残業代がゼロ。日本企業総ブラック化。サラリーマン奴隷化法案試験的に導入

アベノミクスの正体が、いよいよわかってきました。

簡単に言うと、お金持ちはよりお金持ちに。
貧乏人は、より貧乏に。

もう明確ですよね。

ホワイトカラー・エグゼンプションとは?

年収800万円超の課長以上の正社員が対象になります。
労働基準法では、労働時間の上限は1日8時間、週40時間と規定されています。

しかし、今回のホワイトカラー・エグゼンプション導入されれば、この規定はなくなります。

どういうことかというと、残業代も休日・深夜割り増しもゼロにしてもいいよ。
会社は、社員にお金払わないでも、働かせてもいいよというとんでもない法案です。

国が、タダ働きさせてもいいと認める法案ですからね。
これは、サラリーマンを奴隷に使って稼いでくださいっていう国のメッセージですよね。

課長職以上というと30~40代くらいかな?
中間管理職は、精神的な負担が大きいのに、給与も減る。
育児世代であり、これからの日本を支えていく世代です。

その人たちを、タダ働きさせようという法案。

横暴ですよね。
明らかに悪法です。

その反面、法人税の減税。

これ、どういうことかわかりますか?

経営者は、給料を払わないでいい、税金も安くするよ。
だから、日本の景気指標を大幅に良くしてねっていうことです。

反対に、サラリーマン、労働者には、消費税の増税、残業代ゼロ。
負担を増やして、給料を減らすという事ですからね。

お金持ちは、よりお金持ちに。
貧乏人は、より貧乏に。

この意味わかったでしょ。

有識者の中にはこんなことを言っている人もいます。

「そもそも中間管理職は、自分の数字を上げながら若手社員の面倒も見なくてはいけない。どんなに生産性を上げても残業せざるを得ない状況です。基本給が上がるならまだしも、ただ残業代をゼロにするだけならば、体のいい人件費カットです。社員はいいようにコキ使われ、ブラック化が進むだけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

「過労死やうつが増える。過労死やうつに至るのは、もともと、休日返上してでも働く真面目な人。そこに、ホワイトカラー・エグゼンプション導入で『自分の裁量で成果を上げろ』と言われれば、ますますエンドレスに働いてしまいます」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

じゃあ、私たちはどうすればいいのか?

簡単じゃないですか。
労働者に厳しくなり、経営者には負担が軽くなるなら、経営者になっちゃおうよ。

ネットビジネスなら、1年くらいでゼロから経営者になれます。
しっかり真面目に取り組めば、それが充分に可能なんです。

しかも、初期資金は限りなくゼロに近いですから、リスクも低い。
やって失敗しても、失うものは何もないんです。

挑戦しない人生なんて、楽しくないじゃないですか。

あなたは、いつから挑戦しなくなりましたか?
あなたの最後の挑戦はなんですか?

子供たちを見ていて思うんです。
毎日、毎日、いつでも挑戦しています。
だから、毎日のように成長できているんです。

歩くのだって、椅子に上るのだって、少し早く歩くのだって、全部挑戦です。
その挑戦を辞めてしまったら、成長も止まるんですよ。

人間、挑戦を辞めてしまったら、停滞するしかないんですよ。
挑戦しないままだったら、一生、どんより停滞した人生になっちゃうんですよ。

しかも、今回のホワイトカラー・エグゼンプションです。
タダで働けと、国が言ってるんですよ。
そんな悪法に従う必要ないですよ。

ただし、文句言ったり、抗議したりするのは筋違い。

自分がどう行動して、幸せになれるかを考えるべきです。
文句言ったり抗議しかしない人たちで幸せになった人はいません。
だって、人のせいにしているだけですもん。

自分がどうしたら幸せになれるかを考え、行動した人だけが幸せになれるし、この状況を打破できるんです。
人を変えることを考えるよりも、自分自身が変わることを考えないと。

人を変えることなんて、できないですよ。
自分自身が変わること、それを自分で意識して始めて変わることができます。

自分が変わると、自分が進化すると、未来が変わります。
自分が進化すれば、家族の未来、子供たちの未来が変わります。

キッカケは何でも構わないと思います。
自分を進化させる、挑戦する心を思い出すことさえできれば、必ず幸せになれます。

幸せになりたい人、いつでも相談に乗ります。
メールくださいね^^

アベノミクスで稼ぐ 今から学べばまだまだ稼げるFXの基礎知識

昨夜「ガイアの夜明け」というテレビ番組を見ましたか?

