東日本大震災 大きな災害で人間の心や行動は変わる?

今日は、ママが仕事帰りに、
ゴスペル教室に行く日だったので、
パパごはんの日。

娘二人を保育園に迎えに行き、
戻ってきたら、さっと夕飯を作って、
娘二人の話を聞きながらの夕食。

もうすぐ2歳になるおチビちゃんが、
徐々にボキャブラリも増えてきて、
とても可愛くて、どんどん喋らせています^^

3人でお風呂に入って
ママが帰ってくるまで起きてる!
というお姉ちゃんのマネをして、
おチビちゃんも、起きてると言って、
録画してあった「おとうさんといっしょ」を見る。

ママが帰ってきたら、
笑顔でおやすみなさいと言って
私が娘二人と布団に入り、
また、色々な話をしながら、
そのうちに、一緒に寝てる…

そんな、生活を毎日しています。

小さな子供たちと一緒にいられる、
本当に充実した毎日です。

今の生活になったキッカケの一つに、
3年前の東日本大震災があります。

このまま、サラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることはできないって。

心の底から感じた、危機感です。

3年前のその時、
豊洲の高層ビルの事務所で、
何が起こったのか、わからない、
家族との連絡もつかず無事かどうかも分からない。

それなのに、仕事がどうこうと言っている
サラリーマンパパたちを見て、
こいつ等、頭おかしいんじゃねえかって。

早退します、お金いらないから、すぐに帰ります。
といっても、帰らせてくれない上司。

会社に行動が縛られ、
大切な存在を救いに行く自由もない。

開放されたのは2時間半後、17時。
急いで歩いて、足の裏に血豆を作って、
それが潰れて痛くても歩き続け、
20時に自宅に着き、家族の無事を確認。

その時、感じた安心感、
そして、無力感が底知れない恐怖でした。

もし、あの時、何も行動を起こせず、
家族がパパの助けを求めていたとしたら、
パパの助けを求めながら死んでいったとしたら…

東日本大震災関連の報道で、
多くの被災者の声を聞いたのではと思います。

その多くは、なぜ救えなかったのか?
なぜ、私が救うことができなかったのか?

そういう、後悔の声が圧倒的に多く、
それをずっと心の傷として、生き続けている人が
沢山いることは、ご存知だと思います。

今、東京では、大災害の時は、
会社に留まり、家に帰ってはいけないという、
条例が作られています。

その理由は、秩序が乱れるから、混乱するから。
ただそれだけです。

人の命や心は二の次に作られた条例です。

その結果、大災害が起こったら、どうなるか?

家族を失った、家族を救うことができなかった
大切な存在を救うために、行動すらできなかった、
行動すらさせてもらえなかった、
サラリーマンたちが、何十万人、何百万人、量産されます。

心に傷や痛みを感じたまま生き続ける
働くパパママが、数多くできてしまうということです。

東日本大震災で大切な存在を守れなくて、
未だに、重い運命を背負って生きている人たちは、
それを望んでいるかな?

自分と同じ悲しい思いをする人たちが、
多くなることを、望んでいるのだろうか?

私はサラリーマンでいたら、
大切な存在を守ることができない恐怖、
危機感を、目の当たりにして、
東日本大震災の約3か月後のタイミングで、
会社を辞めて、人生を変える決心をしました。

全ては、自分の手で、
大切な存在を守るために…

あれだけ大きな災害を目の当たりにして、
あなたの人生は、どう変わりましたか?

もし万が一、何も変わっていないのなら、
あなたにとっては、他人事なのですね。

他人事、人のせい、
何もしない、世の中に流されていく、
大多数の民衆心理ですから仕方ないですが…

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは、心を持っている人間ですか?
それとも、ただの働かされているロボットと同じですか?

大きな出来事と、自分の人生と自分の心。
人間として何も変わらないままじゃ、悲しすぎませんか?

