あらかわ遊園は小さな子供達にとってディズニーランド+上野動物園のハイブリッド遊園地

2013年4月28日の日曜日に、東京都荒川区のあらかわ遊園に行ってきました。
私も小さいころ、30年以上前に来ているはずですが、全く覚えてないので、私も始めて来た感じでワクワクです。

8時半に亀有からベビーカーで出発。
当然、混むのは嫌なのでセオリーとして、開園時間9時に入場の予定です。

町屋で都電荒川線に乗り換え。都電荒川線は混んでなかったので、ベビーカーはそのままで大丈夫でした。
ただ、バスみたいな車両なので、混んでるときはベビーカー畳まないととダメでしょうね。(駅の注意書きには、ベビーカーは畳んでくださいと書いてありました。)

荒川遊園地前駅で降りて、ゆっくり歩いて、あらかわ遊園の入り口まで5分くらい。
天気も良かったので、すっごく気持ちよかったですよ~
あらかわ遊園までの道筋には、古くからの駄菓子屋や、商店が何軒かありました。
あんぱんまんの自動販売機もありましたよ^^
あらかわ遊園

あらかわ遊園の開園5分前 入口の混雑状況

あらかわ遊園
こんな感じで、入場券やセット券を買うのに並ぶこともほとんどなく、入園ゲートにはさすがに並んでいましたが、50人くらいだったかな~待つというほどではありません。
いざ、開園になっても混乱することなく、みんな順番にゆっくり入場。穏やかなものでした。

入口から、乗り物広場に行くか、動物広場に行くかですが、迷わず乗り物広場に。
並ぶの嫌いだし、娘は4歳なので並んで待たせるのも可哀想です。混むものから順番に乗ることに。

まずは日本一遅いジェットコースター。
娘は今までジェットコースターに乗ったことないですが、今回は乗りたいとノリノリだったので、混む前に。
というわけで、5分くらい待っただけで、すぐ乗れました。4歳の娘にはちょうど良かったようで大喜び^^
あらかわ遊園

次々に乗り物に乗っていきましたよ~
料金はチケット制で、100円のチケット、大人は2枚、子供は1枚というのがほとんどなので、とってもリーズナブル。
未就学児ならむちゃくちゃ楽しいと思いますよ^^

ディズニーランドって、大人の僕たちが楽しむためのものです。
悪くはないですが、未就学児には、その価値はわかりませんし、乗り物も怖く感じるものが非常に多いので、このくらいの方がはるかに楽しめるのは確かです。

コーヒーカップ、これは4歳の娘はむちゃくちゃ楽しかったみたいです。
あらかわ遊園

豆機関車、これは1歳の娘も乗れるし、とってもいいですよ^^
あらかわ遊園

ボールプール、独り占めでハシャギまくってました。
あらかわ遊園

1歳の娘、初観覧車でしたが、ずっと外を眺めて笑顔で振りむいたりしてました。気に入ったみたいです。
あらかわ遊園

乗り物は時間が遅くなると徐々に混んできます。
といっても、並んで10分20分くらい並べば乗れるレベルなので、楽勝ですけど(笑)

そんな時は、コインで遊べる乗り物に乗れば子供たちも喜びますよ。
こういうのが、たくさん置いてあります。1歳の娘でも楽しめました。
あらかわ遊園

あらかわ遊園での昼食は、早めに済ますのが一番賢いです

昼食は早めがいいです。それもめちゃめちゃ早め。11時前には乗り物広場の食べる施設はすべて席が埋まっていました。
外のテーブル席は休んでいる人もいるので、すぐに空くので、天気が良くて風がなければ外がいいですよ。

ただし、小さな子供が食べられるようなお昼ご飯は少ないです。
娘はカレーを頼んだんですけど、新宿中村屋の本格的なカレーなので、スパイスが効いていて、小さな子には辛いです。
他にはオリンピック金メダルの北島選手の実家が提供している、メンチカツサンドや、チキンライス、おにぎりくらいしかないかな~

なので、小さな子供を連れていくなら、お弁当を持っていく手もありですね。芝生広場は平たんではなくゆるやかな坂になっているのですが、そこで敷物を敷いて昼食を食べている家族も多かったし、ベンチはたくさんあるのでベンチに座って食べている家族も多かったですよ。