そこでやっていたのですが、
今回のアベノミクスで恩恵を受けている人たちの特集をやっていました。

その中には、サラリーマンの人、主婦の人もいましたよ。
どうやって恩恵を受けているのかっていうと、投資です。

私は商品先物市場の登録外務員の資格を持っていたので、
相場関連はプロでした。

でしたと言うのは、更新せずに資格なくなったのと
ここ最近の相場は見てませんでしたので…

それでも、ハッキリ今の日本市場はわかります。

異次元的な金融緩和政策で、ジャブジャブと流れ出た日本円は、
株式市場と通貨市場に溢れかえっています。

一般庶民の手元には残念ながら回ってきていません。
給料として手元に来るには、お金持ちの人たちが、
お金を手放す決断をしなくてはいけないので…

数年後には回ってくるかもしれませんが…
それまで、アベノミクスが続くかどうかは疑問です。

そういうことがわかっている、
一般庶民のサラリーマンや主婦の人は、
すでに動き出して恩恵を受けています。

まあ、何も知らない状態で簡単に誰でも、できるものではないですよ。
複雑な経済ですから、それを予測するのは普段なら難しいです。

しかし、今回のアベノミクスに関しては、
日本円の価値を下げることが目的としてハッキリしているので、
一方的に相場が動いています。

なので、非常に読みやすいというのが今の相場です。

ですから、一般のサラリーマンや主婦の人が手を出しても、
しっかりと、アベノミクスの恩恵を受けることができているのです。

その中でも、通貨、日本円は一方的に動いています。
しばらくの間は、一方的に動くでしょう。

連日ニュースで、言ってますよね。
円安が進んでいますって。

国が円安誘導しているので当然のことで、
国の政策に乗っかっている一般のサラリーマン、
主婦の人たちは、揃って稼いでいるわけです。

でも通貨取引って難しそうとか思うでしょ。

専門用語があるのでそう思うのも無理ありませんが、
チームちゃぼすけの中にFXのプロがいるんですよ~

それが、kusuさんです。

そのkusuさんが、超初心者の人でも理解できるようにと、
マニュアルを作ってくれました。

なんと、それを無料でもらえるということですよ。
ぜひ、貰っておいてくださいね~
⇒ 特別レポートを無料でダウンロード

kusuさんは、FXのプロでもあるので、
聞きたいことがあったらお気軽に聞いてみてください。

とっても優しいですから安心して聞いてくださいね^^
kusuさんのブログはこちらをクリック

サラリーマン副業転売マニュアルと給料と収入減の確保とアベノミクスと

サラリーマン副業転売マニュアルが発売開始になり、同時にアベノミクスの最大の目玉、大胆な金融緩和が実施されました。
俗にいう黒田ショック。世界のマーケットは、ついに日本も財政破たんの道を歩みだしたと、大方はネガティブな受け止め方。
その証拠に一気に円が売られ、円安は一方的に、一気に進んでいます。

この黒田ショックで、日本の景気は回復するか?
日本政府は景気回復、好景気になったという認識をこれから徐々に示し始めます。
なぜか、日本円が世の中にじゃぶじゃぶ溢れ出てくるわけです。国家予算の2倍以上の日本円がこれから市場に流出されます。

それに先駆けて、物価は急激に上がり始めています。
円安とインフレです。これ、ある意味ハイパーインフレの様相です。
原料を輸入に頼っている、日本は急激な円安に非常に弱いです。

しかも、原発が止まっていて、再起動しづらい今の状況を考えると、生産業すべてのもとになる、発電コストの高止まり、原料高で、インフレは早いペースで進んでいきます。

それに伴い、日本政府はデフレ脱却に成功し、景気は良くなったとの認識、声明を発表するでしょう。
政策は、減税から財政健全化に向け、増税に転換されます。ただし、法人税に関しては上がりません。景気失墜が怖いからです。

何の税金が上がるのか?
まずは消費税、そして所得税、固定資産税、住宅ローン減税の廃止、などすべて我々庶民から税金を搾り取ります。

では、今回のインフレと景気の動向で、庶民が恩恵を受けるかと言ったら、残念ながらノーです。
我々庶民の収入減が、給料だけという、最悪の状態にあるからです。

給料が上がるか? 物価が高くなるペースを上回って給料が上がることは考えられません。
常に後手後手に回るうえ、上がるとしてもスズメの涙。

ということは物価が上がり、好景気を享受することはできず、物価高に苦しみ今より生活状況は悪化します。
世の中に日本円がジャブジャブあふれている、好景気な状態でも、生活の向上は望めないのです。

それなのに、日本人は我慢するのが美徳という、子供のころから教育により洗脳されているので、我慢するのでしょう。
政治家やお金持ちの人たちに、いいようにコキ使われて、一生懸命働いているにもかかわらず、生活は好転せず、より一層苦しくなるのを我慢し続ける。

そのうちに、65歳定年制が、70歳定年制になり、年金をもらえるころには、健康を損なっていて、何一つ楽しむこともできず、家族と一緒に幸せな時間を過ごすことなく、我慢に我慢を重ね、報われることなくこの世を去っていく、こんな日本人がこれからどんどん増えていきます。

私は、嫌だな~一人でも多くの人を救いたいな~と思うわけです。

サラリーマン副業転売マニュアルによる、多くの収入源の確保

アベノミクスにより、これから世の中に、日本円がジャブジャブ溢れかえってきます。
でも、あなたのもとには、日本円は一切回ってきません。

なぜかというと、あなたの収入源に問題があるからです。
あなたは、給料または、パート代以外に収入源はありますか?