人生相談でも育児相談でも、
もちろん、ネットビジネスの相談も、
私でよければ、いつでも相談にのりますからね^^

お気軽にメールをくださいね。

ちゃぼすけへの、質問・相談メールはここをクリック

私の想いは、プロフィールに書いてあります。
もしよかったら、読んでみてくださいね。
ちゃぼすけの超詳しいプロフィール

東日本大震災 本当の悲劇は津波なんです

2011年3月11日金曜日
東日本大震災から2年です。

地震の後、繰り返し襲った津波が運命を変えたんです。
地震だけだったら、どれだけ被害が小さくて済んだことだろう。

東日本大震災の本質は津波被害だということを、
もっともっとマスコミは報道すべきなんですよ。

原発も地震で壊れたのではなく、津波によって壊れたんです。
ですから、厳密には、東日本大震災ではなく、
岩手・宮城・福島沿岸大津波で、生活が破壊されたんです。
津波がなければ、原発被害もないし、1万人以上の人命が無事だったでしょう。

本当に心配しなくてはいけないのは津波です。

悲劇のあの日から、あなたの生活は変わりましたか

あの日、あなたは何をしていましたか?
あの日、あなたは何を思っていましたか?

あの日の日記を見てみたら、こんな風に書いてあった。
原文のまま、紹介します。
——–
3月11日金曜日 晴れ

14:46から続けざまに大きな地震が3回。
みんなの無事は確認できた。会社から17:30に開放され、歩いて帰る。
思ったより時間がかかったが、20:30には家に着いた。
嫁さんと、娘の顔を見て安心した。

革靴で長時間歩いたせいで、足の裏に血豆ができてつぶれて痛いが
数日で治る痛みだ。我慢しよう。

阪神大震災とは違い、今回は津波と原発があるから、
死者は1万人以上になり、復興は十年単位でかかるだろう。

報道はされていないが、元嫁さんが住んでいる福島の楢葉町の、
被害は尋常じゃないことは、予想できる。
生きているうちに住めるようにはならないだろう。

これから、十年くらい国を挙げて復興に力を入れることになるだろうが、
私に何ができるだろうか?

できることは、何でもしていきたいと思う。
——–

日記に書いてある通り、死者は1万5千人を超え、
復興は遅々として進んでおらず、原発については廃炉にすらできていない。

あの日の数日後に、人づてで元嫁さんの無事は確認できたが、
楢葉町はいまだに、住める状況ではない。

復興には、まだまだ時間がかりそうだ。
協力できることはしていきたいと思う。

遅々として進まない復興 止まった時間。あなたの人生は?

あの日と比べて、あなたの生活はどうですか?

あの日より、幸せになっていますか?
あの日より、幸せではない状況になっていますか?

宮城県も、岩手県も、被災地の時計は動き出しています。
それに比べて、福島の沿岸、原発周辺は、時間が止まったまま。

人間が住んでいないんですから、時間は進みません。
時間は止まったまま、何十年放っておくつもりでしょうね。

私はあの日と比べて、今の自分は幸せを感じる毎日を過ごしています。
たった、2年ですが、私を取り巻く状況は大きく変わりました。

会社は辞めました。
今は一番大切な家族の安全をすぐに確保できる状況になりました。

もし、万が一の時は、会社の同僚と一緒に死ぬのではなく、
家族と一緒に、その時を共にすることができるでしょう。

あの日と比べて、どうかと言われれば、
「幸せです」と胸を張って言えます。

過去のある時と比べて、今の自分を誇ることができる。
それが、一番の幸せではないかと思います。

もし、あなたが、あの日より幸せではない状況、
また、あの日と何も変わらず過ごしているのであれば、
もっと、有効に時間を使って、幸せになりませんか?

誰に聞かれても、幸せだよって言えるようになりませんか?

生きている以上、幸せである義務がある

 
生きているんですから、幸せになる義務があると思うんです。
あの日に死んでいった人たちに申し訳ないじゃないですか。

生きているという時点で、私たちは幸せな毎日を送らないと!

幸せじゃない、死にたいような毎日を過ごしている時点で、
生きたくて死んでいった人たちに失礼ではないですか?