私は、きたじまのメンチカツサンドと、生ビール。生ビールは400円でした。
あらかわ遊園

お昼を食べた後は、動物広場へ。
ゴールデンウィークは、ポニーの乗馬体験はお休みだったので残念でしたが、ふれあい広場には小さな子供たちがたくさんいました。
ヤギと、ひつじ、そしてウサギ、モルモットと、みんな、恐る恐る触れ合いつつも楽しんでいました。

うちの1歳の娘も、ヤギの近くで恐る恐る、歩いていました。怖かったらしく触れなかったです^^
あらかわ遊園
餌やりもできるし、小さな子供たちは走り回って楽しんでいましたよ。

というわけで、あらかわ遊園を午前中で遊び倒しました。
小さい子供の体力は、このあたりが限界です。

未就学児くらいの小さな子供を、親の都合で1日中連れまわしたら、やっぱり可哀想。
だからって、朝ダラダラして、親の都合で午後から混雑していることろに出掛けても、可哀想。

小さな子供を遊ばせるなら、混雑する前の早い時間に限ります。
というわけで、ゴールデンウィークでも午前中は荒川遊園地はガラ空きで楽しめました。
お昼過ぎ、帰るころはどこも、人人人で、大変でしたよ~

休みの日ぐらいは、親の都合は置いといて、子供たちに目一杯楽しんでもらえる、余裕のある親でありたいものです。

ダ・ボッチャーノ ピザワールドカップで優勝した、ピザを待たずに食べる方法! は記事後半で^^

キッテ(KITTE)のレストランフロアは大混雑 ベビーカーだと長時間待ちは必至

キッテに嫁さんとランチデートに行ってきました。
私たちが、丸の内のKITTEに行ったのは、ゴールデンウィーク直前2013年4月26日の金曜日です。

いつもの通り、早め行動。
レストランフロアがオープンと同時に、ランチする予定で、亀有を9時半ごろ出発。
二重橋前駅から、行幸地下通りを抜けて、丸の内の地下へ。
行き慣れた、新丸ビル、丸ビルの入り口を横目に、10時過ぎに新しくできた地下空間からKITTEに入りました。

地下の入り口はこんな感じ。
KITTE
東京駅の丸の内地下から、すぐにわかります。
そのKITTEの地下は、平日でオープン時間直後なので、ガラガラでした。

地下1階はキッテグランシェ。
KITTE
全国ご当地銘品フロアということで、全国各地のお店が出店しており、見て回っているだけでも楽しい。
通路は広々しているし、ベビーカーでも、子連れでも全然大丈夫です。

一通り、見合わった後、10時半過ぎトイレを済ませて、ランチに行く準備。
目指すレストランフロアは5階。ピザワールドカップで優勝したというピッツァリア「ダ・ボッチャーノ」。

とりあえず、1階に上がってみました。
天井の高い吹き抜けで、明るくてとっても気持ちがいい~
KITTE
1階のお店を一通り見て回り、上に登ろうとしたら、なんとエスカレーターが動いていない。
上のフロアは11時オープンらしくて、登らせてもらえません。

そこで、ちょっと考えました。
エスカレーターで登って行ったのでは、人気のレストランなので、すぐに入れないかも。
ということはすでにリサーチ済み。嫁さんが、しっかりとリサーチしていました。

私たちは開店と同時に、狙っていたレストランに入店し、優雅にランチを楽しみました^^

KITTE キッテのレストランに並ばずにランチする裏ワザ

ランチは11時から、オープン直後という条件付きになりますが、レストランの前で長時間並ばずに、すぐにお店に入るためにはどうすればいいのか?

