結論から申し上げます。
あなたの見てるGoogleの検索結果は他の人と違います。

厳密に言えばユーザーごとに検索結果の表示は異なります。

Google では、ユーザーが過去に
どのような検索をしたかに基づいて、
そのユーザーの検索結果をカスタマイズしています。

ですから、自分のパソコンで自分のブログが
「検索結果の1番目になりました!」といっても、
それはあなただけのブラウザだけかもしれません。
(今回、私はこの事象に気づかず大喜びしていたわけです)

しかし、これは、利用者が気づかないうちに、
検索結果がカスタマイズされているということですので、
ノーマルの状態のgoogle検索で1位表示、
1ページ目に表示されたとしても、
手放しに喜べないということでもあります。

恐らく、google検索利用者の大多数は、
検索結果がユーザーごとに違うという事実に
気づいていないからです。
検索履歴のパーソナライズを無効にする方法は
(ノーマルの状態の検索結果を表示する方法)

googleのヘルプ記事に掲載されています。

一体、どれだけの人がわざわざこの設定をして、
ノーマルの検索結果を見ているのでしょうか?

ノーマルの検索結果を閲覧している人は、
皆無に近いと考えられます。

となると、何を基準にSEO対策(検索エンジン最適化)を
行えばよいのでしょうか?

全国のパソコンで、googleカスタマイズ機能が
作動している状態で、全ての検索結果において
上位に表示されるには、どうしたらよいのでしょうか?

次回は、具体的に基準とすべきSEO対策、
進めていくべきSEO対策、について考えてみようと思います。