生きている以上、一緒に幸せを感じる毎日を過ごしましょうよ!
それが、この先、生きていく責任だと思うんです。

それでも、生きていく…

どんなことがあっても、生きていくんです。
不幸でも、幸せでも、死ぬ時がくるまで、生きていくんです。

それなら、幸せだよって言える人生を、
今日から過ごしましょうよ。

それでも、生きていくしかないんです。

今すぐには難しいと思うかもしれません。
ただ、願わなければ、思わなければ、行動しなければ、
あなたの人生が、良い方向に変わることは、絶対にありません。

もし、自分の人生を変えたいと思う人は、メールください。

あなたが考えている事、教えてください。
あなたの思ている事、教えてください。

少しでも、力になれるかもしれません。

こちらから、あなたの話を聞きます。
ここをクリックして、メールをください

ちゃぼすけ
はじめまして「ちゃぼすけ」です。

1973年3月生まれの丑年 現在41歳
血液型はB型 性格も典型的なB型タイプと言われます。
身長は181cm 体重88kg 
現在ダイエット中(目標は75キロ)
漫画、こち亀の街、葛飾区亀有公園の近くに住んでます。

保育園に通う5歳と2歳の娘と
働き者で真面目で働き者の妻。

現在は、専業主夫というか、
イクメンであり、個人事業主であり、
2014年中にはイクメン社長になります!

正直言って、自分は幸せ者です。

しかし、現在の幸せに辿り着くまで、山あり谷ありの人生でした。
人に話すと波乱万丈だと、よく言われます。

しかし、これからが本当の勝負だと、ちゃぼすけは思ってます。
皆さん、末永くよろしくお願いします。

ちゃぼすけの出身地

生まれも育ちも、東京都練馬区です。
今ではマンションの立ち並ぶ住宅地となっておりますが、
ちゃぼすけの生まれた頃は、まだ畑ばかりで、
空き地もたくさんあり、毎日駆け回って遊んでいました。

ガキ大将で、イタズラの限りを尽くしてました。
(万引きとか犯罪系は一切してないです)
その一方で、少年野球もやっていて、
先輩達より背が高く生意気だったので、
先輩達には、よく、いじめられてました。

ちゃぼすけの幼少期

両親は元ダンサーで私が生まれたのを機に
秋葉原駅の売店で共働きで働くようになりました。
(小学校3年頃から売店に出て私も働き、
お小遣い貰って秋葉原の街をウロチョロしてました)

私は祖父と祖母に育てられました。
朝起きると既に両親は仕事でおらず、
夜私が寝た後に帰ってきていたので、
殆ど両親と会うことなく育ちました。

その代わり、祖母と祖父には大変かわいがられ
私は、おばあちゃん大好きな少年でした。
祖父は絵描きで看板屋さん。
祖父の部屋はいつでも油絵のにおいがして、
私は祖父の描く絵、看板が好きで、
よく入り浸っていました。

ただ、酒癖が悪く、タイミング悪くイタズラがばれると、
今で言う幼児虐待?をよくされていました。
押入れにもよく閉じ込められましたね~
悪い事したから怒られるって当たり前なんですけどね。

祖母はとても優しくて頭のいい人でした。
いつも私の味方をしてくれて、
全てを笑顔で受け入れてくれました。

何を隠そう、この祖父祖母は第二次大戦中は満州にいて
私の母親を連れて日本に引き揚げてきたのです。
(母親は0歳。母親の兄と姉は引き揚げ中に亡くなりました)
そんな、おばあちゃんは私の16歳の誕生日の前日に
脳溢血であっさり亡くなりました。

苦労して苦労して、命をつないでくれた、おばあちゃん。
そして、丸々16年間、可愛がってくれたのに、
なんの恩返しも出来ないままでした。
思ったことはすぐに行動に移さないと駄目ですね。
感謝してもしきれない、大好きな、おばあちゃんでした。

ちゃぼすけの青年期

祖母がなくなると家族がバラバラになりました。

祖父は認知症になり、母が働きながら看病、
私も高校生で時間があるときは祖父の様子を見て、
妹はバレーボールに夢中になり、
父はパチンコに逃げて借金を作り、
会社のお金も数百万使いこみ、