11時のレストランフロアのオープンを1階で待っていると大変なことになります。
エレベーター、エスカレーター待ちで、長蛇の列に並ぶことに… 上から見ると、こんな感じです。
KITTE
ゴールデンウィークの休日は、エスカレーター、エレベーターの列がKITTEの外まで延々と続いていたのをニュースで見ました。
こうなっては、子連れはもちろん、ベビーカー、OLさんや働いている人は、時間の計算ができないですから、KITTEのレストランフロアでランチすることは不可能ですよね。

他のレストランも全部並んでいたので、長時間待たされるのは、どのレストランも一緒でしょう。
でも、私たちは開店時間、レストラン前で並ぶことなく、大人気レストラン「ダ・ボッチャーノ」でランチしました。

その方法とは?
まず、11時までエスカレーターは動かないので、1階で待っていては確実に狙ったレストランに待たずに入るのは難しいでしょう。

じゃあ、どうするか?
1階で待ってたら間に合わないのであれば、もっと上の階で待っていてはどうでしょう。
実は、4階のJPタワー ホール&カンファレンスという施設が9時から利用可能となっている関係で、11時前でも4階はエレベーターで登ることができるんです。

もう、わかりましたね。
あらかじめ4階で待機していて、11時になった瞬間にエスカレーターを駆け上る。
そうすれば、希望のレストランで待たずに入れるわけです。

ただし、2013年4月26日の金曜日の11時直前の4階エレベーターホール、エスカレーターの前の状況は、こんな感じ。
キッテ
すでに、この方法を知っている人たちで大混雑です。
平日でも、少なくとも10時40分くらいには4階に上がっておきたいですね。

ただし、エスカレーターが動き出したと同時に、我先にとみんな駆けあがていって危ない状態です。
そのうち、事故とか起こって、この方法ができなくなるのではとも思いますが…
ですから、子連れなら抱っこしてエスカレーターを登った方がいいですよ。 ベビーカーでは、あの混雑の中、きついですね。

もし、ベビーカーでやるとすれば、10:59に上ってきたエレベーターに乗って、開くボタンを押したまま、11時を待ち、11時になった瞬間位5階のボタンを押して上るくらいの気合と、他人への迷惑を顧みない図太い神経が必要だと思います。
レストランには、子供椅子もあるので、レストランに入ってしまえば、子供でも全然大丈夫そうですが、そこに行くまでが大変なのは覚悟しておきましょうね。

この方法なら、レストランフロアの、どの店でも開店と同時に、待たずに入れますよ^^

ダ・ボッチャーノ ピザワールドカップ優勝のランチは、とっても美味しかったです。

ダ・ボッチャーノの外観はこんな感じです。
キッテ

ランチメニューはこれ。
キッテ
私たちは、ボッチャーノランチを頼みました。
私はパスタ「釜揚げしらすのせスパゲティ バジリコ仕立て」
嫁さんはピザ「ハムとリコッタチーズのピッツァ」
二人で、シェアして食べることにしました。

メニュー見てわかると思うんですが、ボッチャーノランチ以外の選択肢は考えづらいです。
ピザワールドカップで優勝したピッツァリアで、ピザ食べないって選択しないですよね。

ということで、ナポリランチはピザもパスタもつかないので、選ばないですよね。
また、ヴェスビオランチは、パスタまたはピザに加え、魚または肉料理なので、いくらなんでも多すぎます。
というわけで、あっさりとボッチャーノランチになったわけです。

私は、ランチビールも追加。飲んだ感じはヱビスかな~

注文して待っている間に、続々とお客さんが案内されて、席が埋まっていきます。
お店の外には、長蛇の列で、開店直後に席が埋まってしまい、長時間待ちの人の列です。

周りを見渡して、びっくり。
男は私一人だけでした。店内のお客さんで私以外は全員女性。
見た感じは、私よりお姉さんばかりで、奥様と見受けられる方ばかり。

女子会というよりは、おばさま会といった趣の集団の方々がほとんどでした。
女性はやはり、食べることに関しては貪欲ですね(笑)

ボッチャーノランチは、とても充実していて、お得感満載でした

ボッチャーノランチは、まず前菜の盛り合わせがきました。
ボッチャーノ
私は、ほとんどわかりませんでしたが、1品ずつ全部説明してくれましたよ。
これは、仕入れ食材によっての日替わりって感じなのかもですね。