収入源が複数あるなら、今回のアベノミクスの好景気を享受できるかもしれません。

でも、日本に住んでいる大半の人は、給料やパート代、いわゆる月給や日給や時給で自分の時間を提供して、それに対する対価をもらっているわけです。

好景気が、給料やパート代、時給、日給、月給に反映されるのは最後の最後です。
もし、長い間続かなければ、一切反映されないままになってしまいます。
ということは、日本に住んでいる大半の人たちは、今回の好景気を享受できないままになるんです。

てっとり早く、今回の好景気を享受したい、世の中にあふれている日本円を自分の懐にも誘い込みたい、そういう人はすでに動いています。難しいことは何もないです。収入源を増やす、それだけでいいんです。

サラリーマン、サラリーマンの奥さんの収入は、月に1回の給料日のみです。
しかも決まった額で、増減はほとんどしません。

私は、アマゾンから月に2回、50万円ずつくらい銀行に振り込まれます。
さらに、インフォトップからも毎月まとまった額が振り込まれます。
さらにさらに、A8.netからも毎月振り込まれます。

その他、いろいろなところから振り込まれるので、毎月5回程度の給料日があります。
しかも、好景気になれば多くなる反映する収入ばかりなので、これから非常に楽しみです。

じゃあ、あなたがもし、給料以外の収入源が1つでもあったらどうでしょう?
給料日以外にもお金が入ってくるとなったら、すごくうれしくないですか?
心に余裕もできるし、家族に好きなものを買ってあげられるし、常に喜んでもらえます。

アベノミクスの好景気を享受して、世の中にじゃぶじゃぶ溢れだす日本円を、自分の手元に引き寄せるには、副業をするのが一番手っ取り早いです。収入源を増やすと、リスクヘッジにもなるので、自分を守る、自分の家族を守る事ができます。

そんな、副業を実現するためのマニュアルが発売されたんです。
著者のやすひろさんは、ばりばりサラリーマンで、仕事大好きです。
ただ、それだけでは収まらず、副業で給料以上、多いときには250万円の売り上げがあります。

ここまで来るのに7年間かかったといっていますが、その7年分の知識とテクニックのすべてを今回「サラリーマン副業転売マニュアル」として発表したわけです。

現役サラリーマンであり、現役転売屋でもある、やすひろさんは、同じサラリーマンで頑張っている人に、ぜひ稼いでもらおうと思い書いたマニュアルで、サラリーマンのサラリーマンによる、サラリーマンのためのマニュアルです。

やすひろさんが7年かけて築いてきた経験、テクニックを、このマニュアルを読めばすべて赤裸々に書かれているので、再現性が非常に高いです。しかも、やすひろさんは、いまだにサラリーマンで、現役せどらーでもあります。

サラリーマンがサラリーマンのために心を込めて作ったマニュアルです。
マニュアルと動画の講義で、非常に丁寧に作られています。

私の感想と、特典はここから確認してください。
⇒ サラリーマン副業転売マニュアルの特典と対談音声を確認する

貧しくなる資本主義 アマゾンの人間オートメーション(ヤフーニュースより)
⇒ http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20130303-00023711/

リストラ 人件費を削っていった先にある、貧しくなる資本主義の未来

先日、メルマガでアベノミクスに警告を発した記事を発信したが、
その、開封率は最近の中では、ダントツ一位。
やはり、みんな気にはなっているが、実態をつかめていないということか。

私は、警告しています。
アベノミクスで景気はよくなるどころか、さらに不況の深みに達すると。
なぜかといえば、すでに始まっている物価上昇の波に、賃金アップが追い付かないのは明白な事実。
ということは、物価だけあがり、庶民の生活は苦しくなる一方。

唯一脱出できる道というのは、物価上昇に負けずに、稼ぐお金を増やすことだけ。
ただ、会社員が給料を、今すぐ増やすのは至難の業で、本人の頑張りよりも、景気全体に依存する部分が大きい。
いくら頑張っても、頑張っても、せいぜい年間の昇給は数パーセントといったところ。

もちろん、昇給するだけいいのかもしれない。
逆に、頑張っても頑張っても給料が減っていく会社員もごまんといるんですから。

サラリーマンで居続けることは、家族を不幸にする

サラリーマンになるのがよかった時代は、20年以上前にすでに終わっている。
能力がなくても、言われたことさえやっていれば、勝手に給料が上がっていく時代も既に終わっている。

でも、今考えると、日本独自の、年功序列の労働体型というのは、
年上の人を敬うという、日本文化と相まって、日本全体の幸せのためにはベストな制度であったことは、いまさらながら言うまでもない。
なぜよかったかというと、能力のない人間でも、給料が上がっていったという事実があるからだ。

能力がない人間は出世できないだろと言いたいですか?

