あけまして、おめでとうございます。
2013年も、よろしくお願いします。

さて、三箇日も終わって、
家に帰って、メールチェックをしてみたら、
メルマガが、山のように届いていました。

すみません、否定するつもりもないし、
私とは価値観が違うんだなと思うので、
いいんですけど、ちょっと言わせてください。

「あなたは、何のために生きてるの?」

否定でもなんでもないです。
なので、変な風に受け取らないでくださいね。

私たちが生きている日本には、
素晴らしい文化、行事がたくさんあります。

美しい季節を自然を五感で感じ、
自然を愛しみ、楽しむという文化や行事がある。

それを、心から楽しみ、心をゆるりとして過ごす。
そういう豊かな心を育む、四季も文化も行事もあるのが日本です。

その象徴が、お正月です。

もっと、自分の心を豊かにしてあげようよ。

私たちが生まれた日本の文化を、もっと大切にしようよ。
私たちを育ててくれた、四季折々の行事をもっと大切にしようよ。
私たちの住んでいる日本を、もっと楽しもうよ。

これから生まれてくる子供たちに、
日本に生まれて良かったっていう素敵な国にしていこうよ。

だから、せめて、お正月くらい、
家族や親せき、大切な恋人、友人とゆっくり過ごそうよ。

そこで、話は戻ります。

「あなたは、何のために生きてるの?」

幸せになるために生きていると、胸を張って言いましょうね。
そして、幸せな時間をも味わいながら生きていると。

ネットビジネスのために生きているというのは、
寂しすぎるし、悲しすぎます。

ネットビジネスのためのネットビジネス。
こういう罠に陥るのは、やめてくださいね。

あと、他の人に、お正月もネットビジネスやらないと、
稼げるようにならないよとか、マインドが甘いとか、
脅すようなこともやめましょうね。

幸せになるための手段の一つとして、
ネットビジネスが存在しているというだけです。

「ネットビジネスのための、ネットビジネス」じゃ、
「ギャンブルするために、ギャンブルしてる」と大差ないですから。
なんか、こっちから見てて、とてもかわいそうな人ですから。

ネットビジネスは、
あくまでも、幸せになるための一つの手段です。
ネットビジネスじゃなくてもいいのかもしれません。

でも、私たちは幸せになるために、
必要だと思うから、ネットビジネスを選んだんですよね。

その心だけは、忘れないように、
2013年も一緒に頑張っていきましょうね。

もし、今日のメルマガを読んで、
私と価値観が違うなと思ったら、解除してくださいね。

あなたが、幸せになることを祈っています。

※ もちろん、サービス業の方とかは、
お正月休めなくて大変だと思います。

そういう人たちのお蔭で、幸せなお正月を過ごせるのも、確かですから、
そういう方たちには、心からお礼を申し上げます。

一番大変なお正月に、お仕事お疲れさまです。
(私も昔、ホテルに勤めていたことがあるので、お正月出勤経験者です。)

本当は、もっと違う事、話そうと思っていたのですが、
それは、明日以降にしようと思います。

それでは、今年もよろしお願いします。

ちょっと、昨日の続き…

映画館まで歩いて5分。
大好きな映画に何年も行っていない現実。

娘2人と、嫁さんが風邪気味です。
娘2人は、まだ6カ月と3歳。
まともに夜眠れないでしょう。
嫁さんも風邪気味なので、なるべく寝かせてあげたい。
娘たちの風邪が1週間、2週間と続いたら大変。

腰痛とか言ってられないし、パソコンに向かうことすらできるかどうか…

自分以外の都合で、わずかな時間すらも自由にならない現実。
自分以外の都合ってこういうことです。

自由って本当に尊いものです。

一人一人が生きている環境に、どうしても依存してしまう。
それは、ネットビジネスだろうが、リアルビジネスだろうが一緒です。

自分の立場から、すべての人が平等に、自由になろうと思ったら、
家族を捨て、子供を捨て、自分ひとりにならなければ手に入りません。
そんな平等と自由なら、私はいらないですが…

私は、家族や近しい人が一番大事な存在だと思っています。
ですから全てにおいて、優先します。
それが、愛おしいということ、愛するということです。

ネットビジネスで稼いでる人に聞いてみたい。
「そこに愛はあるのかい?って」
たぶん、稼いでいる人って、そんなこと考えたことないだろうな~
自分のことは愛しているだろうけど…

私たちが守らなければいけないのは、
今の自分の立場で手に入れられる、最大限の自由であり、
同時に愛するということ、それを逸脱してはならないということです。

そこにたどり着くには、どうしたらいいか、ネットビジネスを通して、
私は、これからも考えていきたいと思います。

ちょっと、話変えます。

とあるセミナーの話です。教材購入者のみ参加できるセミナーでした。
ユーチューブでの視聴も、教材購入者のみできるものでした。

ということは、参加した人は全員、教材の購入者です。
販売者さんに対してお金を払っている人たちのみ参加してます。

その教材の販売者さん一人の後日談です。
自分のメルマガなので、何を言ってもいいんでしょうけど、
ひどいの一言です。教材販売者という立場を忘れたかのような…

まず、あらゆるところに掲載されているセミナーの感想について、
自分の意とは違った意見に対する、バッシングから始まります。

何か、行動をおっこすということは、いろいろな考え方、
色々な意見が起こってくるのは当たり前です。

それを、自分の意図しない意見に対して厳しい批判。
まあ、教材販売者としては、良くありませんよね。
自分が完ぺきだと思っている教材に対して、文句をつけられたら、
その対象に向かって罵倒する。子供じゃないんだから。

もう一度確認します。
自分の教材を買ってくれて、お金をもらっている人たちに対してです。
ある意味、笑えます。

1年後には消えてる人達ですと言い切っています。
自分の教材買ってもらってる人達に対する暴言ですよね。
あなたの報酬は、誰が払ってるの?1年後に消える人たちから貰ってるんですよね~

さらに、さっさとこの業界から消えたらいいのにですって
自分の気に入らない人は、全部消えてほしいってことですかね~
お子ちゃまじゃないんだから。

まあ、プライドなんでしょうね。
プライドを傷つけられて、ショックで感情むき出しの文章を書いてしまったんでしょうね。
仕方のないことです。若いっていいですね。

ただ、名のある教材販売者さんが、教材購入者に対して、
言っていいことと、悪いことがあるのは事実です。

お金をもらっている、その相手に対して、
1年後には消えている人たちとか、
さっさとこの業界からいなくなればいいとは、
適切な表現ではない事は事実です。

あと、私が初心者視線が足りないと指摘したからでしょうか?
さっそく、超初心者向けのコンテンツを追加するそうです。
そういうところだけ取り上げて、あとの意見はすべて否定するって、どういうことですかね?

頭のいい人が考えていることは、バカな私にはわかりません。
口がたつので、どっち道、かなわないですけどね。

これ読んだ人、本人に伝えてもらって構いませんよ。
わかっていて言ってるならそれでいいし、
わかってなかったらわかったほうがいいと思いますから。

あと、あくまでも私のブログで、私の意見を述べているだけであって、
賛否両論あるのは承知の上ですから。
個人名も出していませんしね。誰かわかるなら、教えてあげてください。

でも、これでいい教材になりましたね~
念願の初心者マニュアルが追加になるんですから。
これで、挫折する人が少しでも少なくなって、成功者が生まれればいいな~