次に店内の窯で焼いたピザ。直径は20センチ以上あると思います。
これを一人で食べたら、男でもお腹いっぱいですよ。
キッテ

次にスパゲティ。
バジルというより、和風の味付けでとても美味しかったです。
ボッチャーノ

そして、最後にドルチェ。プリンでした~
ボッチャーノ
これにドリンクが付く、ボッチャーノランチは、1480円で超お得感があるランチでした。

子連れの施設は充実しているので、安心ですが、何せ混雑しすぎで…

KITTEは最新設備が備わっています。
それは、私たちのように小さな子供がいても安心です。

5階に授乳室とおむつ替え台、2~4階、6階のトイレにはおむつ替え台があるので、安心です。
ただし、時間によっては込み合っているので、それは覚悟しておいた方がいいかも…

屋上庭園 KITTEガーデンは、子供こそ楽しめる空間かも

ランチの後、12時ちょいすぎくらいですかね~ 5階のレストランフロアと、6階のレストランフロアをぐるっと見て回りましたが、超長蛇の列でどの店も、30分以上待つでしょう。中には数時間待つのではないかというお店もありました。

丸の内で働いている人は、空くまでしばらくは食べにこれなそうですね。
並んで、食べてで確実に1時間以上かかるので、お昼休み中に会社に帰れませんから。

そして、6階の屋上庭園「KITTEガーデン」に行きました。
東京駅側に大きく視界が開けて、とっても気持ちいい!
こんな感じで、リニューアルされた東京駅駅舎を上から間近で見ることができます。
キッテガーデン

私たちが行った時間は年配の観光客と思われる人たちが多くいました。
KITTEガーデンと言うほどなので、芝生の緑もあり、ベンチも沢山ありました。
キッテガーデン

まあ、ここまでなら普通の屋上庭園なのですが、東京駅者が見えるということは…
そうなんですよ、東京駅を発着する電車が見えるんです。当然、新幹線も見えます。
まだ、そういった観点では見られていないようで、子供たちも多くはなかったですが、鉄道好きの子供には、たまらないスポットになると思いますよ。
キッテガーデン

というわけで、キッテはオープンしたてで、混雑してはいますが、大人も子供も楽しめる施設であることは間違いないです。
もうちょっと時間がたたないと、空かないでしょうね~ ゆっくり待つとしますか^^

2013年3月12日、ディズニーランドホテルに1泊して、ディズニーシーとディズニーランドで遊んだ旅行記です

ディズニーランドホテル、ここは外国? ディズニーリゾートを堪能するには絶対です!

イクスピアリから、ディズニーリゾートラインに乗って、東京ディズニーランドステーションへ。
今回乗った、リゾートラインはトイストーリーマニア号。娘は、はしゃいでいました^^
トイストーリーマニア号

東京ディズニーランドステーションを降りて、向かうのはディズニーランドと反対側のディズニーランドホテル。夕方の陽の中に、ディズニーランドの喧騒から切り離された、ファンタジックな空間が広がっています。
ディズニーランドホテル
ディズニーランドホテル

振り向くと、ディズニーランドステーションに明かりが灯されています。
ディズニーランドステーション

もう、この雰囲気。すっごくいいです。
お母さんは、外国みたいだね~って、言ってましたけど、本当にそんな感じです。

ロビーは3階。エレベーターに乗ると、ミッキーマウスとグーフィーの声で案内してくれます。
チェックインを済ませている間、娘と一緒に散策。ホテルのロビーはこんな感じです。
回転木馬のオブジェや、プリンセスのお城のオブジェ、そして、とにかく天井が高くて気持ちいいです。
ディズ二ーランドホテル

案内された部屋はこんな感じで、ディズニーランド側の部屋です。
ディズニーランドホテル
お風呂、トイレは別々で、お風呂は子供たちを洗うの十分な広さがあり、湯船も私が足が伸ばせるくらいなので結構広いです。

お風呂に入る前に、ホテル内を散策しました。
1階には、24時間オープンのコンビニがあります。お菓子もビールも発泡酒も売っていました。ディズニーランドホテルオリジナルの商品も置いてあったので、結構楽しいです。値段は、ちょっと高いぐらいで、普通に気兼ねなく買えます。 ビールの350mlが300円だったかな~部屋にあったビール350mlが400円だったので、まあ、部屋でも、コンビニでもいいかなって感じです。