じゃあ、聞きます。
仕事の能力がない人間が、一般的な幸せを手に入れてはいけないのですか?
それで、本当に幸せな社会が成り立ちますか?

能力がある人間は、放っておいても何かしらの仕事を見つけ、その仕事場で活躍することができるので、放っておいてもいいんです。
ただ、仕事的能力のない人間、スキルの低い人間、どこに行っても活躍できない人間は大量に存在していて、その人たちをどうにかできる社会じゃないと、全体が幸せになることはできないんです。

勉強しないとだめだよ、と言いますが、勉強してもダメな人も存在するんです。
むしろ、そっちの人間ほうが多いといっても過言ではありません。

じゃあ、そういった人たちは、頑張って勉強しても、能力が足りないから就職できないとか、給料が少ないままでも我慢しなきゃいけないのか。頑張れば何とかなるというのは幻想なんです。頑張っても、どうしようもない人たちを受け入れる社会の寛容さがなくなってしまい、今のようなギスギスとした、だれも信用できないような社会が作り出されているのです。

社会的にダメな人でも成功できる方法

これからは、サラリーマンに向いていない人たちは、会社に酷使されて、精神的におかしくなるか、捨てられます。
なぜかっていうと、すでに未来の形の一つが出現しているからです。
それが、冒頭のこの記事です。

貧しくなる資本主義 アマゾンの人間オートメーション(ヤフーニュースより)

アマゾンでは、人間の能力に頼らずに、仕事ができるような環境を作っています。
上司はコンピュータ。コンピュータの指示通りの速さで歩き、商品を運んでいく。
それが、人間がやっている仕事です。

ある意味、楽ですよ。何も考えないでも、何の能力もなくても、できる仕事です。
しかも、ちゃんと3か月働いたら正社員にもなれるという、最良の環境です。

しかし、その未来には労働力も機械にして、人間は必要なくなるんです。
コンピュータの指示通りに動くのは人間ではなく、機械に代わっていきます。
雇用が潤うのは、今だけで、未来はありません。

というのも、アマゾンは最近、ロボットメーカーを買収しています。
いずれ、労働者に代わりロボットを導入するということを意味しています。

世界の小売、トップ企業がこのように考えているわけです。
人件費がかからなくなるわけですから、さらに価格競争力を強め、
世界最大の小売企業が、さらに強くなっていくのが近未来です。

じゃあ、人間の生活は豊かになるか?
今のまま、会社に勤め働いているだけの人は、今以上の生活は望めません。
今の生活の中に、幸せがあるのであれば問題ありませんが、
今の生活が、続くという保証はどこにもありません。

逆に、会社以外に収入源がある人、会社勤めではなく自分で商売している人、にとっては、
可能性がありまくりの環境がこれから整備されていきます。
可能性はありまくりですが、生易しくはないです。

ただし、何もしなければ、可能性はゼロです。
あなたの代わりの機械が開発されたら、あなたの会社での存在価値はゼロになります。
要するに、あなたの能力はゼロになり、切り捨てられます。

そんな近い未来にびくびくしながら、家族や子供を抱えて生きていくとなると、
ある意味、じわじわと締め付けられていくような生活ですから幸せを感じることはできないのでは?

私は、実際にそうでした。会社に勤めていた時に、幸せだと感じることは、ほとんどありませんでした。
それが今では、毎日が幸せで、今この瞬間も幸せです。

なぜかわかりますか?
可能性がありまくるからです。
毎日が、可能性に満ち溢れているからです。

未来に自分の可能性を感じることができるって、一番幸せですよ。
アベノミクスも政権も、何も関係ありません。

自分の未来に希望が持てるかどうか、それがあなたの家族の幸せにつながっている。
政治家や会社に、自分の幸せの主導権を握らすのは、やめましょう。

簡単なことです。
政治家や、社長は、自分が幸せになることを考えています。
あなたの幸せなんかこれっぽっちも考えてないですよ。

そんな人たちに、自分の幸せの主導権を握らせて、どうするんですか?
私は、自分と家族の幸せの主導権は私が握って生きることにしました。

まあ、教育の洗脳から解き放たれて、普通に考えることができれば、
自分で自分の幸せの主導権を握るって考えは、ごく当たり前のことなんですけどね^^

この記事を読んで、感じるとこがあったら、是非メールをください。
あなたの意見もぜひ聞きたいです。

ちゃぼすけへのメールはここをクリック