土地と家の権利書を持ち出そうとしたところを
母が現行犯逮捕。

祖父が亡くなり、母親が借金を全て返済し両親が離婚。

私が就職で会社の寮に入り、妹も一人暮らしをはじめ、
苦労して苦労して、祖父と祖母が手に入れた家は
空っぽになってしまいました。

今振り返ると、冷静に状況を書けますが、
その頃は仕事に必死でした。

家の状況にかまっている暇はありませんでした。

最初の仕事

絶対に出世してやると野心むき出しに、
商品先物取引の営業マンになりました。

朝5時に起きて6時前には電車の乗って7時前に出社。
主要な新聞は全て目を通し、
世界の動向、相場の動向を把握。

とにかくお金を持っているであろう人に、
闇雲に電話してアポを取って訪問して、
若さに任せて押しまくる。

夕方になると、飛び込み営業。
名刺100枚集めたら帰っていいぞとの上司の絶対命令。

何とか集めて、部屋に帰るのは夜中の12時くらい。
それが、土日関係無しに毎日続く生活。

今では信じられません。
当時は金と穀物を中心に勧めてました。
金も穀物も今では当時の数倍になってます。

そんな日々が続き、運が良かっただけですが、
入社の年に、20歳で100万円を超えるボーナスをいただきました。
それも金曜の夜に現金で100万円以上です。
(当時銀行のATMは土日営業してませんでした。)

スーツの内ポケットに入れて銀座に繰り出し、
20歳の小僧のくせして、高級クラブで
浴びるように酒を飲んでも一切酔いませんでした。
(バブルは崩壊してましたが残り香がある時代でした)

自由な時間は寝る時間を削って作り、
お金は全て夜の街に消えていきました。

しかも、出世して年上の部下ばかり、
多い時で7~8人いました。

指導したり、叱ったり、褒めたり、
励ましたり、相談にのったり、飲みに行って奢ったり…
20歳でいい経験をしました。

毎日が大変でしたけど、今ではいい思い出です。

変えることができない過去は、
時間という魔法が、いい思い出にしてくれます。
大切なのは、変えることのできる明日です!

運命が変わった日

そして、運命の1995年1月17日5時46分
転勤で三宮の神戸支店に勤めていました。

会社の寮は、尼崎の武庫之荘。
阪神・淡路大震災が起こりました。

既に会社に行くところでしたので、
すぐに同僚と一緒に三宮に向かいました。
情報源は車のラジオのみ。

道の両側は瓦礫の山と炎で、
人だか物だかわからない塊がうごめいていました。
時間が早かったせいか、
8時前には三宮に到着。

誰も人はいませんでした。
地下街にも誰も人はいませんでした。

斜めに傾いたビルから名刺や会社の書類が
ヒラヒラと降っていました。

現実とは思えない、三宮の街、
三宮に来るまでの光景。

高速道路が倒れていたり、
木造の家々は倒壊し燃えて、
泣き叫ぶことすらできない
茫然とした人々の群れだったり。

報道と現実の物凄いギャップ。
真実を伝えることができていないテレビ。

何を信じればいいのか?
自分で見聞きして体験しなければ、
本当のこと、現実を知ることはできない、
ということを学びました。

その日から、営業成績は全く上がらなくなりました。
トップとは言いませんが、数百人の全国の営業マンのうち、
毎月全国で上位の成績だったのですが、
それ以来、パッタリでした。不思議なものです。

これもマインドなのだと思います。

手を抜いていたつもりは一切なかったんですけどね。

そして、丸3年勤めて辞めました。
ちなみに、東日本大震災の時には豊洲の会社にいましたが、
アタフタしているだけの会社の人達を尻目に、
さっさと歩いて亀有まで帰って家族の安全を守りました。
(さっさと、とはいっても、3時間ちょと歩きました。)

ちゃぼすけのバイト生活

仕事を辞めて、母の住んでいる東京練馬の実家に戻り、
しばらくボーっと過ごした後、駐車場警備員のバイトをしました。

ただ疲れていたんだと思います。

自分の時間のある生活に戻りたかっただけです。
しかし、そうなると今度はお金が足りない。
ジレンマです。

ちゃぼすけの1回目の結婚

そんなジレンマはありましたが警備員は楽しかったです。
大きなショッピングセンターがオープンすると、
みんなで泊り込みで駐車場警備をしに行くんです。

来週、伊豆の伊東にオープンするらしいよとか、
今度は伊勢崎にオープンするから応援頼むとか、

関東近県、かなり飛び回りましたね。

バイトの分際で、色々な現場を任されたこともあります。
社員にならないかと何度も誘われたのですが、
時間的自由を優先させたくて、すべて断りました。

それほど、その当時は自由な時間がほしかった。
会社に縛られることに嫌気がさしていたんだと思います。

そんなときに出会った女性と同棲を始め、
仕事も、秋葉原のパソコンパーツショップ
「Fa●th」で正社員として働いて2年して、
正式にプロポーズをして結婚しました。
(結婚するため、親たちを納得させるために正社員になりました。)