また、1階にある、おみやげやさんですが、嫁さんが、お客さんがほとんどいなくて、こんなにゆっくりとおみやげ買えるとこってディズニーランドにはないかも。しかも、ディズニーランドホテルのオリジナル商品もあるので、今後、ディズニーランドであみやげ買わないで、ここで買おうかなって言っていました。
ゆったり、ゆっくり、ディズニーリゾートを楽しむなら、やっぱりディズ二ーランドホテルがいいのかもしれません。

ちなみに、3月12日は火曜日で平日でしたが、ディズニーランドホテルは満室だそうです。
それなのに、こんなに快適に過ごせるとは、やっぱりみんな、ディズニーランドが終わるまでいるでしょうね。だからホテルは人が少ない、そう思います。

小さい子連れの私たちは、夜のディズニーランドは諦めていたので、ゆっくりホテルで過ごせて本当に良かったです。
実は昔、他のディズニーオフィシャルホテルに泊まったことがあるのですが、ここまでゆっくりした記憶はありません。ディズニーランドの目の前にある、ディズニーランドホテルだからこそ、味わえる感覚なんでしょうね~

スカイツリーでランチデート スカイツリーやソラマチの施設はベビーカーでも安心

今日は、スカイツリーに行ってきました。
嫁さんが育児休暇中は、週に一回は下の娘をベビーカーに乗せて、色々なところにランチデートしようよって決めてるので、毎週どこに行こうか楽しみの一つになっています。

それで、今回は、近いのにまだいったことないスカイツリーに。
今回はランチデートというよりは、スカイツリーのソラマチを散策といったほうが正しいかな。

北千住で東武スカイツリーラインに乗り換えて、終点浅草の1つ前、とうきょうスカイツリー駅で下車。
ホームは狭いけど、最新の駅なので、思った通りエレベーターはやたら広い。
ベビーカーが、5~6台入っても大丈夫なくらい広かった。これはうれしい配慮です。

業平橋の駅時代しか知らない私にとってはある意味カルチャーショック。
ここまで変わるもんなんだね~とうきょうスカイツリー駅は、すべてが最新の設備で綺麗な駅です。

改札から出ると、そこはもうスカイツリー。
真上を見上げると、スカイツリーが、そびえたっています。
スカイツリー

スカイツリー ソラマチ商店街でランチ

とうきょうスカイツリー駅を降りるとすぐに、東京バナナのお店、キャンディのお店、ムーミンカフェなど並んでいます。
とりあえず、ソラマチ商店街に行こうと思ったら、押上駅のほうが近いんですね。
まあ、初めてなんで、スカイツリーの下を観光がてら見ながらぐるっと、歩いてソラマチ商店街に。
ソラマチ商店街
平日だというのに、観光客は結構多いです。
11時ちょいすぎだったので、早めにランチしないとお店に入れないかもと思って、米粉のパンだけ買い物をして、ランチにしました。
どこでランチを食べるとは決めていなかったんですが、入ったことない店がいいなと思って、ソラマチの噴水広場に面しているハワイアンハンバーガーショップ「クア・アイナ」に決定!

ソラマチのハワイアンハンバーガーショップ「クア・アイナ」でランチ

ファーストフードじゃないハンバーガーも、たまには食べたいなと思っていたので、ちょうど良かった。
私は、迷いなく、アボガドBBQハンバーガーセット。セットのドリンクはビール!
ハンバーガーにビールって、むちゃくちゃ合うし、本当においしいんですよ。

注文してから作ってくれるので、できるまで10分くらい時間はかかるけど、おいしいハンバーガーが出てくると思えば問題なし。
ベビーカーごと席まで案内してもらい、娘は寝ていたので、ママの隣にベビーカーをそのまんま置いておきました。
店内は細長くって、広いとは言えないけど、ベビーカーでも入れるし、子供用のいすもあるし、子連れのママも沢山いました。

ハンバーガーが来るまで、ソラマチをどう堪能しようか、ソラマチの案内パンフレットを見ながら検討。
検討というか、嫁さんがネットで結構調べてきていたので、確認という感じでしたが…

さ~ハンバーガーセットがきました! お店はこんな感じ。
ハワイアンハンバーガーショップ クア・アイナ
分厚いアボガドがたっぷり乗っかっていて、ハンバーグとの組み合わせがベストマッチで、絶品です。
確かに、大きくて食べづらいというのは否めませんが、その食べにくさも美味しさの一つというか、がぶっとかみつく感じがとっても新鮮でおいしさも増すような気がします。ビックマックどころじゃないですからね~
ハワイアンハンバーガーショップ「クア・アイナ」にして正解でした!

