平均の差が非常に大きくなってきているという事実もあります。

さらに言うと、できる子供と、できない子供の個人差が、
どんどん広がってきていること。

要するに、できる子供と、できない子供の差が広がる一方で、
できない子供たちが、平均値を大きく下げていることから、
全国の子供たち全体の体力低下と勘違いされる点。

これが、見過ごされている事実があるのですが、
それを、マスコミ報道では、なかなか言わないんですよ。

そうすると国民はどう思っているか?
子供たち、どんどんひ弱になっているんだな~とか、
普通に思ってしまうわけなんですよ。

そんなわけない事実も、わかっているはずなのに。
スポーツ選手たちは、昔に比べて、世界に打って出て、
成功している人がたくさんいますよね。

という事は、昔に比べて、日本人の体力やスポーツ能力って、
確実に上がっているわけですよ。

オリンピックや世界大会で金メダルを取る人が、
昔に比べて増えているとしたら、子供たちの体力低下が、
全国的に、全体的に浸透しているわけではないし、
抜群にできる人も確実にいるって言う事実があるんですよ。

それなのに、平均値が下がっているから、子供たちが全員ヤバい、
そう思っていると、事実が見えてこないんです。

子供たちの体力低下の問題の本質は、
個人差であり、子供の体力格差に至るわけです。

凄くできる子がいる一方、凄くできない子供が増えているから、
平均値が下がっていき、上がっていかないという事なんです。

子供の体力格差の問題点と課題、これから親として、大人として、
やるべきことについては、次回の記事でまとめます。

突然ですが、今のあなたの所得を、
半年で倍増する方法があると言われたら、
話を聞いてみたいと思いますか?

サラリーマンやっていると、
所得倍増とかって、100%無理です。

何十年かかっても、
一生かかっても無理かもしれません。

じゃあ、雇われて生きる以外の、
選択肢であれば、それが可能かと言われたら、
もちろんというか、所得倍増くらいは、
半年あれば十分にできてしまうんですよ。

中には、半年、1年で、
所得3倍、5倍、10倍にする人もいます。

そして、そういう人たちのほとんどは、
その後も継続して大金を稼ぎ続けます。

そんなのウソだろと思った、あなた。
どっぷりと、今の日本の教育に洗脳されてます。

今の日本の教育は、
いかに従順に、国や経営者の言うことを聞く人を、
作り上げていくかということが重視されています。

明治維新で、国の役に立つ人材を育てること、
それが国の教育だという精神は、今もそのまま受け継がれています。

今の日本国の教育というものは、そういうものです。
それ以外のことは教えません。

ですから、あなたが日本教育に洗脳されているのは、
素直で優秀だったという証拠で、当たり前のことです。

じゃあ、それで今、幸せか?

そこまで、日本の教育は考えてません。

だから、幸せになるかならないかは、
あなた自身が作り上げる必要があるんですけど、
その方法までは、教育では教えてくれません。

だから、今の日本に住んでいる人たちの、
幸福度は著しく低いんです。

だって、教えてもらったことはできるけど、
幸せになる方法を教えてもらってないから、
どうしたら幸せになれるか、わかってない人ばかりなんだもん。

教育、勤労、納税 これは日本国の三大義務ですが、
幸せになることって、義務ではなく権利なんです。

権利は行使するもので、義務ではないんです。

だから、あなたが、幸せになる権利を持っていたとしても、
幸せになるために行動を起こし、権利を行使しないと、
絶対に、幸せにはなれないんです。

あなたは、幸せになる権利を持っています。

じゃあ、あなたは、幸せになるための行動をしていますか?

その行動をしているかどうか、それが一番大切なんですけど、
何もしていないのなら、権利を放棄しているのと同じです。

私は、幸せになる権利があることに気づき、
数年前から、行動を起し、自分や、家族、子供たち、
今では、幸せな日々を送っています。

これからも、もっともっと、
幸せになりたい、もっともっと、楽しく生きていきたい、
だから、幸せになる権利を行使し続けます。

さて、私は、今週に入り、お盆休みも終わって、
全力でお仕事のつもりでしたが、
下の娘が、熱を出して、保育園を休んでいるので、
お仕事は今月は、もう終了にしました(笑)

すでに売り上げのメドも立ち、
お盆休み期間中に充分な売り上げがあり、
今月は、私が何もしなくても、大丈夫なので、
仕事のことは忘れて、看病や家事をしてます。

嫁さんは会社を休むことなく、
お姉ちゃんは、保育園に行き、
下の娘は、安心して静養できる。

これが、本来は安定した生活だと思います。

それが、なぜか、今は、
長時間労働をして、会社を休むと給料が減り、
家族や子供に負担を強いる生活を何十年も続けることを
安定した生活と言っている人が多いのは、なぜ?

素直に考えてくださいね。

脱サラした、私の生活が安定しているのか?

それとも、休む暇もなく会社に所属し
会社のために働いていることが、安定した生活なのか?

今、あなたの幸せになる権利を、
誰のために使っているのか考えたことがありますか?

あなたの幸せになる権利を
自分のため、家族のために使っているのか?

それとも、あなたの幸せになる権利を
他人のため、会社のため、経営者のため
嫌な上司のために使っているのか?

あなたは、どちらですか?

今のままで、いいと思いますか?

今のままで、いいと思わないなら、
幸せになる権利を自分のために使う方法を、
知りたいと思いませんか?

知りたい、何か始めたいけど、
何から始めていいのかわからない、
そんな、あなたは、ぜひ私にメールをくださいね。

人生相談、育児相談、ネットビジネス相談などなど、
どんな相談にも、必ず返信させていただきます。

ちゃぼすけに無料相談したい人は、ここをクリック