彼女は3姉妹の長女、
どうしても実家に帰りたいと言うことで、
婿養子で、福島県双葉郡楢葉町に引っ越しました。
そうです、今話題の原発の街です。

でも、海も山も川も田んぼもホタルもいる
綺麗で自然に溢れた街だったんですよ。

日韓共同開催のワールドカップに向けて、
Jビレッジも盛り上がっていましたし…

しかし、私は彼女の母親・親戚に馴染めず、
彼女を苦しめてしまい、離婚して
実家に戻ってきました。

これが、アメリカの同時多発テロの年でした。
(前妻は今、母親と避難して無事に暮らしています)

ちゃぼすけの抜け殻生活

しばらく、何をしていても実が入らず、
何をしていても、虚しく、モノクロな日々でした。

自分には誰も幸せにすることが出来ないのだろうか?
このまま、誰にも必要とされずに生きてゆくのか?

いろいろな事が、頭をよぎっていたのが、この時期です。
仕事も何度も変わり、
技術専門校(雇用保険を貰いながら学べる学校です)にも通いました。
資格教材の電話営業⇒印刷営業の技術専門校(ここでイラストレーターをかじる)
⇒印刷会社の営業職⇒電気工事の技術専門校(電気工事士の資格を取る)
⇒大手プロバイダのサポートデスク(派遣)
⇒NT●D●TAで全国規模システムのヘルプデスク(派遣)

更に追い討ちをかけるように、一人暮らしをしている、
父親から病院に連れて行って欲しいとの連絡。
(年金の入る口座は私がずっと管理してました)

よくよく聞いてみると、
健康診断で腫瘍が見つかったと言うではないか。
60代後半でもGパン履いて元気にしてたのに…
精密検査の結果、ガンということが判明。

このままだと余命は半年。
一か八かの手術をどうするかの決断。

どんなに駄目な父親でも、
私に命をつないでくれた大切な存在です。
見殺しにすることは出来ません。

手術をしてもらいましたが、
既に骨にも転移していて
ガンを取り除くことは不可能でした。

父親のアパートに毎日のように顔を出して様子を伺い、
週に一度の通院、日に日に食欲がなくなり、
食べても吐くようになり、やせ衰えていく…
そのうち痛みがひどくなってきて、
モルヒネも効かないような状況に…

そんなとき、父親は自分の手首を切ったのです。
一命は取り留めましたが、体力は更に衰え、
私の心もボロボロになってきました。

自分の体に自殺をする同じ血が流れている、
そう思うと、自分自身まで信じることができず、
怖くなってきました。

母親も妹ももう関係ないと手助けはなし。
父親の親戚とも10年以上没交渉だったので、
助けを求めるには虫が良すぎて、
父親本人もそれを嫌がり、追い詰められました。

そんなとき、ゴスペルと出会ったのです!

ゴスペルとの出会い、父親の死、そして再婚

あるとき友人が習っているゴスペル教室の発表会に誘われ、
あまり関心もなかったのですが、聴きに行きました。

衝撃を受けました。

モノクロだった世界がカラーの世界に変わったのです。
もともとカラオケは好きだったので歌うのは好きなのですが、
このゴスペルってやつには心に響くものがある。

さらに、歌っているみんなが楽しそうで楽しそうで…。
即入会しました。

しかし、末期ガンの父親を放っておくこともできず、
レッスンも休みがちでしたが、仲間が録音してくれた
レッスンの音声を聞いたり、楽譜で歌詞を覚えたり。

当時は父親と向きあう為に、私にゴスペルは必要でした。
そして、僕のことを支えてくれる女性とも出会いました。
(今の妻です)

時間を見つけては、すぐに入れるホスピスを探し、
遠くても直接施設に赴き、すぐにでも父親を入れてやってほしいと
いくつも渡り歩きましたが、順番待ちばかりでした。

順番を待っている間にも痛みに耐えられず、
なくなってしまうかもしれない命でした。

そして、父が亡くなった翌日にホスピスから
順番が来ましたので入れますと連絡が来ました。

苦しんで苦しんで楽になったとたんに
順番がまわってくるなんて皮肉なものです。

父親が死に、ひっそりと火葬場で葬儀を済ませ、
父親の生まれ故郷に埋葬しました。

父親のことも影響していたのか、
ゴスペルには本当にハマりました。
楽譜も読めない、楽器も出来ないので音取りが大変で、
何度も繰り返し聞き歌い、時には一人でカラオケボックスにこもり、
何時間も歌っているときもありました。