スカイツリー ソラマチは親子連れにやさしい施設でした

食べた後は、ゆっくりとベビーカーを押しながら、お買い物を兼ねた散策。
やっぱり、ぶらぶらと見て歩きながらの散策は楽しいな~

嫁さんはあっちの店に寄り、こっちの店に寄り、美味しそうとか、かわいい~とか、連発していました。
そのうちに、娘も昼食の時間に。
ソラマチの中には、休めるベンチがたくさん。
これはお年寄りや、子供連れの僕らにとってはすごく助かります。
広めのフラットなベンチに座り、娘に持ってきた離乳食をゆっくりと食べさせて、ついでにおむつも交換しようとトイレに行くと、女子トイレは長蛇の列。
じゃあ、私がということで男子トイレに連れて行って、おむつ替え。
男子トイレの個室にも、折り畳み式のおむつ替え台・ベビーシートが備え付けられていました。
結構、女子トイレだけで、男子トイレにはないっていう施設もあるので、これは助かりました。

帰ってきてから調べたんですけど、ベビールームも、子供用トイレも、複数あるようです。
ソラマチの施設の詳細は、ここから確認してください

東毛酪農63℃ 真っ黒コーンの美味しいソフトクリーム

娘に離乳食をあげたら、妙に何か食べたくなってきて、ソラマチ内は人込みで暖ったので冷たいものを…
で、ソフトクリームを食べました。
東毛酪農63℃のソフトクリーム
牧場ミルクソフト、コーヒーミルクソフト、イチゴミルクソフトから選べて、
黒い「竹炭ゴマコーン」、白い「海の塩コーン」、「手焼きワッフル」、「カップ」から選べます。
私は、牧場ミルクソフトで真っ黒な竹炭ゴマコーンに。
牧場ミルクソフトは、濃厚で、牛乳の味も美味しかったし、竹炭ゴマコーンもまた、ゴマ味が香ばしくて、とてもおいしくて2度楽しめた感じです。
たまには、ソフトクリームもいいですね。
それにしても、ソラマチはたくさんのお店で色々なソフトクリームが売られていて、ソフトクリーム天国でした。

スカイツリー ソラマチを楽しんでいる間も稼いでくれています

ソラマチを一通り見て、帰途につきました。
スカイツリー、ソラマチを堪能しようと思ったら、1日じゃ足りないですね~
今日はスカイツリーに登ってないし。でも、当日でもチケット販売されていたので、いつでも登れることが分かったし、次回の楽しみです。

散々楽しんで帰って、メールチェックしたら、報酬発生メールがちらほら。
アマゾンからも注文確定・売上発生メールがたくさん来ていました。
アフィリエイト報酬
アフィリエイト報酬
アマゾンも合わせると、少なく見積もっても2万円以上の純利益です。
ランチデートに行っていても、使ったお金以上の収入があるので、非常に気が楽です。

何の知識もコネもない、ただの派遣切り失業者状態だったのが、
今では、嫁さんとランチデートしている最中にも、自動的に報酬が発生します。

誰にでもできることしかしていないし、騙すとか、悪いことも一切していません。
むしろ、感謝のメールを、毎日たくさんいただいています。

作業時間を作れる人なら、誰でもできます。
興味がある人は、無料メルマガに登録するか、直接私までメールをください。
質問でもなんでもいいですよ~お気軽にメールください。
⇒ 管理人のちゃぼすけにメールする
⇒ 管理人のちゃぼすけの無料メルマガに登録する

ちなみに、私がこういう生活ができるようになったきっかけは、
このマニュアルです。 ⇒  詳しくはここをクリックしてください