ハミ出す自分を信じよう 協調と、同調が勘違いされている教育からの脱却

「ハミ出す自分を信じよう(星海社文庫)」の購入はここをクリック

この本は、今の社会にはびこる、閉塞感からの突破口のヒントが書いてあります。
また、自分自身の成長、育児についても、非常に大切なことが書かれています。

子供の才能をつぶしているのは、親と先生。

これは、ある意味事実で、子供と関わるお仕事をしている人たちの共通認識として、子供たちの目が、成長していくとともに死んでいくというのも、才能をどんどんつぶされているからということと共通する部分でもあります。

さらに言うと、自分の限界を、自分で決めていて、その中で生きていることで安心を得たい。
そういう気持ちから、自分の成長を止めて、それに周りの人たちを同調させようとする圧力が常にあるという今の現実。
そこから、早く抜け出さないと、沈んでいく日本という泥船と一緒に、選択肢がどんどんなくなっていきます。

まあ、自分のことはさておいても、育児に関して、この意識がないと、子供が本当にかわいそう。

うちの子は、天才じゃないから。
じゃあ、凡人に育てるのか?
せめて、天才でもないけど、凡才よりちょっと上の能力があるよってくらいには育てましょうよ。

そのヒントが、この本には、たくさん書かれています。
是非参考にしてみてくださいね。

「ハミ出す自分を信じよう(星海社文庫)」の購入はここをクリック

昨日は朝イチで、お姉ちゃんと映画デート。

と言っても、プリキュアの映画ですが。

一緒に行くときは、私が保護者的に連れて行ってあげる、
お姉ちゃんも、連れて来てもらってる感では、楽しくないので、
私も一緒になって、友達感覚として観に行きます。

で、一緒になって楽しみながら、
プリキュアを応援しながら観てたんですけど…

私が、涙しました。

キュアラブリー、いいこと言うんですよ。

基本、前向きキャラなんですけど、
現状認識もできていて、しっかりと今からできる事、
やらないといけないこと、理解できていて、
無駄な努力とかしないんですよね。

それは効率よくとか、そういうことではなく、
行き先がわからない努力をしないというか、
行き先をキッチリ見据えて、頑張るんですよ。

それって、非常に大事で、頑張れば報われるとか、
努力すれば報われるって、半分ウソで、半分本当です。

行きつく先を見据えて、そこに向かって、
一直線にする努力は、報われる可能性が高い。

行く先もわからずに、人に言われるがまま、
ただただキツイことをしているのは努力ではなく、
タダの奴隷で、報われないんです。

でも、報われると信じて頑張ってしまう人ばかり、
それが、今の日本の姿です。

現状認識もとても大事で、
それができていない状態で、
ただ前向きな考えを持っているのって、
それじゃ、進歩の無い、ただのバカです。

今の自分の状態が、どういう状態で、
そこから考え得る、明るい未来に向かって、
手段を考え、それを頑張って一つずつ、
達成していくことができるかできないかだけです。

現状認識。

あなたは、誰かの奴隷ですか?
それとも、自身の力で自分の未来は変えられますか?

誰かに頼り、自分の人生を預けている人は、
誰かしらの奴隷と同じです。

その、奴隷だということを、認めて、
そこから先に、進めるかどうか?

それが、本当に人生を変えていく前向きな考えであり、
行動であるわけなんだけど、
現状を認めない人が多いので、何も変わらない。

自分以外の誰かに人生の舵を握られている = 奴隷
    ↓
自分は奴隷だと気付く ( 現状認識 )
    ↓
自分の人生の舵を自分に取り戻す
    ↓
自分自身で未来の人生を変えることができる

この現状認識、それができていないと、
その先には進めないんですよ。

まずは認めましょう。

キュアラブリーが言っていました。

みんな自分の中に幸せになるタネを持っているんだよ。
それに気づいて、頑張っていかないと幸せにはなれないよ。

キャラブリーは、
自ら行動を起こさないと、幸せになれないって、
子供たちにメッセージを送っていました。

頭の凝り固まった、大人を変えるより、
プリキュアや、仮面ライダーからのメッセージで、
頭の柔らかい子供たちの意識を変えていった方が、
未来を変えるのは、もしかしたら早いのかもしれませんね。

親の言葉より、キュアラブリーの言葉が、
子供の心に響くとしたら、親として情けないですけどね(笑)

映画