優くて心強い仲間がたくさん出来ました。

有楽町にある国際東京フォーラムの大ホールで
200名を後ろに従えて、ソロを歌わせてもらったこともありました。

そして、ずっと支えてくれていた
今の妻と、父親の死から1年後
2007/7/7に2度目の結婚をしました。
そして、娘も生まれやっと人並みの幸せを手に入れました。
現在は、出来うる限り妻に協力して、
楽しく育児をしています。

家族が壊れてしまうのはもう沢山です。

アフィリエイトを本気で始めたきっかけ

実は2007年に一度アフィリエイトに触れています。
そのときは、新しいものに対する興味で、
色々とアフィリエイター登録してました。

殆ど売れなかったですけどね。

この頃、情報商材を買いました。
いわゆる即金系です。全て詐欺商材でした。
消費者センター、国民生活センターに相談して、
その殆どを返金しましたが、多くの時間を失いました。

詐欺商材、経験済みなので、返金の仕方とか
わからないことがあったらご相談ください。

返金させることが出来るかは、わかりませんが
誠心誠意、親身になって相談に乗ります。

あと、このときに、HTMLをちょこっと、かじりました。
なので、簡単な知識ではありますが、多少はわかります。

それだけは、今になっても役に立っています。
その頃に比べたら状況はかなり変わりましたね。

詐欺商材はいまだに横行しているようですが、
しっかり稼げる情報商材も多数あるのは確かです。

騙された経験と言うのは私の財産です。
騙された人の気持ちがわかりますから。

さらにこの時、確信したのが、
自己流でやってもアフィリエイトは成功しないということです。
成功している人のマネ、ノウハウをしっかり勉強して
実践していかなければ、成功はできないと思いました。

しかし、この当時は仕事も忙しく、
結局、尻切れトンボで、アフィリエイトからフェードアウト…

そして、派遣社員として正社員よりも、バリバリ働きました。
これまで、色々な会社を見てきましたが(一流企業から小企業まで)

会社人間の人達には、仕事という楽しみはあるのでしょう。
何日も泊り込みでシステム開発をしている上司とか、
毎日のようにあちこち出張で自宅に帰れない仕事。

会社にはサービス残業ばかりしてるのに、
家族サービスの仕方がわからない人もいました。

この人達のようには、どうしてもなりたくなかった。
この人達は、すでに家族がバラバラになっていることすら
気づいてないのですから…

私は、何度も失敗している人間です。

失敗するたびに、多くのことを学びます。
たとえ家族でも、ないがしろにしていると、
自然と離れていってしまうんです。

ちゃんと本人が気付かないといけないんです。

家族をないがしろにして、仕事に没頭している…
家族を放っておいて、自分の趣味に没頭している…
家族にすでに、お財布だと思われているのに気づかない…

家族が壊れた経験があるから、わかるんです!

震災で焼け出された人達をこの目で見たから、わかるんです!

家を追い出されて、離婚して一人暮らしをして、
ガンになって、手首を切った父親の息子だから、わかるんです!

人生で一番大切にするべきは家族だっていうことが!

一番大切なのは、家族と過ごす時間です。

どれだけ多くの時間を家族と一緒に過ごせるかなんです。
あなたの人生で、どれだけの時間、家族と過ごしていますか?
過去は変えることはできません。

家族と過ごせなかった時間、過ごさなかった時間を
取り戻すことはできないんです!

明日から家族との時間を大切にしませんか?

会社の人達と一番多くの時間を過ごしていたら、
会社の人達が、あなたにとって一番大切な家族同然です。

そんな人生は、虚しと思いませんか?
そんな人生は、悲しいとは思いませんか?
そんな人生を、変えたいとは思いませんか?

明日からの人生、家族との時間を大切にして
生きていきたいとは思いませんか?

今のままで、家族との時間を過ごすことができますか?

ちゃぼすけは、家族との時間を大切にしようと思いました。
アフィリエイトを始めた理由は、ただそれだけです。

今のままでは何も変わらない。
だから、自分の力で稼いでいこう。

明日から、家族との時間を、より多く過ごしていこう!
アフィリエイトを始めた理由は、ただそれだけなんです。
自分の力で稼ぐための本気のアフィリエイト。

2011年8月に決心しました。
自己流ではなく、稼いでいる人の手法をしっかり習おうと思い、
銀河鉄道プロジェクトに参加しました。

このブログを立ち上げ、
まずは読者に利益になる情報を、できる限り提供していこう。
私のことを、より多くの人に知ってもらおう。

それを、最初の1ヶ月実行し、
小さな実績、無料オファー32件成約、
11550円の報酬を手にしました。

さらに、それを無料レポートにして配布したところ、
700人以上の方々に読んでいただき、
メルマガも発行することになりました。

たった1ヶ月で、世界が変わりました。

特別なことは何もしていません。
ちゃんとした情報商材を購入し、
成功している人の手法に沿って実践しているだけです。

たった、それだけで世界が変わるんです。

私は言いたい。

アフィリエイトは正しい方法で実践すれば、稼ぐことができます。

ちゃんとしたビジネスです。

今までだって、これからだって稼ぐことができます。
早くても、遅くても稼ぐことはできるんです。

正しい方法でアフィリエイトを実践すれば稼ぐことができるんです。
2007年に自己流で稼げなかった私が、
2011年に正しい方法で実践したら、稼げているのですから…

初心者の方で、何から始めたらいいか、わからないという方は、
ちゃぼすけまでお気軽にご相談ください。

どんな些細な事でも構いません。
誠心誠意、真心をこめて、あなたのお手伝いをさせていただきます。

無料メルマガを発行しています。
ブログでは書けないような話もさせていただき、

おかげさまで、大好評でメルマガ発行1年で、
4000名を超える読者さんに読んでいています。

無料ですし、いつでも解除できますので、
もしよかったら、メルマガに登録してみてください。
⇒ メルマガに登録なら、ここをクリック

また、あなたの悩み等があれば、
人生のこと、育児のこと、結婚のこと、再婚のこと、
お仕事のこと、お金のこと、ネットビジネスのこと、
どんなことでも、相談に乗りますので、ここからメールをください。
⇒ちゃぼすけに、相談・問合せ・質問をする

ちゃぼすけがアフィリエイトを始めてからの略歴

2011年8月
スーパーアフィリエイターだいぽんさんの
銀河鉄道プロジェクトでアフィリエイトを始める
ブログ、メルマガ広告で無料オファー32件成約

2011年9月
初の無料レポートが750以上ダウンロードされる
メルマガ創刊

2011年10月
情報商材ライティングサクセスロード18件成約
メルマガ読者1000名突破!

2011年11月
アフィリエイトコンサルタント業を始める
情報商材「金運成就2」の作成スタッフに指名
11月の報酬が11万円突破!
メルマガ読者1400名突破!

2011年12月
銀河鉄道プロジェクトのセミナー講師を務める
12月の報酬が14万円突破!
メルマガ読者1800名突破!

お陰さまで、アフィリエイトを始めてから、
報酬額が毎月2倍以上に増えていて、
4カ月目の11月には、ついに6ケタ11万円突破。

12月はサポート月間となるはずで、
アフィリエイトする気なかったのですが、
順調に報酬も増えて、14万円突破しました!

その後も、順調に稼ぎ続けることができ、
アフィリエイトASP大手のインフォトップの累計報酬は、
2014年1月現在 400万円を超えてきました。
インフォトップの報酬

さらに、せどりも始めました。
古本せどり、雑誌せどり、ゲームせどりと実践しましたが、
いまいち、自分には合っていなかったようで、楽しめませんでした。

ところが、2012年9月にDVDせどりを始めたところ…
あっさりと、月商100万円突破して、利益率も30~40%と
非常に稼げるビジネスだということが判明。

しかも、週に10時間、月に40時間程度、片手間で120万円です。

2014年1月現在、育成にも力を入れており、
子供のいる専業主婦さん、サラリーマンの方等を指導して、
月商100万円達成する方も、出てきました。

月商100万円を目指して、多くの方が頑張っています。
私がきっかけで稼げる方が増えてきていて、非常にうれしいです。

あなたも稼いで、子供の成長する姿を毎日見ながら、
一緒に夕飯しながら生活したいということなら、
私が全面的にサポートします。

まずは、メルマガに登録してみてください。
⇒ メルマガに登録は、ここをクリック

ここからは、私の個人的な趣味を紹介します。

ちゃぼすけの趣味

草野球(小学生~高校までやっていて30歳過ぎてから復活しました)
マラソン(東京マラソン毎回応募するも当たらず)
ゴスペル(教室に通っていましたが今は休会中です)
読書(昔から小説が好きで文庫本は手放せません)
映画鑑賞(娘が生まれてから映画館には1回しか行ってませんが…)

ちゃぼすけが好きな本

・蒼穹の昴(浅田次郎)
・中原の虹(浅田次郎)
・天切り松 闇がたりシリーズ(浅田次郎)
・壬生義士伝(浅田次郎)
その他、浅田次郎作品全て
・決戦の時(遠藤周作)
・反逆(遠藤周作)
・王の挽歌(遠藤周作)
その他、遠藤周作作品の殆ど
・火怨(高橋克彦)
・天を衝く(高橋克彦)
・真田太平記(池波正太郎)
・信長の棺(加藤廣)
・秀吉の枷(加藤廣)
・明智左馬助の恋(加藤廣)

現代物だと

・東京バンドワゴンシリーズ(小路幸也)
・池袋ウエストゲートパークシリーズ(石田衣良)
・ガンジス川でバタフライシリーズ(たかのてるこ)
・武士道シックスティーンシリーズ(誉田哲也)
・イン・ザ・プールシリーズ(奥田英朗)
・ガール(奥田英朗)
・マドンナ(奥田英朗)
・阪急電車(有川浩)
・八日目の蝉(角田光代)
・風に舞い上がるビニールシート(森絵都)
・図書館戦争(有川浩さんの全部好きです。)

医療物で

・チームバチスタシリーズ(海堂尊)
・孤高のメスシリーズ(大鐘稔彦)
・ノーフォールト(岡井崇)
・天使の代理人(山田宗樹)
・病院で死ぬということ(山崎章郎)
などなど、挙げていたらきりがありませんので、
このへんで終わっておきます。

好きな映画

・ニューシネマパラダイス
・ラブアクチュアリー
・インディージョーンズシリーズ
・バックトゥザフューチャーシリーズ
・ウエストサイドストーリー
・ムーランルージュ
・風とともに去りぬ
・レッドクリフ
・八日目の蝉
・永遠の0

やっぱり、映画館で見ないとですよね。
娘が生まれてからは殆ど劇場に行けていないので、
新しい映画は殆ど見ていません。

最近ハマっていること

グリーってご存知ですか?
無料ゲームのGREEではなく、
アメリカで大人気のドラマ「glee」です。

ストーリーは単純で、潰れそうな合唱部(glee)の
サクセスストーリーというか、個性豊かな部員達がぶつかり、
協力しながら栄光を勝ち取っていくというストーリーです。

合唱部ですから、当然歌ったり踊ったりするのですが、
これがまた皆上手くてカッコイイ!

ゴスペルを歌っていたという過去もあり、
英語にはあまり抵抗はなく(喋れる訳ではありませんが…)
入り込めたのと、主役のレイチェルの傍若無人な
自分大好きキャラがなんとも可愛くて、
ファンになってしまい、妻を巻き込み、
DVDを借りてきて一気に見てしまいました!

アメリカではオバマ大統領もファンということで、
大きな話題となりました。

ファンの方いらっしゃったら、語りましょう!

もっている資格

車の普通免許
2級電気工事士
パソコン検定 3級
歴史検定 日本史3級

ちゃぼすけの身体的特徴

腰痛持ちです。
娘の抱っこ長時間は腰に響きますが、整骨院で毎週リフレッシュ!
草野球で負傷した右ひざと右足首はなかなか痛みが引きません。

治る前にまた草野球やっているのがいけないと言われますが、
人数が足りないときは、行かなきゃならないんです!

腰と右足の負担を少しでも減らそうと、
ダイエットしています。
2011年8月に81キロまで落ちましたが、目標はベストの75キロです。
しかし、2014年1月現在84キロになってしまいました。

本格的にダイエットに励まなければなりません。

髪の毛が天然パーマです。
まとまらず膨らむので毎朝セットが大変です。
雨が降ったり、湿気が多いと、
ドライヤーでいくら伸ばしてもクルクルです。

娘はいい感じに天然パーマを受け継ぎました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
今後とも、よろしくお願いします。